献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、亜鉛とビタミンAをたっぷり含んだ【乾燥肌対策】レシピです♪

これらの栄養素は、
ターンオーバー(肌の生まれ変わり)に関わっています(・ω・ )

それでは、これらの栄養素が、
どのような働きをしているのか説明をしていきますね。

■亜鉛の働き
・細胞分裂に関与しており、新しい肌細胞を作って、
ターンオーバーを促進する。

■ビタミンAの働き
・古くなった肌細胞を体外へ排出し、
ターンオーバーを促進する。

また、ビタミンAは、細胞の形成に関わっていて、
保水力やバリア力が強い肌細胞を作り、肌の乾燥を予防しています(^ω^)

乾燥肌の対策を行うために、
これらの栄養素をたっぷり摂取して、ターンオーバーを促してくださいね☆彡

本日使用した食材では、
亜鉛:鶏肉
ビタミンA:ニンジン、鶏肉、ホウレンソウ に多く含まれていますよ( ・u・)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 515 kcal( 27 %)
タンパク質 23.2 g( 33 %) ビタミンB1 0.25 mg( 25 %)
脂質 16.2 g( 35 %) ビタミンB2 0.29 mg( 26 %)
炭水化物 67 g( 22 %) ビタミンB6 0.5 mg( 50 %)
カリウム 876 mg( 49 %) ビタミンB12 0.7 mg( 34 %)
亜鉛 2.2 mg( 31 %) ビタミンC 36 mg( 45 %)
1.9 mg( 26 %) 食物繊維 4.7 g( 26 %)
ビタミンA 258 μg( 57 %) 食塩相当量 3.4 g( 38 %)
ビタミンE 1.5 mg( 19 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日の汁物は、味噌汁だったので、『味噌』についてお話をします(^^)

味噌は、ご存じのとおり、大豆を発酵させた調味料で、
むかし、むかしの奈良時代から使用されています。

大豆と比べて、味噌が優れているところは、
栄養素の吸収率が高いことです。

その理由は、大豆に含まれている栄養素が、
微生物によって分解されているからです。

また、微生物の働きによって、大豆には含まれていない栄養素が
味噌には含まれています。

そのため、味噌は『医者いらず』と言われてきたのです(●・ω・)

味噌は、塩分が多いのですが、
最近では、塩分が控えめの商品もたくさん売られています。

それらを活用して、味噌料理を楽しんでくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

副菜の梅和えにダイコンが入っていて、レンコンのサクッとした食感と、ダイコンのしんなりした食感が楽しかったです。そして、お味噌汁のまいたけがたっぷりと入っていて、とても美味しかったです。マイタケのいいおだしが出ていました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

主菜は、しっかりと味のついた鶏肉と、あっさりとした味付けの野菜のバランスが絶妙でした。塩麹を使った料理は、最近はあまり作っていなかったのですが、簡単でおいしく出来上がるので、また取り入れていこうと思います。
副菜の梅和えは、いつもより酸味がマイルドに感じました。かつお節や昆布を足してもおいしそうだと思いましたので、一度、試してみますね。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

塩麹を堪能できるレシピでした。鶏が柔らかかったです。きっと、これは塩麴のおかげですね。あと、鶏肉には、塩麹がたっぷりついていましたが、お肉を柔らかくするための塩麹と味付けのための塩麹は分けているのでしょうか??
副菜の梅肉和えは、色も味もさっぱりするので、これからの時季に大活躍しそうなレシピですね。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

主菜は、ふわふわした鶏ムネ肉の食感と、パリパリコリコリと野菜の歯ごたえが残っている食感の組み合わせがよかったです。豚肉でもおいしそうですね。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜の塩麹は、鶏肉を簡単にやわらかくし、さらに味付けもしてくれるので、とっても便利な調味料です。塩麹は、煮物をする前や、炒めものの味付けにと大活躍なので、ドンドン活用していってくださいね♪
平山さん、鶏肉についている塩麹は、最初につけたきりですよ(^^)鶏肉を焼くときに、ひっくり返す回数を少なくして、表面についている塩麹の流出を防いでいます。
濱谷さん、豚肉でもよい味が出そうですね。そのまま衣をつけて豚カツにしてもおいしそうです(*´ー`)

副菜の味は、暑くなってくると、よりおいしく感じられますね。今の季節も温度差が大きいので、食欲がわかないときに活躍してくれます。
副菜は、ホウレンソウとダイコンが柔らかいので、歯ごたえのよいレンコンを組み合わせました。楽しい食感となっていてよかったです。高橋さん、かつおぶしや昆布を足してもおいしいのですが、それらを足す場合は塩分が多くなるので、醤油の使用はお控くださいね(^^)

汁物で使用しているマイタケは、うま味成分が多い食材なので、味噌汁に風味をつけることができます。
いろいろなキノコを組み合わせて、お気に入りの風味をみつけてくださいね♪

 


ページトップへ