献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB2をたっぷり含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

肌は紫外線を浴びると、私たちの体内には活性酸素が発生します。

肌細胞が活性酸素によって酸化されると、肌の水分を保つ働きが弱くなり、肌に含まれている水分が蒸発しやすくなります。

肌の水分が不足すると、肌はガサガサとした乾燥肌になってしまいます。

さらに、乾燥肌は肌のバリア機能が低下している状態です。

ニキビを悪化させるアクネ菌にも敏感に反応しやすくなるので、ポツンと大きなニキビが現れたりします。

活性酸素によって肌細胞が酸化されると、肌が荒れてしまうのです(>n<)

このような連鎖的な肌荒れを防ぐためには、抗酸化作用によって活性酸素の働きを食い止めることが必要です。

本日のレシピに含まれているビタミンB2は、抗酸化作用がある酵素の働きをサポートする栄養素です。

ですので、本日のレシピでビタミンB2をたっぷり摂取して、肌荒れ対策を行ってくださいね☆彡

本日使用した食材では、サバにビタミンB2が多く含まれていますよ(=゚ω゚)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 480 kcal( 25 %)
タンパク質 21.8 g( 30 %) ビタミンB1 0.3 mg( 25 %)
脂質 11.3 g( 25 %) ビタミンB2 0.4 mg( 35 %)
炭水化物 70.2 g( 23 %) ビタミンB6 0.7 mg( 65 %)
カリウム 887 mg( 49 %) ビタミンB12 7.5 mg( 374 %)
亜鉛 2.1 mg( 30 %) ビタミンC 51 mg( 64 %)
2.4 mg( 32 %) 食物繊維 4.6 g( 26 %)
ビタミンA 185 μg( 41 %) 食塩相当量 2.8 g( 31 %)
ビタミンE 2.9 mg( 36 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日の主菜は、サバを使用したレシピでした。

サバには、【質の良いたんぱく質】が含まれています(^^)

ただ、【質の良いたんぱく質】ってどんなたんぱく質なの??σ(・n・;)と、疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、説明しますね♪

たんぱく質は、たくさんのアミノ酸が合体して作られたものです。

アミノ酸には、体内で合成できないものが9種類あります。
それらは、『必須アミノ酸』と呼ばれており、種類によって必要量が異なります。

そして、食べ物に含まれている必須アミノ酸の必要量のバランスは、『アミノ酸スコア』によって、評価されます。

ずべての必須アミノ酸がバランス良く含まれていれば、その評価は100です。

つまり、体内では作られないアミノ酸をバランス良く含んでおり、有効利用されやすいたんぱく質が【質の良いたんぱく質】なのです。

本日使用しているサバの『アミノ酸スコア』は100ですので、【質の良いたんぱく質】を含んでいるということになります!

今の時季に出回っているサバは、『ゴマサバ』と呼ばれる種類のサバです。
ゴマサバは脂質が少ないので、寒い時季に出回るサバよりもカロリーが低いのです( ・ω・)ノ

たんぱく質は、肌細胞の材料となる栄養素です。
低カロリーで質の良いたんぱく質を摂取し、キレイ肌を作るために本日のサバ料理を楽しんでくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

南蛮漬け、とてもさっぱりしているけど、しっかり旨みがあって、食欲不振の今日も食べやすかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

サバの南蛮漬けは、初めて食べました!南蛮漬けは小魚のイメージだったので。カボチャの中華スープは、甘味があっておいしかったです。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

南蛮ダレおいしいです^^ピリっと辛みがほしいときは、タカノツメを入れても良いですか?今日のタレはどんな食材と絡めてもおいしそうですね。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

トマトの味が濃く、カブの塩気もおいしくいただきました。肉厚のお魚でしたが、何というお魚でしょうか。弾力がしっかりとあっておいしかったです。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日のレシピは、サバの南蛮漬けでした。暑くなってきたのでサッパリしたものをと思い、南蛮漬けにしました。
古市さんのコメントにもあるように、南蛮漬けは、小あじなどの小魚のイメージですが、普通の切り身でもおいしく召し上がっていただけますよ(^^)
下田さん、今は、気温が徐々に高くなっているので、食欲が低下しやすくなる時季ですね。食欲不振のなか、食べやすいメニューとなって安心しました。
平山さん、辛さを加えるために、タカノツメを使用しても大丈夫です!辛味のあるものもおいしそうですね(*´ー`)
瀧本さん、おいしかったと言っていただけて嬉しいです。キュウリを使用した南蛮漬けも家で試してみてくださいね♪

副菜は、チンゲンサイのキムチ和えでした。キムチには、乳酸菌が含まれており、シメジには食物繊維が多く含まれていますので、便秘の方にオススメの副菜ですよ。

 

 


ページトップへ