突然ですが、これ(↓)は何でしょう?

これは何でしょう?

 

 

 

 

 

 

何だかブニョブニョして気持ち悪そうですが、実は・・・

ボクシングでいためた指

 

 

 

 

 

私の指です。

なぜ、こんなに赤くなっているかというと、素手でサンドバックを叩いたからです。私は、健康のためにボクシングをしています。

ある日、ボクシングジムから帰る間際、ちょっと人を待っている間に手持ちぶさたになったため、軽くサンドバッグを叩いていました。

で、叩いている間にテンションが上がってきてしまい(笑)、叩く力がどんどん強くなってきました。その結果、気がつくと指がこんなことに・・・。

どうやら、叩き方が悪かったらしく、握ったこぶしの指の部分がサンドバックに当たっていたみたいです。

早い話が私が下手くそだからですね。皆さんもサンドバックを叩くときは注意してください。

写真は、これでも落ち着いたほうです。叩いた直後はまっ赤で、一瞬「血が出た!」と、見間違えたほどです。

さて、前置きが長いですが、今回は私の指の話をしたい訳ではありません。『シミ』の話をしたいと思います。

シミの原因は、黒色化しているメラニン色素が肌表面にあるためです。本来ならば、メラニン色素が黒くなっても、ターンオーバーによって、体外に排出されます。しかし、敏感肌や乾燥肌の方、または加齢など、何らかの要因によって肌の機能が衰える・低下していると、いつまでも肌表面に残ります。また、別の要因によっては、いつまでもメラニン色素が多量に作られ続けることで、いつまでもそこにあるように見えています。

これがシミの正体です。

でも、メラニン色素だけがシミの原因ではありません。
もうひとつあります。

 

もうひとつの『シミの正体』

それは、『色素沈着』です。

簡単に言うと、外部からの物理的な衝撃・刺激によって肌が変色して、それが定着する状態です。

つまり、冒頭の私の指の写真です。これは、私がサンドバックを叩くことで、私の指に刺激が繰り返し与えられました。そのため肌が赤く変色しました。この程度であれば、数日すれば元に戻ります。

でも、これが何度も繰り返されれば、どんどん元の肌に戻るために時間がかかります。そして、いずれ戻らなくなります。

もう一度、写真を見てください。

繰り返す刺激により赤く色素沈着した手

 

 

 

 


赤くなっている指の上(指の根元のごつごつした骨)の部分も赤くなっていることが分かります。

指よりはマシですが、色が変わっています。この部分は、常にサンドバックを叩くときに当たる部分です。

私はボクシングを始めて7年です。つまり、7年間、ずっとこの部分に刺激を与えています。そのため、3週間ほどボクシングジムに行かなくても、消えることはありません

つまり、完全に色素沈着状態が定着しています。これもシミと言います。

 

ちょっとしたクセがシミを作る

これはこぶしだけでなく、体のどの部分でも起きる現象です。一般的な場所は、ヒジでしょう。

人によっては、ヒジをつくことが癖になっている人がいます。その癖によって何十年もヒジに刺激を与えていると、どんどん色素沈着が引き起こされて、シミになります

なかなか自分のヒジを見る機会が無いので気づかない人も多いのですが、夏に半袖になって、歩いている人達を後ろから見ると、ヒジだけ黒くシミになっている人が結構いることに気づきます。

そのほかにも、顔でも同じことが起きます。頬杖をつけば、頬やあごの部分が骨と手のひらの刺激によってシミの原因になります。

顔の一部の部位をかいたり、こすったりする癖のある人も同じです。
メガネをずっとしている人は、鼻当ての部分だけシミになっている人も多いです。さらに、顔は紫外線によるシミも発生しやすい部分なので、ダブルでシミができやすい状況と言えます。

そのほかにも多いのが、打ち身ややけどなどによる刺激です。
料理をしていて油が飛んでしまい、手の甲に軽いやけどをする人は多いです。これが結構な確率で、シミになっているんですよね。

また、打ち身に関しては、結構、同じところを何度もぶつける人がいます。こういった場合は、いつの間にか打ち身の部分の黒ずみが取れにくくなることがあります。

 

特に注意が必要な人

こうしたシミは、若い頃なら治りが早いのですが、加齢と共にどんどん遅くなります。

特に、妊婦の方は注意が必要です。妊婦の方は、とにかくこういった怪我の治りが遅いです。たぶん、子供を育てるために、身体の機能の大部分がそちらに使われているからだと思います。

実は、うちの嫁さんは現在、妊婦なのですが、足のすねにいくつかのあざを作っていました。どこでできたのか、全く覚えていません。
常日ごろから、よく足にあざを作っています。

妊婦になってからは、お腹が出ていて足元が見えないためか、あざの数が増え続けています。あざの増えていく足を見ながら「ぜんぜん跡が消えない~」と嘆いています。つい先日は、手の甲をやけどして、「うわ~、これも消えないんだろうな~」と落ち込んでました。

このように、少しの刺激の繰り返しが色素沈着を引き起こしてしまいます。そして、それが習慣化するとシミとなります。

今一度、自分の行動や癖を見直して、肌に刺激を与える行動をしていないかチェックしてください。特に、顔に関する癖は目立つので要注意ですよ。

(著:井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ