editorial_37

一時期、CMや雑誌広告でよく目にした『ノンシリコンシャンプー』。 少なくなってきたものの、「そちらのシャンプーは、ノンシリコンですか?」と、問われることが多々あります。 今日は、そんなノンシリコンシャンプーについて見ていきましょう。

ノンシリコンシャンプーとは?

『ノンシリコンシャンプー』とは、その名の通り、『シリコン』が配合されていないシャンプーのようです。 具体的には、裏面に表示されている配合成分に下記の成分が含まれていないシャンプーですね。

●ジメチコン
●メチコン
●シクロメチコン
●シロキ
●シリカ
など。

巷で噂のノンシリコンシャンプーの安全性

ノンシリコンシャンプーが好まれる一番の理由は、「肌に刺激を与えるシリコンが入っていないから安全だ」という考え方だそうです。

ちなみに、巷で噂されるシリコンの危険性は、、、

1.シリコンは毛穴を詰まらせ、頭皮をべたつかせる。
2.シリコンが頭皮に付着することで、頭皮の呼吸を妨げ、抜け毛が増える。
3.シリコンに頼ったヘアケアをしていると、髪の傷みが進んでしまう。
4.シリコン入りシャンプーは、安価な洗浄成分を使っているので頭皮に刺激を与える。

などのようです。

このような「悪影響をもたらすシリコンが入っているシャンプーは使いたくない」ということから、ノンシリコンシャンプーを使っている人が多いようです。 確かに、これが本当なら、シリコン入りのシャンプーなんて使いたくないですよね。 あくまで、本当なら、ですが。

ノンシリコンシャンプーの安全性を検証!

では、一つずつノンシリコンシャンプーの安全性を検証していきましょう。

1.『シリコンは毛穴を詰まらせ、頭皮をべたつかせる』って本当?

日本製のシャンプー使われているシリコンであれば、毛穴に詰まることはほとんどありません。 シャンプー後にしっかりと洗い流すことで、きれいに落ちますのでご安心ください。

『シリコン』というと、たとえば、その摩擦軽減作用から、車の表面用コーティング、柔軟仕上げ剤、ティッシュペーパーなどに使われています。だから、シリコンと聞くと、「しっかりとコーティングされてしまう」というようなイメージにつながるのかもしれませんね。

まあ百歩譲って毛穴に詰まったとしても、毛穴から湧き出る皮脂によってすぐに押し出されます。 また、髪の毛は、日々0.3~0.5mmほど伸びているので、そのとき一緒に浮き上がってきます。 だから、シリコンが頭皮の毛穴を詰まらせるというのはウソです。

2.『シリコンが頭皮に付着することで、頭皮の呼吸を妨げ、抜け毛が増える』って本当?

 シリコンが頭皮を覆うことはありません。 シリコンの特性は、簡単に言うと、肌との相性の悪さです。 相性が悪いと言っても、肌に悪さをするのではなく、肌に付着しにくいのです。逆に、髪の毛とは相性がよく付着しやすくなっています。 いくらコーティング力があるとはいえ、肌を覆うほどの力はありません。

千歩ゆずって頭皮を覆って皮膚呼吸を妨げたとしても、大してデメリットはありません。 そもそも私たちの肌は呼吸なんてしていませんからね。 毛穴は肺につながっていないので、呼吸ができません。

もし、皮膚呼吸を行っていたら、湯船につかったとき、すごく息苦しくなるはずです。 あなたは呼吸が苦しくなりますか? 私は湯船につかると気持ちよくなります。 だから、シリコンが頭皮を覆って抜け毛の原因になるというのはウソです。

3.『シリコンに頼ったヘアケアをしていると、髪の傷みが進んでしまう』って本当?

これは、根拠が良く分からなかったのですが、シリコンのコーティング力に頼っていると、髪の毛が本来持つ回復力が衰えるということ、と解釈しました。

これは、ヘアケアだけでなく、スキンケアでも同じことを言う人が稀にいます。 スキンケアを行うことは肌を甘やかすことになり、肌の回復力が衰えるという考え方です。

でも、そんな簡単に人の回復力って衰えません。 まぁ~、何世代にもわたって無菌室で生きていたら、普通の世界では生きられないようになるかもしれませんが、、、(ナウシカの世界ですね)

それに、そもそも髪の毛って死んでる細胞なので、回復力なんてありません。 だから、シリコンに頼ると髪の毛の傷みが進むというのはウソだと言っていいでしょう。

4.『シリコン入りシャンプーは、安価な洗浄成分を使っているので頭皮に刺激を与える』って本当?

これは一部本当です。 安価な洗浄成分の中には、非常に洗浄力が強いものがあります。 強い洗浄力は、確かに汚れを落としやすくて便利なのですが、その反面、人によっては髪の毛がパサパサになることがあります。体用の石けんや石けんシャンプーで髪の毛を洗うと髪がパサパサになりますよね。 洗い流すときも指に髪が引っかかって髪の毛がブチブチに切れます。

だから、こういった強い洗浄力を持った成分を配合してる場合は、シリコンを配合します。 そうすることで髪の毛を保護して、指通りをよくします。 このように石鹸のような強い洗浄成分が使われているシャンプーにシリコンが配合されていることはよくあります。

ただ、だからといって、それがすべての人に悪いとは思いません。 皮脂分泌が多い人や洗浄成分の刺激に強い人にとっては、強い洗浄剤はデメリットにならず、シャンプーが安価になるというメリットが大きくなります

それに、シリコン入りシャンプーのすべてが安価で強い洗浄成分を配合している訳ではありません。 だから、シリコン入りだからといって、安価な洗浄成分を必ず使っていると決めつけるのは安易すぎます。

ノンシリコンシャンプー安全性の結論

このように、シリコンは頭皮や髪の毛に対して、何の悪さもしません。 だから、ノンシリコンシャンプーと安全性には何の関係もありません。 シリコンの配合されたシャンプーが肌の刺激になるわけでもありません。

繰り返しますが、「ノンシリコンシャンプーだから安全性が高い」と安易に判断することは止めましょう。 「ノンシリコンシャンプーだから危険」と、単純に考えることも同様に安易な判断です。

それよりも、一番大切なことは自分の髪質や頭皮の状態、目的に合ったシャンプー選びをすることです。そのための方法をしっかりと身に着けておきましょう。

井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ