editorial_38

加齢による薄毛の原因が解明されたそうです。

年をとって毛が生えにくくなるのは、たんぱく質の一種のコラーゲンが減り、毛を生やす器官が縮小するため――。東京医科歯科大学の西村栄美教授らは、加齢にともなう毛の減少の仕組みをマウス実験で解明した。人間でも同じような現象が確認できた。(引用元:『 加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明』/日本経済新聞

老化によって幹細胞のDNAが傷つくことで、『17型コラーゲン』を分解する酵素がたくさん出ます。 コラーゲンが分解されて減っていくと、毛を生やす『毛包』という器官が小さくなります。 『毛包』が小さくなり、機能が落ちると脱毛したり薄毛になるとのこと。

つまり、簡単に言うと、「コラーゲンが減ると、髪の毛が薄くなる」ということです。

逆に言うと、「コラーゲンが増えれば、髪の毛がフサフサになる」ということです。

となると・・・この理論を利用した(悪用する)商品が世の中に溢れることが予測できますね。

コラーゲンが含まれた薄毛関連の健康食品が出るかも?

『コラーゲン』は食べた(経口摂取)からといって、それがそのまま体内に吸収される訳ではありません。

食べ物のコラーゲンは分子量が大きいので、消化酵素の働きにより、とても細かく切り刻まれて、『コラーゲンではないもの』に変化した上で、体内に吸収されます。『コラーゲン』として摂取されるわけではないのです。

よく、「コラーゲンたっぷりのラーメンです」とデカデカと看板やメニューに載せているラーメン屋がありますが、「で?それで??」と、それがどういう意味なのか詳しく聞きたくなります。あたかもコラーゲンを食べることが、通常のラーメンより良い効果を得られるように錯覚にとらわれます。しかし、コラーゲンたっぷりのラーメンを食べたからといって、肌がキレイになる訳でも、薄毛がふさふさになる訳でもないのです。

とはいえ、吸収された『コラーゲンではないもの』は、『元コラーゲン』です。コラーゲンを作る材料になると考えられています。だから、まったくコラーゲンを取らないよりはマシかもしれません。「体の中に材料が豊富にあれば、体内でコラーゲンが作られる確率は上がる」というエビデンスもあるのは事実です。(ここら辺は、まだ解明されていないんですよね~。)

でも、例え、そうだとしてもうまく髪の毛を生やす部位に元コラーゲンがたどり着くかと言えば疑問です。多くの場合、こういった栄養素は、体にとって必要な部分に優先的に使われます

髪の毛が薄いか、フサフサかは、体にとってそれほど重要なことではありません。だから、コラーゲンも髪の毛ではなく、他のもっと重要な部分に使われるでしょう。

このことから、健康食品ごときで、髪の毛が生えることはないと言えます。そもそも、薄毛の改善効果があることを言うこと自体、薬事法で禁止されてますしね。もし、このような健康食品が出てきた場合は、要注意です。スルーしましょう。

酵素で薄毛になると誰かが言い出すかも?

酵素がコラーゲンを分解することで薄毛になるので、「酵素が薄毛の原因だ」とか言い出す人がいるかもしれません。その酵素を除去したり、他の酵素を増やす健康食品などが出てくるかもしれませんね。

昨今、酵素ブームのようですが、そもそも酵素を摂取したからといって、体内の酵素は増えません。酵素は、胃で分解されて完全に機能を奪われます。だから、酵素ドリンクとかガブガブ飲んでも、体内の酵素は増えません。そもそも大半の酵素ドリンクって、ただの砂糖水ですからね。増えるのは、酵素でなく脂肪です。ここは要注意です。

 

このように、関連商品がいろいろと出てくると思いますので、冷静に機能を聞き、情報に振り回されないようにしたいものです。

井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ