献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • 脂性肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • ニキビ
  • シミ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB1を豊富に含んだ【便秘対策】レシピです♪

一言で便秘と言っても、症状や原因はさまざまあります。

その中でも、本日のレシピに多く含まれているビタミンB1は、弛緩性(しかんせい)便秘の対策に効果が期待できます。

弛緩性(しかんせい)便秘の主な症状は、お腹に張りはあるが、腸内の老廃物が排出されないことです。

この便秘が起こる原因は、大腸の筋力の低下に伴い、大腸の運動が低下してしまうためです。

このような原因を解決するためには、自律神経の働きを整えていくことが大切です。

自律神経は、腸の運動にかかわっており、司令塔のような働きをしています。

ビタミンB1は、自律神経の働きを調節しているので、弛緩性(しかんせい)便秘の対策に効果が期待できるます。

ですので、便秘でお腹の張りを感じる方は、本日のレシピでビタミンB1をたっぷり摂取していきましょう!

また、弛緩性(しかんせい)便秘の対策には、腹筋をつけることや腸のマッサージを行うこともオススメですよ☆彡

本日使用した食材では、豚肉にビタミンB1が多く含まれていますよ(´・v・)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 462 kcal( 25 %)
タンパク質 24.0 g( 34 %) ビタミンB1 0.8 mg( 81 %)
脂質 10.5 g( 23 %) ビタミンB2 0.4 mg( 32 %)
炭水化物 66.8 g( 23 %) ビタミンB6 0.6 mg( 53 %)
カリウム 1043 mg( 58 %) ビタミンB12 0.7 mg( 34 %)
亜鉛 3.1 mg( 44 %) ビタミンC 39 mg( 49 %)
2.7 mg( 36 %) 食物繊維 4.9 g( 27 %)
ビタミンA 220 μg( 49 %) 食塩相当量 2.9 g( 41 %)
ビタミンE 1.3 mg( 17 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

主菜も副菜もとても好きな味でした。特に主菜の香草ソースはやみつきになります。コクがあるけどさっぱりしていて、お箸が進みました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

辛し和えがさっぱりしていて美味しかったです。このムシムシした季節にピッタリな味付けですね。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

主菜の香味ソースは、さっぱりしているけど、濃い味で、野菜とお肉にマッチしていました!酸味もあるから今の時季にぴったりの調味料ですね。

平山加那スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

辛し和えがおいしかったです。お店で食べる辛し和えは、少し甘みがつよいものがあり、それは苦手ですが、喜屋武さんの味付けは最初から最後までおいしくいただけました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の主菜は、豚肉を使用して酸味をきかせた炒め物でした。豚肉は、ビタミンB1が多い食材です。ビタミンB1は糖質を分解する働きをサポートするため、糖質を多く含むご飯と併せて食べるとエネルギーを作ります。新陳代謝を上げるためには、エネルギーが必要になりますので、本日の主菜でビタミンB1をたっぷり補ってくださいね。

副菜のダイコンやキュウリは、細い方が合わせ調味料と絡みやすいので、できるだけ細くきってください。スライサーがあれば、千切りのスライサーを使用していただくとスピーディーに準備ができますよ(^^)
濱谷さん、ほどよい味付けとなっていて良かったです♪私は辛子のツンとくる感じが苦手なので、辛子の量は控えめにしています。お好みに合わせて辛子の量を調節してくださいね。

 

 


ページトップへ