献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • ニキビ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB1を豊富に含んだ【便秘対策】土用丑の日レシピです♪

今年2回目の土用丑の日が近づいてきましたので、うな丼のご紹介です(^^)

うなぎには、ビタミンB1が多く含まれています。

ビタミンB1は、自律神経の働きを整えます。
自律神経の役割は、腸の運動をコントロールしている司令塔です。

たとえば、スポーツにおいて司令塔が正しい判断を下さなければ、他の選手たちはうまく連携が取れず、どのように動けばいいのか判断に困ります。

体内でも同じです。
自律神経が正しく機能しなければ、腸の動きも乱れてしまうのです。

腸内の老廃物は、腸の運動によって体外へ排出されるので、便秘を解決するためには、腸を正しく動かすことも大切です。

本日のレシピに多く含まれているビタミンB1お摂取して、腸が動きやすい環境整えていきましょうね☆彡

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 472 kCAl( 25 %)
タンパク質 20.7 g( 29 %) ビタミンB1 0.6 mg( 57 %)
脂質 12.9 g( 28 %) ビタミンB2 0.6 mg( 57 %)
炭水化物 67.4 g( 23 %) ビタミンB6 0.2 mg( 23 %)
カリウム 841 mg( 47 %) ビタミンB12 1.6 mg( 78 %)
亜鉛 3 mg( 42 %) ビタミンC 17 mg( 21 %)
2.2 mg( 29 %) 食物繊維 7.9 g( 44 %)
ビタミンA 1006 μg( 223 %) 食塩相当量 3 g( 43 %)
ビタミンE 3.2 mg( 40 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

明日は、土用丑の日だったので、レシピではうな丼をご紹介しました。

うな丼で使用したうなぎの蒲焼は、以下のように関東と関西で作り方が少し異なります。

●うなぎのさばき方
【関東】背開き
 武士文化が強く、切腹を連想させる腹開きが嫌がられたため。

【関西】腹開き
 腹を割って話す文化がさばき方に反映されているため。

*これらの理由は、諸説あるうちのひとつです。

●調理方法
【関東】さばいた後に蒸して焼き上げる
 蒸すことによってふっくらと仕上がるが、蒸している間に脂が落ちやすい。

【関西】さばいてすぐに焼き上げる
 うなぎの旨みがギュッと濃縮された仕上がりになる。ただし、脂を落とさないようにじっくりと焼かなければならないため、焼く人によって食感や味に差が出る。


私は関西に住んでいるので、関西風のうなぎの蒲焼しか食べたことがありませんでした。
関東風は、ふっくらとして、さっぱりとした味わいらしいので、関東方面へ出かけるときには、少し贅沢をして、うなぎを食べてみたいと思います☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

この1週間ほどずっとうな丼を食べたかったのですごくうれしかったです!いつものお茶碗に丼が盛ってあるのを見て、「どんぶりで食べたい~」と思いましたが、副菜やお味噌汁をいただいていると、十分おなかいっぱいになりました。おいしかったです!

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

うな丼ですっごくテンションがあがりました!ジューシーでタレも甘すぎず、とっても美味しくいただきました。見た目は量が少ないかな、と思ったのですが、お味噌汁も具沢山で副菜のうのはな和えも量がたっぷりで、満腹になりました!

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

お味噌汁が具だくさんで嬉しかったです。ダイコンは形を保っているのに、食べるとトロトロに柔らかくてびっくりしました。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

うな重が食べたい!と思ってました。でも、お店のうな重は結構な量が入っているので、ちょっと手が出せませんでした。今日、喜屋武さんに作っていただいたうな丼は、量が少なめでしたが、それがちょうど良いサイズでした。どーんとしたものが食べたい!と思うことはよくあるのですが、量が多すぎて手が出せないときがあります。こうして自分で作ると、ちょうど良い量に調整できて良いですね。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

明日は、『土曜丑の日』なので、主菜はうな丼にしました。うなぎはお値段が高いので、少量ずつではありましたが、楽しんでいただけたでしょうか??うなぎの蒲焼は、酒を少量加えて蒸し焼きにすることで、ふっくらと仕上がりますので、ぜひお試しくださいね。
濱谷さん、自分が食べたい量だけ無駄なく作れることは、手作りのメリットですね。うなぎの蒲焼は冷凍保存できますので、食べたい量だけ調理してあとは冷凍しておくのもオススメですよ(^^)

汁物は具だくさんの味噌汁でした。主菜で野菜を使用しなかったので、汁物の野菜を多くしています。汁物は野菜の量を調節しやすいので、本日のレシピのように、「野菜が少ないな」と感じたら、具だくさんの汁物を組み合わせてみてくださいね!
平山さん、汁物のダイコンと感じたものは、実は、トウガンだったんです。今が旬なので、これからちょこちょこ登場すると思います。頑張って見分けてくださいね(^^)

 


ページトップへ