夏に起こる肌のピリピリ・ムズムズ解消法

我が家は西向きなのですが、だからでしょうか、毎日毎晩、めちゃくちゃ暑いんですが・・・!

ここ大阪では、最低気温はまだ低めではあるものの、連日30度を超えようかという夏日です。しかも、梅雨らしく湿度も高めなので、不快指数が急上昇。昼も夜もツライ毎日が続いています。

先日の夜も、気分的に窓は開けたくないし、エアコンつけるのはまだ早いし・・・というジレンマから何も対策をせずに寝ると、夜中に大量の汗をかいて目が覚めました。おかげで睡眠不足です。

この暑さに翻弄されているのは私だけではなく、私の肌もそうだったようです。実は、この数日間、頬や額がピリピリかゆい状態が続いています。

もしかすると、あなたも同じように感じていらっしゃるかもしれません。

今は大丈夫でも、「夏になると肌がピリピリ・ムズムズかゆくなったり、赤くなるのが気になるわ~」という方は多いと思います。

これは、これから増える肌トラブルです。今日は、この夏のピリピリ・ムズムズについてお話します!

 

夏のピリピリ・ムズムズの正体は・・・

それは、です。

ピリピリした刺激や、ムズムズするかゆみを経験したことがある方は、なんとなく察しはついていたかもしれません^^;

汗がどうしてこのような肌トラブルを招くのか、分かりやすくご説明しますね。

ご存知の通り、肌の表面には、バリア機能があります。バリア機能の役割を担っているものの一つが、皮脂です。

皮脂は、毛穴の奥にある皮脂腺から、じわじわじわ~と肌の表面にしみだします。とても少量なので、普段私たちは気にしていません。

こうして肌表面に行き渡った皮脂が、バリア機能の役割を果たします。まず、肌の水分が蒸発することを防ぎ、そして、外部の刺激物・異物が体内に侵入するのを防ぎます。

皮脂というと、今の時季、テカリや化粧崩れの原因になるので、とっても嫌われ者なのですが、実は、大切な役割を担っているのです。

 

汗の意外な役割

さて、問題の汗です。

汗は、肌の汗腺から分泌されます。

実は、汗も皮脂と同じで、常にじわじわじわ~と肌表面に広がっています。先程、皮脂が膜を張ると言いましたが、正確には、皮脂と汗が混じった状態で皮脂膜を形成しています。

適度な量であれば、このように、汗も肌を守るために一役かっているのですが、あくまでも、『適度な量であれば』です。

夏になって暑くなり、気温と共に体温が上昇すると、体は体内の熱を発散するために、大量の汗をかきます。

まさに、この蒸し暑い夜に、たくさん汗をかいた状態です。

こうなると、肌表面を覆っていた汗と皮脂のバランスが崩れます。大量の汗は皮脂を押し流し、皮脂膜を壊してしまうのです。

これが、肌トラブルの原因です。

 

汗が肌をピリピリさせる理由

皮脂膜がなくなる。ということは、肌のバリア機能が低下すること意味します。

肌の水分はどんどん蒸発していき、肌は乾燥します。さらに、皮脂膜が壊れた上に、水分を失った肌は、外部の刺激に対してとても無防備になります。

肌についた髪や、ホコリ、汗そのものや紫外線など、さまざまな刺激に敏感になり、その結果、かゆみや赤みといったあのピリピリ・ムズムズした肌の違和感を生むのです。

まとめると・・・

1. 大量の汗をかく
2. 汗が皮脂膜(バリア機能)を押し流す
3. バリア機能を失い肌が乾燥し、敏感になる
4. 肌が刺激を感じやすくなり、かゆみや赤みが発生する

寝苦しい夜。夜中に着替えをしたくらいの大量の汗。
これなんですね。私の、ピリピリしたかゆみの原因は。

昼でも夜でも、これから数か月続く暑い季節に同じようなことがあなたにも起こるかもしれません。

ですから、今日は、「うわー、ぴりぴりするー」「なんだかかゆい~!」と残念な気持ちになった私がその日からすぐに行ったケアをご紹介します!

いつか役に立つと思いますので、ぜひぜひ、覚えておいてくださいね^o^

 

★汗でピリピリ!ムズムズ!したときのお手入れ方法★

【1】 まず、汗を放置しない

ペーハー値というのをご存知でしょうか。酸性とアルカリ性の度合いを、0~14の値であらわしたもので、健康な肌表面は、4.5~6の弱酸性です。

弱酸性だと何が良いかというと、雑菌の繁殖を抑えることができます。

汗も弱酸性なので、この作用を担っています。

しかし、大量にかいた汗が長い間肌の表面にとどまると、肌の弱酸性は中和されてしまい、雑菌の繁殖しやすいアルカリ性に傾いていきます。

肌の表面に雑菌が繁殖しやすい状態になることも、肌のピリピリやかゆみの原因のひとつです。

ですから、汗をかいたら、早めに肌から取り除きましょう。

★ ポイント1
汗が出てくる度に、すぐにふきとってしまうと、体温がなかなか下がらず、汗が止まらなくなります。汗をふくタイミングは、発汗が落ちついてからにしましょう。

★ポイント2
汗のふき方が大事!タオルでゴシゴシふきとると、汗でもろくなった肌を傷めてしまいます。これはさらなるかゆみの原因にもなります。吸水性の高いタオルを、肌の表面に当てて、汗を吸いとらせるようにしましょう。

【2】 むやみに洗顔をしない!!

タオルでふくのでは追いつかないくらい汗をたくさんかいたら、お風呂やシャワーを使いたくなるし、せめて、顔だけでも洗いたくなります。

分かります!私も、顔がベッタベタして本当に気持ち悪かったです。

先程お話したように、かいた汗をそのままにしておくと、その汗自体が肌に刺激を与えて、余計に、かゆみや赤みが増すことがあります。

ですから、汗を洗い流すのはOKです!

ただし、洗顔料は使わないこと!

洗顔料を使うと、肌表面にある皮脂も落とすことになります。バリア機能の役割を果たしている、あの皮脂です。

汗を落とすつもりで皮脂も落としすぎてしまえば、肌の乾燥と敏感を悪化させてしまうようなものです。

洗浄力がマイルドなダブルクレンジングゲルの場合でも、一日に行う洗顔の回数は朝晩2回が目安です。

(固形石鹸や、泡立てタイプの洗顔料などは、ダブルクレンジングゲルよりもさらに皮脂を落としやすいので、特に、乾燥肌・敏感肌の方にはおすすめしません)

ですから、汗を流したいときは、水かぬるま湯で洗いましょう。

汗は水溶性なので、水洗いでもすっきり落とせますよ^^

【3】しっかり保湿をする

汗をかいたら保湿をしてください。

汗が出るのは、汗と一緒に体の熱を逃がすためです。でも、逃げていくのは熱ばかりではありません。肌が保っていた水分も、一緒に蒸発していきます。

つまり、汗をかけばかくほど、肌は乾燥していくのです。

ですから、汗をかいた後、洗顔をした後は、しっかり保湿をしましょう。保湿をすることでバリア機能を補うことができるため、ピリピリやかゆみを和らげることもできます。

もしあなたが、化粧水で保湿をされている場合は、たっぷりの化粧水で水分を補った後、乳液やクリームなどの油分を含んだ化粧品をつけるようにしてください。

夏は、「べたつきが気になる」という理由から、油分の多い化粧品が避けられがちです。でも、化粧水の成分のほとんどは水分でできています。これでは、汗をかくのと同じなのです。

肌にのせた化粧水が蒸発するときに、やっぱり、肌の水分を奪って行ってしまいます。ですから、油分でフタをして、水分の蒸発を防ぐことが大切です。

アクシリオシリーズの化粧品でお手入れをされている方は、もちろん、アクアテクトゲルを塗ってください。

汗をかく時季。ゲル状のアクアテクトゲルを、『重たく』感じられる方がいらっしゃいます。化粧水と比べると少しも『サッパリ』感がありません。分かります!

「塗ると余計にベタベタするから、夏は塗りたくない」というお声も伺います。分かります!

でも!

たっぷりの水分を、サッパリした液状にするのではなく、この『ゲル』という形状にして与えるから、肌がうるおうんです。

ほとんどが水分の化粧水と違い、適度な油分と保湿成分を配合しているから、そのうるおいが持続するんです。

そして、一年の内で一番たくさん汗をかき、皮脂を洗い流し、肌を乾燥させ、敏感にさせてしまう夏だからこそ、この保湿に特化したアクアテクトゲルでお手入れすることが大切です。

たっぷりのアクアテクトゲルで、夏もしっかり保湿をして、調子の良い肌をキープしてくださいね。

 

まとめ 肌がピリピリする夏こそ保湿が必要な季節

汗をかいたとき、洗顔ができなくても、アクアテクトゲルを塗ること(保湿すること)でピリピリした刺激やかゆみがおさまることがあります。

汗をかけばかくほど、肌は水分不足になっていきます。つまり、暑くなればなるほど、肌は保湿を必要としていきます。

これから夏に向けて、「肌がピリピリするな」「なんだかムズムズかゆいな」ということがあったら、「あ、保湿をすればいいんだな!」ということを思い出してくださいね。

もし、きちんと保湿をしているのに「ピリピリする」「ムズムズかゆい」という場合は、保湿の方法を見直すことをオススメします。正しい保湿の方法は、こちらをご覧ください。

 

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ