献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB6をたっぷり含んだ【脂性肌対策】レシピです♪

それでは、ビタミンB6の働きについてお話をしますね(^^)

■ビタミンB6の働き
・脂質の分解をサポートする
脂質は、しっかり分解されないと、
過剰な皮脂として、体外へ排出されてしまいます。

そのため、脂質の分解を促進して、
皮脂の過剰分泌を予防します。

・たんぱく質の分解と合成をサポート
たんぱく質は、肌の材料となっている栄養素です。

食事から摂取したたんぱく質は、
一度分解され、体に合ったたんぱく質に作り替えられます。

たんぱく質の分解や合成がスムーズに行われないと、
肌は荒れて、乾燥してしまいます(´Д`)

肌は乾燥すると、皮脂を過剰に分泌して、
刺激から守ろうとします。

よって、脂性肌対策には、ビタミンB6を摂取して、
たんぱく質の分解と合成を行うことが大切になるのです。

これらのように、ビタミンB6には、
脂性肌対策のための働きがあります。

本日のレシピでビタミンB6をたっぷり補ってくださいね☆彡

本日使用した食材でビタミンB6が多く含まれているのは、
タマネギ、ホウレンソウ、鶏肉、キャベツですよヾ(・ω・`)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 517 kcal( 27 %)
タンパク質 23 g( 32 %) ビタミンB1 0.22 mg( 22 %)
脂質 15.4 g( 33 %) ビタミンB2 0.23 mg( 21 %)
炭水化物 68.6 g( 23 %) ビタミンB6 0.49 mg( 49 %)
カリウム 980 mg( 54 %) ビタミンB12 0.7 mg( 34 %)
亜鉛 2.2 mg( 31 %) ビタミンC 29 mg( 36 %)
2.4 mg( 32 %) 食物繊維 6 g( 33 %)
ビタミンA 259 μg( 58 %) 食塩相当量 2.5 g( 28 %)
ビタミンE 1.2 mg( 15 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日のレシピでは、副菜で旬の春キャベツを使用しました♪

そのため、本日は、春キャベツの選び方をご紹介しますね(^^)

■春キャベツの選び方
・葉の巻きがゆるく、丸みをおびているもの
・外の葉につやがあり、黄色くなっていないもの
・芯の切り口が小さく、きれいなもの
・半分に切っているのは、中心が盛り上がっていないもの

以上のポイントを守って、
おいしい春キャベツを選んでください(´・∀・)

また、春キャベツは、甘味があってやわらかいので、
サラダなどの生で食べるとおいしい食材です。

しかし、葉脈が太いものは、
葉がかたいので、炒めもので使用してくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

ミョウガのお味噌汁がとてもおいしかったです!シャキシャキした食感と、苦味と、お味噌のハーモニーでした♪

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

ミョウガのお味噌汁、初めて食べましたが、とても美味しかったです!具はミョウガだけのように見えましたが、満足感がありました。
辛子味噌和えは、今日はいつもより辛子が効いている感じがしました。しかし、和えてある食材に甘味があったので、ちょうど良いバランスでした。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

辛子和えは、口の中をさっぱりとさせてくれますね。主菜をこってりとした味付けのものにしたときに、ぜひ、添えたい一品だと思いました。ミョウガのお味噌汁は、ミョウガの独特の風味が少しマイルドになっているように思いました。サラダやお味噌汁に入れることはあるのですが、他にどのように調理するとよいのでしょうか。教えてください。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

ミョウガの味噌汁をはじめていただきました。最初、ネギと思って食べ始め、「風味が違う!実はミョウガも入っている??」と思いました。そもそもネギだと思っていたのが、ミョウガだったのですね。ミョウガは、生で薬味としていただくことしかなかったため、火を通して食べることが初めての経験でした。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の副菜は、味がなじみやすい切干大根を使用していたので、いつもの辛子味噌和えよりも辛さが強かったのかもしれません。甘味の少ない材料を使用する場合は、辛子の量を減らして、自分好みの辛さにしてくださいね。
平山さん、本日の副菜は、お酢の酸味や辛子の辛みが口の中をガラっと変えてくれるので、こってりした味付けの料理のお口なおしにぴったりですね(^^)

汁物で使用したミョウガの風味は、リラックス効果や消化を促進する働きがあるので、暑くなるこれからの季節にはちょうど良い食材ですね。
汁物で使用すると、湯気にのって香りをしっかりと楽しむことができますね。
個人的には、ぬか漬けにしたミョウガが好きですが、他の使い方としては、薬味として和えものや刺身丼で使用できまよ♪

 


ページトップへ