化粧品のランキングサイトって信用できるの?

今回は、美容業界のインターネット広告について、お話をしたいと思います。

と言いますのも、この2~3ヶ月の間に、色々な広告の売込みがありました。その中には、「ん~~~?」と疑問に感じるものも、いくつかありました。

同時に、消費者側もこれを知識として知っておくと、玉石混合の膨大な情報から、正しいスキンケアの情報を抜き出す判断材料になると思います。

本当は、私のように広告を使う側である化粧品メーカーが裏側を暴露するのはタブーだとは思うのですが、乾燥肌や敏感肌にお悩みの方の役に立つと思うので、コッソリとお話したいと思います。

まずは、『ランキング広告』についてです。インターネットで検索をすると、『ランキングサイト』をよく見かけます。

例えば、
● 乾燥肌化粧品ランキング
● 敏感肌化粧品ランキング
● 美白化粧品ランキング
● ニキビ化粧品ランキング  などなど。

ほとんどの化粧品に関連するキーワードで、検索結果の1ページ目に表示されます。ちょっと前までのランキングサイトは、情報量も少なく、うさん臭くて、「これ本当に信頼できるランキングなのか?」と疑問に思う質の低いサイトがほとんどでした。

でも、今は違います。

見た目も手が込んでいて、化粧品の情報だけではなく、詳しい使い方や使った際の使用感・効果・感想・体験談などが写真付きで丁寧に説明されています。さらに手が込んでいるサイトは、お客様の声まで掲載しています。

ここまで作り込まれたランキングサイトを見ると、情報量が非常に多く、第三者目線で情報提供がされているために、信憑性がとても高いように感じます。

通常、ランキングというのは、第三者がそのランキングの元となる根拠を集計して公開するものです。そこは公平性が重視され、その公平性を私たちは信頼します。だから、ランキングサイトが充実していくこと自体は、非常に良いことだと思います。

ただし、ランキングサイトに書かれていることが真実であれば、ですが・・・。

 

ランキングサイトに書かれている情報は、真実なのか?

残念ながら、ランキングサイトに書かれていることが全て真実、というわけではありません

考えれば当然なのですが、これほど手のこんだサイトを第三者が何の目的も無く作るはずがありません。

検索結果の上位にあげるためには、素人が知らない多くの知識と膨大な労力が必要となります。もちろん、お金(費用)もその中に含まれます。そこまでのリスクを犯しても望む目的とは、一体なんでしょうか?

答えは簡単です。

『かけたリスク以上の収益を得ること』です。

つまり、お金を得ることですね。

これ自体はすべてのビジネスに共通することですから、けして悪いことではありません。

ただ、その方法に問題があるように思います。

ランキングサイトの運営者が収益を得る方法は、大きく分けて2種類あります。

 

収益を得る方法1.商品を紹介する

一つは、『アフィリエイト』という仕組みを利用したものです。アフィリエイトとは、広告主の商品をブログやメルマガを持っている『アフィリエイター(アフィリエイトで収入を得ている人)』と呼ばれる人たちが、自分の媒体(ホームページやブログ、メルマガなど)を使って宣伝することです。

その結果、商品が売れれば、決められた料率によってお金をもらうことができます。

余談ですが、トップアフィリエイターという凄腕の人たちは月収1,000万円を超えるそうです。すごいですね。

このアフィリエイトという仕組みは、私は非常に良いものだと思います。自分が「いい!」と思ったものを紹介して、その報酬としてお金をもらう。その人のブログやメルマガを読んだ人もいい商品に出会えてハッピーになる。みんなが良い思いをする仕組みです。

ただ、一つ問題があります。自分が本当にいいと感じたものを紹介するなら、何の問題も無く、本当にすばらしい行為です。でも、お金に目がくらむとどうでしょうか?最近は、たいしてよく思ってない化粧品をあたかも良いもののように偽って紹介するアフィリエイターが増えているように思います。

つまり、有益な情報を発信するよりも、お金を儲けるためにアフィリエイトをしている人が多いのです。そのためか、アフィリエイトが世に出てきたとき、アフィリエイターはほとんどが個人でしたが、最近は法人のアフィリエイターが増えてきています。企業が利益をあげるために、業務の一環としてやっているわけです。

本来は自分の気に入ったものを紹介する仕組みだったアフィリエイトが、ただ報酬の高いものを紹介するようになってきたのです。

そして、そういった人たちが化粧品のランキングサイトを作っているのです。その証拠に、検索エンジンで『化粧品 ランキング』と検索をしてみると、多くのランキングサイト出てきます。

それらの中身を見てみると、あるサイトで1位の化粧品が、他のサイトでもベスト3ぐらいに入っている、ということがよくあります。大半の順位が似通っています。もし、ランキングの根拠が本当であれば、すべての化粧品ランキングサイトの順位は、バラバラになるはずだと思いませんか?だって世の中には化粧品は星の数ほどあり、それを使う人の肌質もおそろしい程の違いがあるのです。「いい」と思うものも違ってくるはずです。

しかし、同じ化粧品が、よく似たランキングで並んでいる・・・。実は、そういったサイトの多くは、化粧品を報酬の高い順番に並べているのです。

つまり、1位になっている化粧品がもっともアフィリエイターの受け取る報酬が多いということです。

また、他の方法としては、化粧品のプロモーションに合わせて順位を変動させたりしています。例えば、一定期間にお金をかけてCMや雑誌に広告を載せる、テレビで放映される予定がある、芸能人のおすすめで紹介されるなど。こういったときは、皆がこぞって検索するため、一気にアクセスが集中します。つまり、稼ぎ時です。

だから、こういったときは、報酬が少しぐらい低くても、トータルで考えると報酬の総額が増えるので1位にしたりします。

例えば、知り合いから薦められて、先日読んだ本にはこんなことが書いてありました。

あるリアルドロップシッピングのメルマガにはこう書かれていた。
「1週間後にタレントのIKKOさんが『かたつむりクリーム』をテレビで紹介します」
●●氏は素早くリアルドロップシッピングが提供するかたつむりクリームの販売ページを作成。自分の複数のブログからリンクを貼るなど入念なSEO対策をして、その日を待った。そして、放送日、IKKOさんが情報通りに「これがいいのよ~」と口にする。その直後だ。販売ページに異変が起こる。
「もういきなりアクセスが殺到し、注文が次々にくるわけですよ。まさにチャリン、チャリン、チャリンですよ」
願掛けをするとかなうといわれるボリビアの特産品「エケコ人形」でも、同じように情報提供があり、●●氏は販売ページを作り待ち構えた。これも情報通り「ザ!○○ニュース」という番組で放送され、怒涛の「チャリン、チャリン」となった。(『結局「仕組み」を作った人が勝っている』P169より抜粋)

ここに出てきている『ドロップシッピング』とは、商品の価格を自分で決められるなど、アフィリエイトより自由度の高い商品販売の仕組みで、アフィリエイトの親戚のようなものです。

ちなみに、このリアルドロップシッピングという会社は、社長が薬事法違反で逮捕されて、現在はサービスを停止しているようです。

最近は、テレビや雑誌などメディアと連動して、ブログやランキングサイト、情報サイトを駆使するパターンが増えてきています。

まぁ~、芸能人のおすすめはすべて広告だと思ったほうがいいですね。宣伝している芸能人が利害の絡んでいないものを紹介することはほとんどありえません。

このようにアフィリエイトを利用した化粧品ランキングというのは、『使って良かった化粧品のランキング』ではなく、『アフィリエイトの報酬が高い化粧品ランキング』が増えつつあるのです。もちろん、本当に自分が試してよかった化粧品を紹介している人もいるとは思いますが。

 

収益を得る方法2.ランキングの順位を買う

二つ目は、もう少しシンプルです。その仕組みは、単純に『ランキングの順位を買う』というものです。

例えば、1ヵ月の間1位に表示させるなら30万、2位なら20万、3位なら10万といった具合です。この場合は、もはや化粧品の中身や効果など何の関係もありません。「お金をどれだけ出せるか?」で順位のすべてが決まります。

いわば、ランキングを装った『バナー広告(画像の広告)』のようなものです。結局、私たちはこういったランキングサイトを見ると、あたかも、たくさんの人が使って良い評価をしていると考えがちですが、実際はぜんぜん違うランキングのようです。根拠のない意味不明なランキングは広告です。信じないようにしましょう。

ちなみに、アースケアでは、こういった広告の営業を全部断っています。広告とは言え、何だか使う人をだましているような気がして、私はやっぱり気がひけます。

次回は、もうひとつ最近流行の広告手法を紹介します。お楽しみに!

(著:井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ