献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンCをたくさん含んだ【夏バテ対策】レシピです♪

蒸し暑い日が続いていますが、
体調を崩されたりしていませんか??

湿度や気温が高くなると、
体は、ストレスを感じてしまいます(>へ<)

すると、体は大量のビタミンCを消費して、
ストレスを緩和するためのホルモンを作ります。

ビタミンCには、抗酸化作用があるので、
体にビタミンCが不足すると、活性酸素を処理しきれなくなります。

そして、疲労感が生じて、
夏バテになってしまうのです。(´Д`)

そのため、夏バテの対策をおこなうために、
本日のレシピでビタミンCを体にたっぷり補ってくださいね☆彡

本日、使用した食材では、
ゴーヤにビタミンCがたっぷり含まれていますよ( ・ω・)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 519 kcal( 27 %)
タンパク質 21 g( 30 %) ビタミンB1 0.23 mg( 23 %)
脂質 16.4 g( 36 %) ビタミンB2 0.32 mg( 29 %)
炭水化物 68.7 g( 23 %) ビタミンB6 0.35 mg( 35 %)
カリウム 862 mg( 48 %) ビタミンB12 0.8 mg( 41 %)
亜鉛 2.8 mg( 40 %) ビタミンC 26 mg( 32 %)
2.4 mg( 33 %) 食物繊維 5.7 g( 32 %)
ビタミンA 179 μg( 40 %) 食塩相当量 2.6 g( 29 %)
ビタミンE 0.9 mg( 11 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日も、鳥取で出会った食べもののお話をしていきます♪
(前回のお話はコチラ)

それでは早速、下の写真をご覧ください(^^)
↓↓

『砂たまご』

こちらの写真は、『砂たまご』ですっ!!

砂たまごは、鳥取の地鶏の卵を使用しており、
鳥取砂丘の砂で焼き蒸しにして作られています。

ちなみに、殻をむいた卵は、下の写真のような感じですヾ(・ω・ )
↓↓

殻をむいた卵

親切なことに、塩も一緒に入っていました。

黄身の部分がしっとりとしていておいしかったです♪

お店には、ひとつ売りも売られていましたので、
鳥取砂丘に立ち寄ったおりには、
変わった製法で作られた『砂たまご』を食べてみてくださいね(*^^*)

明日はグルメ日記を少しお休みして、
スタッフ平山の珍行動をご紹介します(^皿^)

お楽しみに☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

肉厚のナスのおすましがおいしかったです。連日のゴーヤですが、毎回違った味付けなので、まったく飽きませんね。鶏肉はいつもどおり柔らかかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

鶏のモモ肉はふわふわ、ゴーヤはしゃきしゃきとしていて、とても美味しかったです。ゴーヤの苦味がなんともいえないですね。そして、ナスビとワカメのお吸い物も、ナスビにおつゆがしみこんでいて、おいしかったです。ナスビが食卓に並ぶと、「あー、夏が来たな」と感じますね。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

最近、食欲がなくなってきたのですが、今日のレタスの白和えは、とても食べやすかったです。昔、白和えは苦手だったのですが、今では、大好物になりそうです。今日の白和えは甘みもあったように感じました。使う食材によって、いろんな味が楽しめそうですね。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

レタスの白和えは、シャキシャキとしっとり、どちらの食感も味わえ、不思議な感じでした。レタスがみずみずしいものだからか、白和えもその分、軽い口当たりだったように思います。今日のゴーヤは、あまり苦味を感じませんでした。塩もみ以外に何か苦味対策をされたのですか?

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

レタスの白和え!初めて食べるメニューでした。レタスのシャリシャリした食感も残っていましたね。おいしい。どんな食材の組み合わせも、白和えには、合うんだなとびっくりしました!鶏もふっくらとやわらかく、おいしかったです!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜の鶏肉は、酒をもみ込んで、パサパサにならないようにしています。
下田さん、いろいろなゴーヤ料理を楽しんでいただけているようでよかったです(^^)もう少しゴーヤが続くので、そちらも楽しんでいただけたら幸いです。
平山さん、本日のゴーヤは炒めたものなので、塩もみはしていません。(サラダのように、生で食べて味がしみ込みにくいものは塩もみをします。)主菜は、味噌ベースで炒めているので、苦味が抑えられています。ゴーヤの苦味を抑えたいときは、コクのあるものや辛味のあるものを使用するとよいですよ。

副菜の白和えは、使用する材料によって味が変わります。また、人によっては、甘めの味付けをしたりするので、食べ比べをして、おいしいと感じる味付けを探してみてくださいね♪
高橋さん、苦手なものがひとつ減って嬉しいです(^^)家でもぜひ、チャレンジしてみてくださいね!!

古市さん、旬の野菜をみると、『もう、こんな季節か…』と感じますね。食事からも四季を感じていただけて嬉しいです♪

 


ページトップへ