献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB2をたっぷり含んだ【乾燥肌対策】レシピです♪

肌が乾燥する原因のひとつには、古い肌細胞が肌にとどまっていることが考えられます。

なぜなら、古い肌細胞は、水分を保持する力が弱いからです。

ですから、乾燥肌の対策を行なうには、古い肌細胞を排出して、水分をたっぷり保てる新しい肌細胞を増やすことが大切です。

古い肌細胞と新しい肌細胞の世代交代を行なうには、新陳代謝のアップをサポートするビタミンB2の働きが必要です。

本日のレシピでビタミンB2を摂取して、乾燥知らずの潤い肌を作っていきましょうね☆彡


本日使用した食材では、卵と牛肉にビタミンB2が多く含まれていますよ(●^u^●)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 536 kcal( 29 %)
タンパク質 24.3 g( 35 %) ビタミンB1 0.3 mg( 24 %)
脂質 19.2 g( 42 %) ビタミンB2 0.5 mg( 42 %)
炭水化物 64.7 g( 22 %) ビタミンB6 0.5 mg( 45 %)
カリウム 933 mg( 52 %) ビタミンB12 1.8 mg( 88 %)
亜鉛 6.2 mg( 88 %) ビタミンC 23 mg( 29 %)
3.1 mg( 42 %) 食物繊維 5.4 g( 30 %)
ビタミンA 348 μg( 77 %) 食塩相当量 3.3 g( 47 %)
ビタミンE 2.0 mg( 24 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

スープにごぼうの旨みがたっぷり出ていたのが、とても印象的でした。素材の味を楽しめました。主菜は、ふわふわの卵が乗っているのを見て、いつものちょっと甘い味つけだな!と思いました。好きな味なのでとても嬉しかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

主菜の味付けが甘くて、そしてトマトの酸味がちょっぴりあって、大変美味しかったです!エリンギとゴボウのスープは、二つの具とも歯ごたえがあって食べ応えがありました!

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

主菜の卵がふわふわで、スフレみたいな食感でした。甘い味付けも嬉しかったです。ご飯に乗っけて、ガツガツ食べたい味付けでした。

平山加那スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

にんじんのこりこりとした歯ごたえが美味しいメインでした。ちょっと甘辛野味があとをひき、ご飯がもりもり食べられました。

瀧本悠夏スキンケアアドバイザー
瀧本悠夏

主菜のたまごに味が染みてとっても美味しかったです。お汁にごぼうの出汁が出ていて、香りも楽しめました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の主菜は、酸味があって、さっぱりしているトマトと旨みたっぷりの牛肉を炒めました。これらの組み合わせは、さっぱりとしている中にもコクがあるのがポイントです。
また、主菜のフワフワの卵を作るためには、先に強火で炒めてから一旦取り出し、最後に後入れしてくださいませ。
古市さん、美味しくお召し上がりいただけたことを教えていただき、嬉しかったです(^^)
平山さん、本日のレシピは、レタスをご飯の上にしいて、丼にしても楽しめそうですね♪今度、提供してみます。

汁物は、食感があるゴボウを使用しました。汁物はじっくり火にかけるため、食材が柔らかくなりがちです。しかし、ゴボウを使用することで噛める汁物になります。下田さんと瀧本さんのコメントにもあるように、ゴボウの風味もたっぷり出ますので、時間がある場合は、じっくり煮ることがおすすめです。

 

 

 


ページトップへ