献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日のレシピは、旬の『山菜』を使った天ぷらです♪

それでは、本日使用した山菜を簡単に説明しますね(^^)

■コゴミ(コゴメ)
正式名称は、クサソテツといい、シダ植物の仲間です。
アクが少ないので、下処理が簡単にできます。
そして、食物繊維を多く含み、腸の運動を促します。

<下処理の方法>
1 巻かれている部分を軽くのばし、茶色のチリを取り除く
2 沸騰したお湯で30秒~1分ゆで、冷水につけて水切りを行う

■タラの芽
タラの芽は、タラの木の新芽の部分です。
苦みがほのかにありますが、もっちりとした食感がおいしい山菜です。
そして、タラの芽は、むくみ対策に欠かせないカリウムを多く含んでいます。

<下処理の方法>
1 根本の硬い部分を切り離す
2 根本の茶色い部分をそぎ落とす
3 根本に十の字の切り込みを入れる

これから、山菜のおいしい時期になりますので、
本日の山菜以外にも、旬の山菜をお楽しみくださいね☆彡

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 548 kcal( 29 %)
タンパク質 20.2 g( 28 %) ビタミンB1 0.23 mg( 23 %)
脂質 17.4 g( 38 %) ビタミンB2 0.34 mg( 31 %)
炭水化物 75.2 g( 25 %) ビタミンB6 0.39 mg( 39 %)
カリウム 788 mg( 44 %) ビタミンB12 0.7 mg( 37 %)
亜鉛 2.7 mg( 38 %) ビタミンC 53 mg( 66 %)
2 mg( 27 %) 食物繊維 5.4 g( 30 %)
ビタミンA 244 μg( 54 %) 食塩相当量 1.8 g( 20 %)
ビタミンE 3.1 mg( 39 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、ビタミンEとビタミンCを含んだ【肌の免疫力アップ】レシピです♪

3月の中旬くらいから、
ぽかぽかとした日射しが降り注ぐようになりましたね。

外に出ると、とっても気持ちが良いのですが、
注意しなければならないのが『紫外線』です!!

紫外線は、3月から徐々に強くなってくるのです(・o・!!

紫外線をあびると、体内で活性酸素が作られます。

そして、活性酸素は、肌細胞を傷付け、
免疫力を低下させていくのです。

そのため、活性酸素による酸化を防止するためには、
ビタミンEやビタミンCの摂取が必要になります。

これらの栄養素には、抗酸化作用があるからです(`・ω・)b

ですので、ビタミンEとビタミンCを摂取して、
体内から肌の免疫力を高めていきましょう!!

また、日焼け止めをぬり、
外からの紫外線対策も忘れずに行ってくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

山菜の天ぷら、緑色が鮮やかで、春らしくて、テンションが上がりました!最初は全部同じ種類の山菜なのかな?と思ったのですが、よく見ると3種類?もありました。天ぷらというと、さまざまな種類の具材が使われているので、緑一色のお皿が新鮮だったのですが、色を揃えて具材を変える、というのもすごく粋だなぁと思いました。あと、食べ終わるまで天ぷらがサクッサクだったのも嬉しかったです♪食事中に伺った衣の材料に秘訣があるのでしょうか?

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

山菜の天ぷらが「さくっ」としていて、美味しかったです。山菜が生のまま、スーパーで売られているとは知りませんでした。今度近所のスーパーに行って、探してみます!

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

以前のかき揚げから、野菜の天ぷらが好きになりましたが、今日の山菜の天ぷらを食べて、今度は山菜の天ぷらにはまりそうです!天ぷらをいただいているうちに時間が経ち、どんどん冷えてきてしまいましたが、それでも衣のサクサクさは変わらず、最後までおいしくいただけました。冷えてもサクサクの衣にするには、油の切り方など、コツがいるのでしょうか?

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

山菜が食卓に出ると春を感じます。天ぷらは、サクサクの衣と、山菜の独特の苦味がよかったです。主菜は甘めの味付けで、これもまたおいしかったです。一つの膳で苦味と甘み、両方を楽しめて贅沢な気分になりました。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

春の天ぷら、苦味がとてもおいしかった。大人の味ですよね。天ぷらの衣のさっくり感が、おいしさの秘訣だと思いました。衣で起こりやすいベタツキや粉っぽさをなくし、また、より、自然の味を生かすんだなとおもいました。家庭の味ではなく、お店の味でした!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の副菜は、春らしく山菜の天ぷらにしました。山菜の独特の苦みを楽しんでいただけたようで嬉しく思います(^^)
本日のように、苦味がある食材を利用するときは、山椒をふりかけてみてもおいしいと思いますよ♪
山菜は、アク抜きが面倒くさいイメージがありますが、アク抜きが不要な種類もありますので、ぜひ、春の訪れを楽しんでいただきたいと思います。
また、天ぷらが冷めてもサクサクだった秘訣は、天ぷら粉にベーキングパウダーを少し入れていることです。使用する量は少量なのですが、とてもよい働きをしてくれます!!

主菜は、ニンニク味噌で味付けをしていました。甘めの味付けが副菜の苦みとマッチしていたようで良かったです。
好みでニンニクの量を変えてみてくださいね♪

 


ページトップへ