献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、食物繊維をたっぷり含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

肌が荒れているのは、肌に栄養がしっかり届いていないためです。

肌や体に必要な栄養素は、腸から吸収されています。

そのため、腸内に老廃物がたまっていると、食べ物から栄養素を体内に吸収しにくくなってしまいます(;_;)

また、腸内の老廃物が長期間とどまることで、ガスが発生します。

発生したガスは、腸から体内に吸収されて肌細胞に届けられると、肌荒れの原因につながってしまいます。

これらのことを防ぐためには、腸内の環境を整えることが必要です。

本日のレシピに多く含まれている食物繊維は、腸の内側を刺激して腸の運動を促したり、腸内の老廃物の量を増やすことで、腸にとどまった老廃物を体外に排出することを促します。

本日のレシピで食物繊維を摂取し、腸内環境を整えて、肌に栄養素をしっかり届けられるようにしていきましょう☆彡

本日使用した食材では、ナス、ワカメ、エノキに食物繊維が多く含まれていますよ(・▽・◎)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 494 kcal( 26 %)
タンパク質 20.5 g( 29 %) ビタミンB1 0.24 mg( 24 %)
脂質 13.3 g( 29 %) ビタミンB2 0.29 mg( 26 %)
炭水化物 71.8 g( 24 %) ビタミンB6 0.43 mg( 43 %)
カリウム 939 mg( 52 %) ビタミンB12 1.7 mg( 87 %)
亜鉛 5.5 mg( 78 %) ビタミンC 22 mg( 28 %)
2.3 mg( 30 %) 食物繊維 5.9 g( 33 %)
ビタミンA 163 μg( 36 %) 食塩相当量 2.7 g( 30 %)
ビタミンE 0.9 mg( 11 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

最近、湿度も低くなり、カラっとした毎日が続いていて、とても過ごしやすいですね(^^)

しかし、空気が乾燥してきたので、私の唇が少しガサガサしてきました…

唇は、肌の構造と比べると薄いため、保湿機能がとても弱いのです。

保湿機能が弱いと、外の刺激に対して敏感に反応し、トラブルがすぐに起きてしまいます。

よって、リップを使用して、唇の保湿機能を高めるのですが、私の唇には、スティックタイプのリップが使えないんです(´_`。)

どうやら、リップを固める成分に反応して、唇が荒れてしまうそうです。

そのため、私は、毎年『ワセリン』にお世話になっています。

余分な成分が入っていないので、私の唇でも荒れることがなく、乾燥を防いでくれます(・ω・)/
(*あくまでも、個人で使用した感想です。)

リップ類は、乾燥を防ぐことが目的なので、必ず、『あ、そろそろ唇が荒れそう!』と、思ったときに使用してくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

焼きナスに秋を感じました!そして、器のなかにこんもり盛られた一口サイズの焼きナスがとっても上品でした。汁物のやさしい味はエノキの出汁なのでしょうか。ほっとしました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

ナスの副菜は、ナスと一緒に大根おろしを口に含んだとき、ナスと大根おろしの両方からじゅわ~っとダシがあふれ出て、とっても美味しかったです。お味噌汁は、いつもよりも味噌が濃い目だったように感じました。エノキのとろみもあいまって、そのように感じたのかもしれませんが、、、。エノキもわかめもしゃきしゃきとして、歯ごたえも楽しめました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

副菜のナスが、とても好きなメニューでした。見た目も、和食料理屋さんに来たような、美しさがありました。
好きなメニューが出ると、「もっと食べたい」と我慢できなくなり、喜屋武さんのレシピを見ながら、たくさんの量を作ってしまうときがあります。今日の副菜も、同じことをしそうでしたが、美しく盛り付けてあるのを見て、このくらいの量が1番良いんだろうな、と思い直しました。美しい盛り付けは、食べすぎも防いでくれるのですね。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

ナスのおろし乗せ?は、さっぱりとして、まだまだ暑いこの時期、すごく食べやすかったです。もっと食べたくなりました。肉じゃがの芋は少しかためでしたね。あえてあのかたさにされたのですか?芋の種類によるものでしょうか。お箸で掴みやすくて、荷崩れしないから、芋は芋として味わえるところがよいなと思いました。(荷崩れして、芋がほぼ消えてなくなった肉じゃがも好きです!)

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

わかめの歯ごたえにびっくりしました。こりこりとしていて、生わかめなのかな?茎の部分かな?と想像して食べてました。乾燥わかめだったとは!と驚きました。この歯ごたえの残し方、コントロールできたら、副菜を作る際の良いアクセントにもなりそうですね。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜の焼きナスは、レンジを使用して作りました。私自身、焼きナスは大好きなのです、もっとお手軽に作れないかと思い、作り方をいろいろ調べて、レンジで作る方法にいたりました。レンジの便利なところは、目を離していてもいいという点です。別の作業ができるので、とっても助かります(^^)
また、大根おろしに味付けしているのは、めんつゆ(三倍の濃縮)なので、今回の焼きナスは、見た目よりもお手軽に作れるんです。ぜひお試しください♪

平山さん、肉じゃがの芋は、いつも男爵を使用するのですが、今回は、ジャガイモのゴロゴロとした感じを出したかったので、荷崩れをしにくいメークインを使用しました。ジャガイモをガツンと食べたい方にいいですね(^^)

濱谷さん、汁物のワカメは、水で戻す時間をいつもより短くしました。トロトロのワカメもいいですが、シャキシャキしたワカメもいいですね♪水で戻す規定時間の2分程前に取り出すと、シャキシャキのワカメを楽しめますよ!!

 


ページトップへ