メイクをしているときは、どのように保湿すればいいですか?

肌が乾燥しているときは、日中も保湿したくなりますよね。

メイクをしている状態でも、アクアテクトゲルの塗り方と使用量を調節することで、しっかりと保湿ケアを行なうことができます。肌トラブルでお悩みの方は、以下の方法で日中の保湿ケアを行なってください。

塗り方と量を調節すればヨレにくい!
メイクの上からアクアテクトゲルで保湿する方法

1.ゲル計量器半分ほどのアクアテクトゲルを手に取り、

1.ゲル計量器半分ほどのアクアテクトゲルを手に取ります。

手の平に広げます。(温めると浸透しやすくなります)

2.アクアテクトゲルを手の平に広げます。(温めると浸透しやすくなります)

3.軽く押さえるように手の平を顔にあてます。

3.軽く押さえるように手の平を顔にあてます。

4.額やアゴ、目の上も。摩擦が起きないのでヨレにくいです。

4.額やアゴ、目の上も。手の平で顔を覆うこの方法なら、肌の表面で摩擦を起こしません。そのため、メイクをヨレさせずに保湿できます。

顔全体ではなく、目元だけ、口元だけなど、部分的に保湿をしたいときには、次の『部分的に保湿する方法』をお試しください。

部分的な乾燥が気になるときにオススメ!
部分的に保湿する方法

指先に少量のアクアテクトゲルを取ります

1.アクアテクトゲルを指先に少量取ります

メイクがよれないよう特に少量で保湿。指を滑らすと メイクがよれやすいため、トントンとやさしく叩くようにして 広げます。

2.目元や口元など、乾燥が気になるところにアクアテクトゲルを塗ります。

アイメイクをしているときは、メイクがよれないよう特に少量で保湿しましょう。指を滑らすとメイクがよれやすいため、トントンとやさしく叩くようにして広げます。

保湿のスキンケアは朝晩だけのものではありません。 乾燥肌・敏感肌の場合は特に、時間が経過するにつれ肌の水分は蒸発していきます。日中にも保湿ケアをすることで、肌の潤いを一日中キープすることができます。

さらに、潤いをキープした状態を続けることで、肌の保水力そのものが高まり、乾燥肌の改善が近づきます。

ページトップへ