献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンEをたくさん含んだ『肌荒れ対策』レシピです♪

ビタミンEには、『抗酸化作用』という働きがあります。

『抗酸化作用』とは、
体内の活性酸素を除去する働きです。

活性酸素には、悪いイメージがありますが、
ウイルスや細菌を除去する重要な働きをしています。

しかし、活性酸素が過剰に分泌されると、
肌細胞を傷つけ、肌が荒れてしまうのです(>Д<)

活性酸素が増える原因は、
・喫煙
・ストレス
・脂質の多い食事
・運動不足      などです。

そのため、これらの原因を改善していくとともに、
抗酸化作用のある栄養素を摂取して、活性酸素を除去し、
肌荒れを予防していきましょう☆彡

本日使用した食材では、
パプリカとブロッコリーにビタミンEが多く含まれていますよ(*^^*)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 443 kcal( 23 %)
タンパク質 25 g( 35 %) ビタミンB1 0.4 mg( 40 %)
脂質 6.1 g( 13 %) ビタミンB2 0.34 mg( 31 %)
炭水化物 66.8 g( 22 %) ビタミンB6 0.67 mg( 67 %)
カリウム 870 mg( 48 %) ビタミンB12 7.5 mg( 376 %)
亜鉛 1.9 mg( 27 %) ビタミンC 84 mg( 105 %)
1.3 mg( 18 %) 食物繊維 4.4 g( 24 %)
ビタミンA 205 μg( 46 %) 食塩相当量 2.6 g( 29 %)
ビタミンE 2.9 mg( 36 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、食堂へのお土産シリーズの最終章です♪

最終章でご紹介するのは、コチラのお土産ですっ!!
↓↓(お土産の写真)

広島の『もみじ饅頭』

広島の『もみじ饅頭』です(^ω^)

しかし、ただのもみじ饅頭ではありません!!

『生』のもみじ饅頭なんです!!

食べたことがある方は、ご存じだと思いますが、
決して、生地が生なわけではありません…σ(^^;)

食感がモチモチッとしていて、
生の生地のような食感のもみじ饅頭です。

個人的には、普通のもみじ饅頭よりも、
生のもみじ饅頭の方がお気に入りです。

みなさんは、どちらがお好みでしょうか??

広島へおでかけのときは、ぜひ食べ比べをしてみてくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

白ワインの味を強く感じました。サケの塩加減と、くたっとやわらかくなった野菜の甘みとトマトの酸味と….本当においしかったです!ピクルスのパプリカもみずみずしくておいしかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

今日のアクアパッツァとても美味しかったです。サケももちろんですが、一緒に煮込んでいたトマトやジャガイモもサケのいいだしを吸っていてうまみが増していたように思います。そして、ピクルスのパプリカがとても甘くて、フルーツのようでした。ピクルスにパプリカを入れたことがないので、今度挑戦してみます。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

アクアパッツァの上に乗っていたトマトとブロッコリーが、とてもおしゃれでした。トマトの上に乗せる『緑』は、パセリやバジルだと思っていましたが、ブロッコリーを包丁でそぐ方法もあるのですね!見た目が鮮やかでおいしそうに見えたので、料理にはやっぱり見た目も大切だと思いました。(もちろん味もおいしかったです!)

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

鮭の上に乗っていたトマトが、びっくりするほど甘かったです!火が通っていたからでしょうか。それとも、もともと甘みの強いトマトだったのでしょうか。もっといっぱい入ってたら嬉しいな、と思ったので、自分でつくるときには、たくさんトマトを入れようと思いました。あっさりした白身のお魚もおいしいですが、塩味のきいた鮭のアクアパッツアも美味しいですね。喜屋武さんのピクルス、久しぶりにいただきました。やっぱりおいしかったです^^

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

アクアパッツァは、白身の魚のイメージでしたが、鮭だとトマトの味にも負けませんね。パンと一緒に食べたいなとも思いました。また、今日の鮭は脂がしっかりのってましたね。少し強い香りの香草とも相性がよさそうですね♪

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の主菜で使用している鮭は、塩鮭だったので、魚に塩コショウをふる手間が省けました(^^)
アクアパッツァは味付けがシンプルなので、うま味成分が多い食材(トマト、タマネギ、マイタケ)を使用するすることがおススメです。また、濱谷さんのコメントにもあるように、お好みの香草を入れてもよいですね。
本日は、トマトを少量しか使用していませんが、もう少し暑くなるとトマトの甘みがさらに増すので、本日とはまた違った味になると思います。その時は、トマトを多めに使用して作りますね♪
そして、トマトの上に乗っていた緑のものは、ブロッコリーのモコモコしている部分を包丁で細かくしたものでした。バジルやパセリがないときは、このような方法もご活用ください。

副菜のパプリカは、生のままでも使用できるのでが、レンジで少し温めて甘味を出しました。また、食材を温めることで、味がなじみやすくなします。そのため、ぜひ、ひと手間をかけてくださいね。

 


ページトップへ