献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、亜鉛を多く含んだ【紫外線対策】レシピです♪

紫外線が肌へ及ぼす影響は…
・コラーゲンを変形させ、シワを増やす
・メラニン色素を酸化させ、シミをつくる
・ターンオーバーのリズムが乱れ、肌が荒れる

んーσ(=ω=)

紫外線には、肌トラブルになる要因がたくさんありますね。

しかし、本日のレシピにたっぷり含まれている亜鉛には、
紫外線対策にオススメな働きがあるのです!!

■亜鉛の働き
・コラーゲンや肌などの細胞の分裂に関与
(適正なサイクルのターンオーバーを促進)

・抗酸化作用がある酵素の生成に関与

これらの働きによって、
亜鉛は、紫外線で起きる肌トラブルを防いでいます。

本日のレシピでしっかり亜鉛を摂取して、
紫外線対策を行っていきましょうね☆彡

本日使用した食材では、
サバに亜鉛が多く含まれていますよヾ(・∀・●)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 514 kcal( 27 %)
タンパク質 26.1 g( 37 %) ビタミンB1 0.23 mg( 23 %)
脂質 17.4 g( 38 %) ビタミンB2 0.32 mg( 29 %)
炭水化物 61.1 g( 20 %) ビタミンB6 0.67 mg( 67 %)
カリウム 809 mg( 45 %) ビタミンB12 9.1 mg( 455 %)
亜鉛 2.1 mg( 30 %) ビタミンC 35 mg( 44 %)
1.9 mg( 26 %) 食物繊維 3.8 g( 21 %)
ビタミンA 172 μg( 38 %) 食塩相当量 3 g( 34 %)
ビタミンE 2.3 mg( 29 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日ご紹介した『ちらし寿司』の調理は、
スタッフに手伝っていただきました。

本日は、調理実習の風景をご紹介します(^^)

まずは、下の写真をご覧ください。

エビを半分に切っている平山の様子

コチラの写真は、エビを半分に切っている平山の様子です。

材料を切っているときの平山は、
背筋がピンッとのびていて、なぜかとっても姿勢がいいのです(・o・)

そして、次の写真は、濱谷と高橋が共同して、
ご飯をボウルに移しているところです。

濱谷と高橋が共同して、ご飯をボウルに移しているところ

ご飯をキレイに取り出しています(*^^*)

最後の写真は、高橋と下田と古市が
ご飯をあおぎながら、すし酢を混ぜている様子です。

高橋と下田と古市がご飯をあおぎながら、すし酢を混ぜている様子

ご飯をあおいでいた下田は、
『腕の筋肉が疲れるーっ!!』と、
なかなかの重労働だったようです(笑)

みんなのおかげで、ステキなちらし寿司が完成しました(*´ー`)

ワイワイとコミュニケーションをとりながら調理をすると、
出来上がった料理は、とってもおいしくなります。

調理も含めて、食事というのは、
コミュニケーションの場だということをあらためて実感した私なのでした(´・ω・)

明日は、調理実習で起きた事件のお話です(^^)

お楽しみに☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

お魚は、そのままでも塩味が効いていておいしかったのですが、途中からおろしだれ?と一緒に食べると、さっぱりしてまた違う味を楽しめました。最初、お魚はお魚、野菜は野菜、と別々に食べていたのですが、おろしだれがあると、お魚と野菜を一緒に食べたくなったのが不思議。副菜のわさび和え、大人のツナ料理ですね。おいしかったです!

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

副菜に少し辛味があるなと思ったら、ワサビがきいていたんですね!ツナマヨは、こってりした味が脂を食べているみたいであまり好んでは食べないのですが、ワサビが入っているとさっぱりしていて、とても食べやすかったです。そしてナスのお味噌汁がとても美味しかったです。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

サンドイッチのツナなどには、よく生タマネギが和えられていますが、私は生のタマネギが苦手なので、あまりタマネギは使いません。ただ、そうすると歯ごたえがなくなるので、タマネギに変わる、何か良いものはないかな?と考えていました。今日のハクサイを使ったツナ和えは、茎の部分がタマネギの食感に近いものがあり、「これだ!」と思いました。今度ツナ和えを作る時には、ハクサイを入れてみます!

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

マヨネーズは、私が大好きな調味料の一つです。ワサビとマヨネーズの組み合わせがおいしいと知っているものの、ツナマヨにワサビを入れるという方法は思いつきませんでした!ツンとした刺激が大人な印象でした。サバは皮に入った切れ目から、脂がにじみ出ていて、「おいしそう!」と食欲をかきたてられました。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

ナスのお味噌汁、おいしかったです!ナスビって、キレイな色のまま火を通すとなると、素揚げするしかないのでしょうか?お味噌汁の中でも、キレイな色のナスビがうかんでたらいいのになーと、ふと思いました。蒸して後いれとかにするのでもいいのかな?

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜のサバは、切れ目を入れて火の通りをよくしています。その中からジュワッと脂が出ることでおいしそうに見えるのであれば、おろしポン酢は切れ目よけてかけた方がよさそうですね(^^)平山さん、おいしそうに見えるヒントをありがとうございます!!
下田さん、おろしポン酢をかけると、野菜と魚を一緒に食べたくなったのは、魚がさっぱりとして野菜とマッチしたからかもしれないですね。

副菜は、ワサビを少量入れて、いつものツナ和えに変化を出してみました(^^)さっぱりと食べやすくなって良かったです。ツナマヨに辛子の辛味をたすと、また違う印象になると思うので、こちらもいろいろな食材で試してみますね。レシピになるまで少々お待ちください。
高橋さん、食べられないタマネギの代用品を発見できて良かったですね♪発見のサポートをできて、私もうれしく思います。ぜひ、新しいサンドイッチを楽しんで、後日、食べた感想を教えてくださいね(^^)

汁物のナスの色は、ナスを一旦熱湯で茹でて、冷水につけたものをお椀にいれるとよいのですが、少し手間がかかるので、簡単な方法を模索中です。いろいろ試してみます!!

 


ページトップへ