「最近、毛穴が気になるので、冷水で洗顔してるんです」
以前、テレビを見ていたら、美魔女と呼ばれる某タレントさんが語っていました。

「冷水で洗顔を始めてから、毛穴がキュッと引き締まって目立たなくなったのです!」と、満面の笑みで話していました。

タレントさんが冷水での洗顔を勧めているせいか、「毛穴を引き締めるために洗顔は冷水で行ったほうがいいのでしょうか?」という質問をよくいただきます。

そこで、今回は、冷水で洗顔をすることで毛穴が引き締まるのか?について、真実を語りたいと思います。

冷水で洗顔して、毛穴は引き締まるのか?

いきなりですが、ズバリ答えを言います。冷水で洗顔しても、毛穴は引き締まりません!

冬の寒い日に冷たい外気に触れると、毛穴を縮めて毛細血管を収縮させることで、体温の低下を防ぎます。こういう時、「毛穴が締まっている」と感じるかもしれません。でも、目に見えるほど毛穴が小さくなっているわけではありません。ほとんど気づかないレベルです。

たぶん、「冷水で洗顔すると毛穴が引き締まる」という間違った噂は、この体温調節機能による毛穴の収縮を誇張させたことが原因ではないかと思います。

また、冷水で洗顔をすると、冷たい刺激を肌に与えます。この刺激が何か良いことのように感じてしまう人が多いのです。

実際に、朝、顔を洗う時は、冷たい水のほうが目が覚めて気持ちいいです。中には、この刺激で肌が鍛えられているような感覚になる人もいます。

まぁ~、こうなってくると乾布摩擦と同じですね。乾布摩擦も肌に刺激を与えます。その刺激によって肌が強くなっていると感じる人がいます。

でも、実際は、肌が強くなるというより、その痛みに慣れたり、それが日常化して快感や達成感に変わるだけです。

そもそも、肌にとって刺激はデメリットで、特に敏感肌やアトピー性皮膚炎の方にとって、乾布摩擦はデメリット以外の何者でもありません。(ただ、乾布摩擦による刺激が自律神経を刺激して、気管支喘息発作予防などの効果があるという考えもあります。)

毛穴はそう簡単に大きくなったり、小さくなったりしません。だから、毛穴を引き締めるために冷水を使うこと自体に、意味がありません。

冷水で洗顔すると毛穴を引き締めるどころか、肌に悪い?

冷水で洗顔することが肌の引き締め効果がないだけならいいのですが、実は、肌に悪い影響を与えることがあります。

洗顔の目的は、肌の汚れを落とすことです。この汚れの中には、ほこりや大気の汚れ(汚い空気やタバコの煙など)、体から出る垢などがあります。これらはどれも水で落とすことができます。だから、冷水でも問題ありません。

ただ、水と油は非常に相性が悪いために、油系の汚れを落とすことができません。メイク類の化粧品や過剰に分泌された皮脂などです。これらは冷水では落ちにくいのです。そして、こういった汚れが肌に残っていることで肌トラブルが引き起こされることがあります。

つまり、冷水で洗顔することで、本来肌に悪い汚れを落とすために行う洗顔の意味がなくなってしまうのです。

「洗顔はぬるま湯で!」と言われる理由は、ここにあります。

もし、あなたが肌トラブルで悩んでいるなら、洗顔は必ず冷水ではなく、ぬるま湯で行ってください。ちなみに、温度は30度前後、高くても体温程度の温度がお勧めです。

追記:毛穴は大きくならないのになぜ、毛穴が目立つのか?不思議ですよね。その秘密は、こちらに書いてあるので、毛穴にお悩みの方はぜひ参考してください。

井上龍弥

この記事があなたのお役に立てたならうれしいです。
下記をクリックしてもらえたらもっとうれしいです。
この記事があなたのお役に立てたなら、おなたのお友達にも教えてあげてください。
下記をクリックするだけでOKです。


ページトップへ