献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、鉄分をたくさん含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

鉄分は、『ヘモグロビン』を作るために必要な栄養素です。

『ヘモグロビン』は血液中に含まれている物質で、細胞に酸素を届ける働きをしています。

酸素は、キレイ肌を保つために欠かせません( `・ω・)ノ

キレイ肌を保つには、古い肌細胞と新しい肌細胞の生まれ変わりを適正なサイクルで行うことが大切なためです。

そして、この生まれ変わりのときに酸素が必要になります。

もし、酸素が不足すると、肌細胞の生まれ変わりがうまくいかなくなり、肌荒れにつながります。

そのため、本日のレシピでヘモグロビンの材料となる鉄分を摂取して、肌細胞の生まれ変わりのサイクルを適正に保ちましょう☆彡

本日使用した食材では、コマツナ、鶏肉、ミズナに鉄分が多く含まれていますよ(o^^o)

最後に、鉄分を摂取する時の注意点についてお話をしますね(^^)

食事前後にタンニンが含まれている紅茶やコーヒー、緑茶を飲むと、鉄分の吸収が妨げられてしまいます。

ですので、食事前後1時間以内は、タンニンが多い飲料の摂取を控えてくださいね!

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 498 kcal( 26 %)
タンパク質 19.5 g( 27 %) ビタミンB1 0.2 mg( 19 %)
脂質 16.2 g( 35 %) ビタミンB2 0.3 mg( 28 %)
炭水化物 66.4 g( 22 %) ビタミンB6 0.4 mg( 38 %)
カリウム 799 mg( 44 %) ビタミンB12 0.4 mg( 20 %)
亜鉛 2.6 mg( 37 %) ビタミンC 47 mg( 59 %)
2.4 mg( 33 %) 食物繊維 4.6 g( 26 %)
ビタミンA 255 μg( 57 %) 食塩相当量 2.4 g( 27 %)
ビタミンE 1 mg( 13 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

近頃、ムシムシとする日が増えてきました(>_<)

これからどんどん暑くなると、寝つきにくい夜がやってきます。
本日は、このような日々に備え、グッスリ眠る対策方法をお教えしますね♪

人の体温は、朝から夜の8時頃まで徐々に上がっていき、夜の8時以降は少しずつ下がり、眠りにつきます。

実は、夜の8時以降の体温が下がる幅が大きければ大きいほど、深い眠りにつくことができます。

体温の下がる幅を大きくするには、寝る約1時間前に38度くらいのぬるめの湯船に「額にじんわり汗をかくまで」つかることが必要です。

このとき重要なことは、【汗をかくこと】です(^・ω・^)

湯船につかることで、体の深から温まります。
そして、血液の循環が良くなることで汗をかいて放熱し、体温を下げるのです。

この結果、体温の下がり幅が大きくなり、深い眠りにつきやすくなります(^^)/

ただし、ひとつご注意ください!
お風呂を出てから、体を冷ますためと言って、 冷たい飲み物をガブガブ飲むのは、控えるようにしてくださいねσ(^^;)
冷たい飲み物は交感神経を刺激するので、寝付きにくくなってしまいますよm(_ _)m

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

ズッキーニとセロリとなめこの副菜が、新鮮でした。あえてのズッキーニなのでしょうか?ズッキーニとキュウリは栄養素的に何か違いがあるのかな、と不思議になりました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

今日は暑かったので、ひんやりした副菜がおいしかったです!セロリが入っていることで、見た目以上にさわやかな味でした。セロリとナメコの、意外な組み合わせにもビックリでした。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

保育園の給食で食べたスープの味がしました。とーっても懐かしい気持ちになりました。副菜は、新しい組み合わせですね。おいしかったです。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

副菜のつるつるとした食感を楽しみながらいただきました。夏場はソーメンと一緒に食べたくなる味ですね。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の副菜は、セロリの塩昆布和えでした。塩昆布には旨み成分が含まれていますので、とっても簡単に味付けを行なえる便利な食材です。塩昆布は、セロリの香りとも相性が良いので、本日は、セロリの葉も使用しています。セロリの香りが苦手な方は、茎の部分だけを使用してくださいね。
古市さん、キュウリとズッキーニの栄養素に差はほとんどありません。しかし、キュウリが苦手な方でもズッキーニは食べられるとのことでした。キュウリ嫌いでも食べられるように、今回はズッキーニを使用しました(^^)
高橋さん、セロリの香りでさわやかだと感じていただけて良かったです。暑い日が続いているので、食事からさわやかな気分になれるレシピを考えますね♪

主菜は、鶏肉を使用したレシピでした。鶏肉は、酒をもみこむことで、熱を通してもパサパサにならず、とってやわらかく仕上がります。
炒め物でも煮物でもやわらかくなるので、ぜひ、鶏肉に酒をもみこむひと手間を行なってくださいね!

 


ページトップへ