シャネル プードゥル ユニヴェルセル リーブル 10 ランピッド

シャネル
プードゥル ユニヴェルセル リーブル 10 ランピッド

容量・本体価格 30g 6,000円

成分

タルク、ナイロン-12、ラウロイルリシン、ミリスチン酸Mg、窒化ホウ素、水酸化Al、フェニルトリメチコン、メチルパラベン、ソルビン酸K、プロピルパラベン、香料、 (+/-) 酸化鉄、酸化チタン、マイカ

直径8.5cmという大きめサイズの容器に入ったシャネルの『プードゥル ユニヴェルセル リーブル』。肌色系の色バリエーションもありますが、今回はこの真っ白い『10 ランピッド』を選んでみました。

「シャネル プードゥル ユニヴェルセル リーブル 10 ランピッド」のテクスチャー

純白の細かいパウダーは美しく、お試し隊の誰も、最初の一言は「白!」。本当に真っ白です。

「顔に塗ったらどうなるの?」「舞台の白塗りみたいにならないよね?」と興味津々。さっそく使ってみました。

高橋弘子

高橋のレポート

・自分の肌質:敏感肌
・ファンデーションに一番求めること:
 自然な仕上がり

対象商品評価方法のルール

使ってみました

正面横顔

真っ白の粉だったので、白浮きすることが心配でしたが、白浮きすることなく肌になじみました。

商品が謳っている『軽いつけ心地』は、確かにありました。粉っぽくならず、見た目が自然で、それでいて肌表面はさらっとしていました。

個人的に気になったのは、香水のような匂いがしたことです。ルースパウダーに良い匂いは不要だと思いました。

メイクヲするときにはよれなどの問題もなく、きれいに塗れました。

日中

ルースパウダーのせいか、冷房などの環境のせいか、日中、白く毛羽立ったように乾燥してきました。こまめな保湿は必要だと思います。

『軽いつけ心地=薄付き』なのか、保湿を行うと取れてしまったように感じます。保湿を行った後は、化粧直しが必要だと思います。実際私は化粧直しをしませんでしたが、ファンデーションよりも気軽に化粧直しができそうだと思いました。

正面横顔

ダブルクレンジングゲルで問題なく落ちました。

評価

乾燥の感じにくさ 3  
肌荒れしない 3  
肌トラブルを隠すカバー力 4  
「化粧をした」という
きちんと感
4  
崩れにくい 2  
色が合う 3  
古市真弓

古市のレポート

・自分の肌質:乾燥肌
・ファンデーションに一番求めること:
 肌の色に合うこと。

対象商品評価方法のルール

使ってみました

正面横顔

やさしいUVカットミルクの後にキレイにお粉が乗りました。パフにやさしいUVカットミルクのベージュ色が付くのが気になりましたが、やさしいUVカットミルクとの相性は非常に良いように感じました。

粉を載せた瞬間は「白い!!」と思いましたが、伸ばしたら肌色がワントーンあがったみたいにキレイに見えました。桃(皮付き)のような感じになって、とってもみずみずしく、乾燥していない感じが出て良かったです。粉の色が白色のせいか、お粉を塗った上からチークを塗ると、チークの色が映えました。厚塗りした感じは出ないし、塗る量も少しなので、コストパフォーマンス的に非常に良いのではないかと思います。

日中

湿度が高かったり、汗をかいた日は日中落ちているのに気がつくので、顔全体にお粉をはたいて、その上からチークを塗り直しました。このお粉で化粧直しをすることで一気に化粧をした感じがでました。さらに、厚塗り感は全く無いので、非常に使えるなと思いました。汗をかかなかった日は、夕方まで桃のような肌が持ちました。驚きでした!

会社で化粧直しをするときはまだいいのですが、街に出かけたり、アウトドアで遊ぶときは、あのでっかいケースは持ち運びにくいなと思いました。あと、今の時季はそんなに乾燥が気にならないのでいいですが、冬場はどうなのかなと、気にになりました。

正面横顔

ダブルクレンジングゲルで落ちにくいことも無く、キレイに落とせました。

評価

乾燥の感じにくさ 今の
時季は

5
 
肌荒れしない 5  
肌トラブルを隠すカバー力 1  
「化粧をした」という
きちんと感
5  
崩れにくい 5  
色が合う 5  
平山加那

平山のレポート

・自分の肌質:乾燥肌、敏感肌。肌の調子がよくない日は、赤みとかゆみがでる。
・ファンデーションに一番求めること:
 カバー力。

対象商品評価方法のルール

使ってみました

正面横顔

容器のパウダーが出てくる穴が大きめなので、パフにパウダーがたっぷりつきます。そのため、パフについた余分なパウダーを一度しっかりはたいてから肌につけないと、真っ白に仕上がります。なじませることができたら、少し白さは気になるものの、テカリが落ち着き、遠くから見るとさらっとしたキレイ肌になれます。でも、白さが粉っぽさを感じさせるため、近くで見ると、乾燥していることがわかります。

ポロポロはでません。キレイにのせることができました。

日中

とにかく乾燥するので、アクアミストで保湿をしました。3日間試したうち、1日目は保湿のみ。2~3日目は、保湿+ ルースパウダーをつけました。きれいに見えるのは、やはりルースパウダーをつかった日です。でも、近くで見ると粉っぽさや乾燥していることがわかります。テカリが気になるときには、粉が皮脂を抑えてくれ、ちょうど良い肌状態になれるのかもしれません。

よれやテカリは気になりません。ヒリつきやかゆみがありました。肌を触るとサラサラとしていたので、まだ乾燥レベルは低めだと思います。ずっと使うとなると、さらに乾燥がひどくなることが考えられました。白っぽさやしばらく残る香料が気になります。(個人的に嫌いなニオイではないですが、ニオイのしないもののほうが嬉しいです)

正面横顔

ダブルクレンジングゲルで落とせました

評価

乾燥の感じにくさ 2  
肌荒れしない 3  
肌トラブルを隠すカバー力 1  
「化粧をした」という
きちんと感
3  
崩れにくい 3  
色が合う 1  
喜屋武奈紗

喜屋武のレポート

・自分の肌質:敏感肌、乾燥肌
・ファンデーションに一番求めること:
 カバー力

対象商品評価方法のルール

使ってみました

正面横顔

パウダーが真っ白だったので、顔につける前は心配していたのですが、実際、顔に付けると、真っ白にはならずに、マットな感じに仕上がりました。しかし、海外製のファンデーションと同様に、香りがとても気になりました。(百貨店の化粧品コーナーの香り)

日中

アクアミストで保湿をおこない。

肌のテカりが抑えられて、肌がサラサラとしている時間が長かったように感じました。大きな崩れは特に感じなかったです。

正面横顔

ダブルクレンジングゲルでキレイに落とすことができました。

評価

乾燥の感じにくさ 2  
肌荒れしない 2  
肌トラブルを隠すカバー力 1  
「化粧をした」という
きちんと感
1  
崩れにくい 1  
色が合う 1  
濱谷彩子

濱谷のレポート

・自分の肌質:乾燥するとかゆくなる
・ファンデーションに一番求めること:
 乾燥しないこと

対象商品評価方法のルール

使ってみました

正面横顔

ポンポンとのせている時に「細かなパウダーだなぁ」という印象を受けました。真っ白なパウダーに驚きましたが、つけてみると、真っ白になるわけではなく、肌がふんわり白くなるような仕上がりになりました。「色白さんならこの白さも自然に見えるのかなー、自分では、なんだか違和感があるなー」と思いました。また、シミを隠すようなカバー力もありません。

特に不便はありませんでした。パフでポンポンと薄くのせるタイプですし、うっすらとつくような状態です。

日中

最初からかなり薄づきなので、あまり取れた感覚はありません。ただ、毛穴の横の部分に粉のよれができ、白いよれが生まれました。それは、指先でポンポンと押さえ、なじませました。

肌表面が、とてもさらさらします。粒子が細かいせいでしょうか。さわり心地は「気持ちいいな」と感じます。乾燥がひどいせいか、ちくちくしてきます。他のファンデーションでもかゆみはあるのですが、これはちくちくチリチリと刺激を感じてしまい、洗い流してしまいました。

正面横顔

もともと白いパウダーで色味がないからか、落としやすさはあまり分からないのですが、メイク落とし後はきれいにメイクは落ちています。

評価

乾燥の感じにくさ 1  
肌荒れしない 1  
肌トラブルを隠すカバー力 2  
「化粧をした」という
きちんと感
2  
崩れにくい 1  
色が合う 2  
下田梨絵

下田のレポート

・自分の肌質:敏感肌(ずっと普通肌だと思っていましたが、最近、頬と眉間に赤みがでます)
・ファンデーションに一番求めること:
 乾燥しないこと

対象商品評価方法のルール

使ってみました

正面横顔

最初の印象は「白っ!」。真っ白いパウダーなので、肌につけてどうなるのか恐る恐るつけました。想像していたよりも違和感なくつきましたが、それでもやはり白っぽさが目立つように感じました。私の肌の色にあってないのかな?

パフは、『エクセル』のルースパウダーと同様に大きめでふわふわしていて使いやすいです。ただ、「外資系特有の」というか、香りが気になりました。

日中

日中に乾燥を感じやすかったです。パウダーファンデーションのように『粉がシワに入り込んでシワが目立つ』というような乾燥の仕方ではなく、顔全体が乾く感じ。鼻の部分は、お昼過ぎにはなくなってしまうので、昼食後にティッシュオフしてからルースパウダーを重ねました。重ねるほど、『塗りました』感が増します。取れたから塗ってるのになぜだろう・・・。

「パウダーファンデーションとルースパウダーは、同じ粉物でも全く異なるものなんだな!」ということが今回よく分かりました。パウダーファンデーションは、やっぱり色がついているので、時間がたつとよれたり、シワに入り込んで、汚さが目立ちますが、ルースパウダーは時間がたつと『無くなる』感じで、よれや汚さが気になることはありません。

ただ、粉ものなので、顔全体に水分を奪われる感じはします。アクアミストでこまめに保湿をして、そのたびにルースパウダーを叩いて・・・というように化粧直しをすると、塗った直後の仕上がりを比較的維持できるのだと思いますが、別にそれで特別肌がキレイに見えるわけでもないので、そこまでするメリットってなんだろう・・・と考えてしまいました。

正面横顔

ダブルクレンジングゲルで問題なく落とせました

評価

乾燥の感じにくさ 3  
肌荒れしない 3  
肌トラブルを隠すカバー力 3  
「化粧をした」という
きちんと感
4  
崩れにくい 3  
色が合う 3  

みんなの評価

評価対象シャネル
プードゥル ユニヴェルセル リーブル 10 ランピッド

  高橋
高橋
古市
古市
平山
平山
喜屋武
喜屋武
濱谷
濱谷
下田
下田
乾燥の感じにくさ 3 5 2 2 1 3
肌荒れしない 3 5 3 2 1 3
肌トラブルを隠す
カバー力
4 1 1 1 2 3
「化粧をした」
というきちんと感
4 5 3 1 2 4
崩れにくい 2 5 3 1 1 3
色が合う 3 5 1 1 2 3
シャネル
プードゥル ユニヴェルセル
リーブル 10 ランピッドの
総合点 105
乾燥の感じにくさ 14
肌荒れしない 20
肌トラブルを隠す
カバー力
14
「化粧をした」という
きちんと感
21
崩れにくい 18
色が合う 18

マトリックス図

5段階評価の基準
  大満足!毎日使いたい!
  毎日使ってもいい
  使いにくいけど、使える
  他に使えるものがなければ使う
  使わない

(各項目30点)

肌の悩みを隠す『カバー力』は低いものの、手軽に使えて、ファンデーションよりも自然に『きちんと感』を出せるルースパウダーでした。見た目で感じる抵抗感ほど真っ白い仕上がりにはなりませんが、肌の色によって『自然さ』は異なってくるようです。

また、同じパウダー状でも、パウダーファンデーションと異なり、油分をほとんど含まないのがルースパウダーの特徴です。そのため、総合的に見るとどうしても乾燥を感じやすくなります。今回試した『シャネル プードゥル ユニヴェルセルリーブ』に関しては、お試し隊の中でも特に乾燥肌・敏感肌の平山・濱谷が『チクチク』するような刺激やかゆみを感じたことから、乾燥肌・敏感肌の方にはおすすめしません。

肌状態が良い方は、崩れやヨレが目立ちにくいというメリットを生かし、こまめに保湿をしながら化粧直しに使用することで、自然なきちんと感を維持できるのではないかと思います。

記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 下田梨絵スキンケアアドバイザー 下田梨絵

最近の悩みは、目の下のクマとたるみと冷え性!
そろそろアラサーも卒業なので、エイジングケアをがんばります!

この記事を読んだ人におすすめ

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ