献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、食物繊維を豊富に含んだ【便秘対策】レシピです♪

食物繊維には、腸内の老廃物を体外へ排出する働きが2つあります。

【1】腸内の老廃物の量を増やす

食物繊維には、水分を吸収すると膨れる性質があります。

水分を多く含んだ老廃物は、やわらかくなるため、スムーズな排泄を促せます。

【2】腸の運動を促す

腸内の老廃物は、腸の運動によって体外へと排出されます。

人の消化酵素では消化できない食物繊維は、大腸まで運ばれると腸内を刺激し、腸の運動を促す働きがあります。

便秘の対策を行うために食物繊維を摂取して、これらの働きを促していきましょう☆彡

本日使用した食材では、ホウレンソウ、バターナッツ(旬)、ゴボウに食物繊維が多く含まれていますよ(´∀`◎)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 410 kcal( 22 %)
タンパク質 21.2 g( 30 %) ビタミンB1 0.23 mg( 23 %)
脂質 4.1 g( 9 %) ビタミンB2 0.24 mg( 22 %)
炭水化物 70.6 g( 24 %) ビタミンB6 0.4 mg( 40 %)
カリウム 970 mg( 54 %) ビタミンB12 1 mg( 52 %)
亜鉛 2 mg( 28 %) ビタミンC 65 mg( 81 %)
1.5 mg( 20 %) 食物繊維 5.6 g( 31 %)
ビタミンA 315 μg( 70 %) 食塩相当量 2.9 g( 32 %)
ビタミンE 3.6 mg( 45 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、旬のバターナッツを使用しました♪

アースケアのテラスでも育てていたバターナッツは、アメリカでは有名な野菜です。

しかし、日本では、まだまだ見慣れない野菜ですので、本日はバターナッツについてお話をしますね(^^)

バターナッツとは、カボチャの仲間で、表面はツルツルとしていて、果肉はオレンジ色です。

味は、甘味が強く、食感は粘度があり、もったりとしています。

薄切りにして炒めたり、ポタージュとして使用するのにピッタリの野菜です。

さらに栄養面では、ビタミンAやビタミンCが豊富に含まれています。

これらの栄養素には、抗酸化作用があり、しわやシミが現れることを予防しているのです(´ω`●)

スーパーではなかなか見かけないかもしれませんが、もし見かけたら、肌にとって重要な働きをするバターナッツを手にとってみてくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

トマトがとっても甘かったです。ドライトマトってお菓子みたいに甘いと思うのですが、それを彷彿とさせられました。カボチャとニンジンとトマトという強い色みは見るだけでも元気がでます。パスタやパンともあいそうだと思いました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

副菜のトマトクリームソース和え、とっても美味しかったです。最近、トマトクリームソースを作って、パスタ以外の使い道が思い浮かばなかったので、すごく参考になりました!

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

昨日買ったタラが、今日の主菜のようになるとは思ってもみなかったので、驚きました。自分では、身をほぐして炒める、という発想には至らないので、勉強になりました。
副菜は、昨日から楽しみにしていました♪トマトの赤とカボチャやニンジンの黄色が混ざると、色合いがとても鮮やかになりますね。甘味があっておいしかったです。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

魚のペペロン炒めを具にしてパスタが食べたいな、と思う味でした!辛味が得意ではない私ですが、もう少しトウバンジャンが入っていても、おいしくいただけたと思います^^副菜は、色が鮮やかで驚きました!副菜を口に入れた瞬間は、カボチャとニンジン、トマトの甘みを感じますが、噛んでいるうちにダイコンの苦味も楽しむことができました。一度で二度、おいしさを楽しめるレシピですね。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

魚の炒め物ってめずらしいですね!しかも中華とかではなく、洋食。不思議な感じでした。パスタのソースにもなりそうですし、たくさんのレタスの上にかけてボリューム満点のサラダもおいしそうです!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜のタラの炒め物は、一口大に切ったタラを最初に焼いて、野菜を炒めた後で加えました。炒めている間にほぐれていくので、ゴロゴロした身を楽しみたい場合は、味付けを終えてから軽く和えることをオススメします。
本日は、炒め物として提供しましたが、平山さんと濱谷さんのコメントにもあるように、パスタと一緒に和えるのもオススメです。ぜひ、ご活用くださいね(^^)

副菜は、トマトクリームソースでした。甘味の強い野菜と煮ることで、クリームソースがよりマイルドに仕上がります。
色合いも華やかなので、食卓に彩を取り入れたいときにオススメです。
下田さん、自然の甘味を堪能していただけてよかったです。もう少し寒くなったら、トマトクリームソースのパスタにもチャレンジしてみます♪
古市さん、普段の食事の参考となってよかったです(^^)他にも、グラタンとして使用してみると、おいしいと思いますよ!

 


ページトップへ