献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンAをたっぷり含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

体調が優れないときに肌が荒れているなと感じたことはないでしょうか??
実は、このようなときには、ビタミンAの摂取がオススメです。

ビタミンAには、身体の免疫力を高める働きがあるからです。

体調が優れないときは、身体の免疫力が低下するため、肌のバリア機能も低下してしまいます。
そのため、肌は外からの刺激に弱くなり、荒れてしまうのです。

ですので、本日のレシピでビタミンAを摂取して、免疫力低下による肌荒れを予防していきましょう☆彡

本日使用した食材では、ニンジン、ホウレンソウが多く含まれていますよ(´・∀・)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 499 kcal( 26 %)
タンパク質 20 g( 28 %) ビタミンB1 0.2 mg( 24 %)
脂質 17.3 g( 38 %) ビタミンB2 0.4 mg( 32 %)
炭水化物 63.9 g( 21 %) ビタミンB6 0.5 mg( 45 %)
カリウム 865 mg( 48 %) ビタミンB12 1.3 mg( 63 %)
亜鉛 2.9 mg( 42 %) ビタミンC 48 mg( 60 %)
2.1 mg( 28 %) 食物繊維 4.6 g( 25 %)
ビタミンA 230 μg( 51 %) 食塩相当量 2.4 g( 34 %)
ビタミンE 2 mg( 25 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日の汁物では、旬のトマトを使用しました♪

そのため、美味しいトマトの選び方と保存方法についてお話をしますね。

■おいしいトマトの選び方
・ヘタの緑色が濃いもの
・表面は色ムラがなく赤いもの(黄色がかったものは鮮度が落ちている)
・丸みをおびているもの(角ばっているものは水分が少ないの可能性がある)
・ハリがあるもの
・ずっしりと重いもの

■保存方法
(冷蔵)
・ヘタを下にして、重ならないようにする
・トマトから出るガスが他の食品の熟成を早めるので袋に入れる

(冷凍)
・トマトをキレイに洗ってからヘタを取り、密閉袋に入れる
*冷凍したものは、水分が出やすいので、トマトソースやスープの材料などにお使いください。

トマトには、シミやしわの原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があるリコピンが含まれています。
シミやしわの予防のためにも、旬のおいしいトマトを楽しんでくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

副菜が思いがけずワサビ味で意外でしたが、味はとてもマイルドでちょうどよい辛みが良かったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

主菜の味付けが優しくて美味しかったです。スープはピーマンの苦味が染み出していて、とても個性的でした。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

スープの具の組み合わせが新しかったです!ピーマンは、汁物に入れると苦味がなくなるんですね。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

トマトとピーマンのスープ、珍しいですね。苦味が大人の味だと思いながら、いただきました。どんな野菜も汁物としてつかえるんだなといつも驚きます。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の副菜は、ワサビを使用したポテトサラダでした。少しツンとした辛さがある大人のポテトサラダです(^^)ワサビの辛さが好きな方は多めに入れて辛さの調節をおこなってください。
また、本日の副菜には、ビタミンCを多く含んだ野菜を使用しています。ビタミンCは抗酸化作用や抗ストレス作用など体内でたくさんの働きをしているので、本日の副菜でたっぷり摂取してくださいね♪

汁物は、旬の野菜を使用しました。トマトの酸味とピーマンのほのかな苦味を感じられるスープです。平山さんのコメントにもあるように、ピーマンは汁物として使用すると熱がしっかり通るので苦味が少し和らぎます。

 


ページトップへ