ダブルクレンジングゲルを使った『洗顔』方法

ダブルクレンジングゲルを使った『洗顔』方法

ダブルクレンジングゲルの使い方には2種類あります。メイク落とし方法と『洗顔』方法です。

どちらもダブルクレンジングゲルを使いますが、使用する量と洗い方が異なります。この使い分けを正しく行なうことが、ぷるツヤ肌への第一歩です。

ダブルクレンジングゲルの使い分け方


  •  朝の洗顔・メイクをしていない日の夜の洗顔:『洗顔』
  •  メイクをしている日の夜の洗顔:『メイク落とし』+『洗顔』

どんなときにも『洗顔』を行います。そして、メイクをしているときにだけ、『洗顔』の前に『メイク落とし』を行います。

では、さっそく、『洗顔』の方法を見ていきましょう。

ダブルクレンジングゲルを使った『洗顔』講座

【1】半分ほどのダブルクレンジングゲルを、手の平に取ります

使用目安量は、ゲル計量器『半分』です。『メイク落とし』の半分の量です。

【2】ダブルクレンジングゲルに、同量程度の水を混ぜます

手の平にとったダブルクレンジングゲルに、同量程度の水を混ぜます。まずは指先で軽くかき混ぜ、その後、両手を合わせて広げます。

泡立てなくてOK!


ダブルクレンジングゲルは、『泡立たない洗顔料』です。あえて、泡が立たないようにしています。

そのほうが、肌に負担を与えないからです。

石けんや洗顔料の多くは、泡が立ちます。泡が果たす一番大切な役割は、『摩擦を軽減すること』です。手と肌の間でクッションの役割をして、肌への負担を軽くするのです。この点で、ゲルは泡よりも効果が高いです。

ふわふわ・もこもこに立てた泡も、指や手の平で押さえると、簡単に潰れてしまいます。ふわふわに見えても、中身は空気なので仕方ないです。しかし、ゲルは、ゲルそのものがクッションとなり、さらに弾力があります。そのため、手や指が直接肌に触れにくくなるのです。

赤く炎症を起こしたニキビや、敏感になった肌、乾燥してヒリヒリする肌も、やさしく洗うことができますので、ダブルクレンジングゲルは泡立てずに、ゲルの形状のままご使用ください。

おでこを指の腹でやさしくなでます

【3】おでこを指の腹でやさしくなでます

マッサージ開始。まずは、皮脂がでやすく丈夫なおでこからです。指の腹でやさしくなでます。

両手を使って小鼻にダブルクレンジングゲルをなじませます

【4】両手を使って小鼻にダブルクレンジングゲルをなじませます

続いて鼻筋をなで、その後、両手を使って小鼻にダブルクレンジングゲルをなじませましょう。

このとき、皮脂や毛穴の汚れ・ニキビが気になると、ついつい指に力を入れてしまいます。でも、どんなに力を入れてこすっても、皮脂汚れやニキビの改善にはつながりません。むしろ、こする刺激によって悪化させてしまう恐れもあります。「やさしく、やさしく、なでるように」を忘れずに。

口やアゴの周りをなじませます

【5】口やアゴの周りをなじませます

次は口の周りです。口やアゴの周りは、ホルモンバランスの影響を受けやすい箇所です。と同時に、皮脂腺が少ないため乾燥しやすい箇所でもあります。

頬から目尻に向けて、くるくるくるとマッサージします

【6】頬から目尻に向けて、くるくるくるとマッサージします

『メイク落とし』のときと同様に、頬から目尻に向けて、くるくるくるとマッサージ。あとは、すすいで終了です!

洗顔終了

【7】洗顔終了

水の温度を、再チェック!

洗顔・メイク落とし、どちらの場合も、すすぎ洗いをするときの水の温度をもう一度見直してみてください。

というのも、寒い今の時季は特に、必要以上に高い温度で顔を洗ってしまうことがあります。

例えば、熱めのお風呂が好きだと、湯船の湯温は42℃になっていることもあります。浴室でダブルクレンジングゲルを使っていると、ついつい、湯船と同じ温度のお湯で顔をすすいでしまいそうになりますが、顔を洗うのにこの温度は熱すぎます。

高い温度で顔を洗うと、必要以上に皮脂が取り除かれ、肌は乾燥しやすくなってしまいます。また、高温の刺激を毎日繰り返すことで、敏感になることもあります。

顔をすすぐときの水温は、『ぬるま湯』と言うよりも『冷たくない水』をイメージしてください。今日、すすぎ洗いをするときから、「この水温は高すぎないかな?」とちょっと意識してみてくださいね。

これまで高い温度のお湯ですすぎ洗いをしていた場合は、水温を下げるだけで、

  • 肌の乾燥が和らぐ
  • 顔の赤みがましになる
  • ニキビができにくくなる

 

ということも十分期待できます。

ちなみに、夜の入浴の適温は、38℃~40℃と言われています。これくらいのぬるめの温度のほうが、リラックス効果が高まり、眠りやすくなるそうです。

皮脂や毛穴の汚れが気になるときの、洗顔ポイント

もうひとつ、洗顔のポイントをお話しておきましょう。

皮脂や毛穴の汚れが気になるときは、特に『力を入れて洗わない』ことに注意してください。

皮脂や毛穴の汚れが気になると、洗顔をしっかり行いたくなると思います。特に、皮脂や毛穴が目立ちやすい小鼻の周辺は念入りにマッサージしがちです。でも、そうやって一生懸命洗顔をすることが、皮脂や毛穴の目立ちを改善しにくくしていることがあります。

と言うのも、皮脂や毛穴の汚れを取るのは、ダブルクレンジングゲルの洗浄成分です。洗浄成分は、肌の上に置いておくだけで、肌の表面や毛穴にある汚れ、そして余分な皮脂などになじみ、浮かします。指の腹でマッサージをするのは、肌にゲルがなじみやすいように少し手助けする程度のものです。

つまり、力を入れてマッサージをしても、毛穴の中の汚れが落ちやすくなるわけではないのです。

逆に、ゴシゴシと力を入れてマッサージをすると、肌に刺激を与えてしまい、皮脂が分泌されやすくなったり、毛穴が広がりやすくなります。

特に、小鼻の周りを触るときには、「今、指先に力が入っていないかな?」というのを意識しながら洗ってみてください。この点を意識するだけでも、皮脂・毛穴汚れの改善が早まります。

以上が、ダブルクレンジングゲルを使った『洗顔』の方法です。

肌トラブルの改善と言うと、保湿をすることや、特別なパックをすること、など、何かを『足す』お手入れに注目しがちです。でも、その前段階として、メイクをきちんと落とし、肌を清潔にすることが欠かせません。

しかも、『できるだけ肌に負担をかけず』というのがポイントです。

ダブルクレンジングゲルは、その両方を叶えることができますので、今回ご紹介した正しい方法でお手入れを続ければ、肌トラブルのない、ぷるぷるツヤツヤの肌に近づきます。『メイク落とし』方法とあわせて、今日から実践してみてください。

ページトップへ