献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、たんぱく質とビタミンB6を豊富に含んだ【乾燥肌対策】レシピです♪

カサカサとした乾燥肌は、肌に水分を保つ働きが低下していることが原因のひとつです。

では、水分をたっぷりと保てる肌を作るためには、どうすれば良いのでしょうかσ(・n・)

それは、古い肌細胞を排出し、水分を保持する働きが高い新しい肌細胞を多くすることです。

そのためには、たんぱく質が必要です。
たんぱく質は、肌の材料となる大切な栄養素だからです。

木がないのに、木造の家を作ることはできないですよね。
同じように、たんぱく質が不足すると、新しい肌細胞を作ることができないのです。

ただ、木があっても家ができないように、食事から摂取したたんぱく質だけでは肌細胞を作ることができません。
家を作る大工さんのように、肌細胞を作るビタミンB6が必要です。

ビタミンB6には、たんぱく質の分解と合成をサポートする働きがあるからです。

本日のレシピには、たんぱく質とビタミンB6がたくさん含まれていますので、新しい肌細胞を作るためにたっぷり摂取してくださいね☆彡

本日使用した食材では、
たんぱく質:鶏肉
ビタミンB6:鶏肉、カボチャに多く含まれていますよ( ´θ`)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 500 kcal( 26 %)
タンパク質 22.7 g( 32 %) ビタミンB1 0.2 mg( 24 %)
脂質 11.5 g( 25 %) ビタミンB2 0.3 mg( 23 %)
炭水化物 74.9 g( 25 %) ビタミンB6 0.6 mg( 59 %)
カリウム 888 mg( 49 %) ビタミンB12 0.8 mg( 38 %)
亜鉛 2.1 mg( 29 %) ビタミンC 27 mg( 34 %)
1.8 mg( 24 %) 食物繊維 5.7 g( 32 %)
ビタミンA 281 μg( 62 %) 食塩相当量 3 g( 34 %)
ビタミンE 2 mg( 26 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

気温が上昇し、会社の食堂の胡蝶蘭(こちょうらん)が満開になりました(^^)
(満開の胡蝶蘭の様子)
↓↓
胡蝶蘭

ただ、同じ環境で育てていても、成長具合がぜんぜん違います(゜д゜)
(別の胡蝶蘭の様子)
↓↓
胡蝶蘭2

こちらの胡蝶蘭は、根元の土のようなものを新しく替えたものです。

本当は、暖かい時期に取替えないといけないのですが、私が作業を先伸ばしにしていたため、肌寒い時季の取替えとなりました。

もしかすると、そのことが影響しているのかもしれません…(´n`;)

ただ、新しい根は伸びているので、成長はしているようです。

どんなことでも先延ばしにすると良くないなと、改めて気づかされた私なのでした。

根腐れしない程度に水を与えながら、胡蝶蘭のお世話をしていきます☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

アスパラとコーンと、そこにワカメという取り合わせが新鮮でした。見た目も色合いが鮮やかでした。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

副菜のアスパラとコーンとワカメの胡麻和えがとても美味しかったです。主菜はしょうがの味がきいていて、そしてご飯がすすむ味でした。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

お味噌汁は、カボチャの甘みを堪能しました!副菜はアスパラの香りがよいですね。ワカメって万能なんですね。アスパラとも合うとは思っていませんでした!

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

かぼちゃのお味噌汁の甘さにほっとしました。喜屋武さんの作るスープ、味噌汁はいつも旨みがしっかりと出ていて、おいしいですよね。たくさんの量を一度につくるからでしょうか。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜の和え物は、旬のアスパラを使用したレシピでした。下田さんのコメントにもあるように、コーンを加えることで彩が一層鮮やかになります。アスパラには、『アスパラギン酸』と呼ばれるアミノ酸が多く含まれており、新陳代謝を活発にします。肌細胞が新しいものになると、水分をたっぷりと保てる肌になるので、本日の副菜でアスパラをお楽しみくださいね。

主菜は鶏ムネ肉を使用しました。『しょうが焼き』は、豚肉のイメージが強いと思いますが、実は、豚のしょうが焼きを応用したものです。豚肉だけではなく、鶏肉でも楽しむことができるので、ひとつの材料だけに縛られず、いろいろな食材で調理を行なってみてくださいね(^^)

濱谷さん、汁物はいつも弱火でコトコト煮ているので、旨みがあるのだと思います。そのため、調理を行なう際には、汁物から先に作って、他の作業を行なっている間にじっくり煮ることがオススメです!

 


ページトップへ