献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンEをたくさん含んだ【便秘対策】レシピです♪

ビタミンEには、血行を促進する働きがあります。

体の臓器は、血液から酸素や栄養素を受取り、働いています。

そのため、血行不良になると、腸の働きは悪くなり、腸内の老廃物の排出がうまくいかなくなります(´д`)

また、肌の新陳代謝の低下にもつながってしまいます。

このようなことが起きないように、ビタミンEの摂取によって血行をよくし、腸の運動を促して便秘の対策を行っていきましょう☆彡

本日使用した食材では、カボチャとカブの葉にビタミンEが多く含まれていますよ(^ω^)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 546 kcal( 29 %)
タンパク質 20.3 g( 29 %) ビタミンB1 0.52 mg( 52 %)
脂質 17.1 g( 37 %) ビタミンB2 0.33 mg( 30 %)
炭水化物 74.7 g( 25 %) ビタミンB6 0.46 mg( 46 %)
カリウム 834 mg( 46 %) ビタミンB12 0.4 mg( 21 %)
亜鉛 3.4 mg( 49 %) ビタミンC 45 mg( 57 %)
2 mg( 27 %) 食物繊維 5 g( 28 %)
ビタミンA 331 μg( 74 %) 食塩相当量 2.8 g( 31 %)
ビタミンE 3.2 mg( 40 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

最近、めっきり寒くなってきましたね(>д<)

我が家では、早々にこたつを出しました。

さすがに、まだ電源は入れていませんけどねσ(=ω=;)

しかし、こたつに入っていると、電源を入れていないのに、なぜだか体が温かいんです。

その理由を考えてみて、行き着いた答えは、『お腹(腸)を温めていること』だと思いました。

私のこたつ布団は、ちょうどお腹のあたりを温めています。

そして、お腹(腸)が温まることで、温かい血液が全身に送られます。

また、お腹(腸)が温まると、内臓の運動が活発になり、新陳代謝がアップします。

その結果、身体が温まりやすくなるのです。

身体の冷えは、さまざまなトラブルを引き起こすので、日中には腹巻などをして、お腹を温めてくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

手作りのシチュー感がたっぷりでした。昔、シチューは市販のルーで作るものだと思っていましたが、手作りできることを知ってからは、手作りシチューのほうがまろやかで好きです。シチューと梅和えというのは不思議な取り合わせだと思いましたが、違和感なく、さっぱりおいしくいただきました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

シチューに入っていたハクサイが、シャキシャキしていて、濃くなりがちなシチューもサッパリといただくことができました。そして副菜のカブの梅和えに、マッシュルームが入っていてとっても驚きましたが、コンソメとオリーブオイルが入っているせいか、マッシュルームだけ味がうくということもなくて、美味しかったです。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

シチューに、普段はあまり見ないバターナッツやハクサイが入っていて驚きましたが、やさしい味わいのシチューで、お気に入りになりました!色も、あたたかみのあるオレンジ色で、見た目にもきれいでした。
副菜のウメ和えは、いつもよりも甘味がありました。材料がカブだったからでしょうか?それとも、オリーブオイルが入っていたからでしょうか?

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

バターナッツのシチューは、甘みがあっておいしかったです!以前にカボチャ入りのシチューをつくったとき、なるべく具材を潰さないように・・・気をつけたのですが、今日のように、最初から潰して入れてしまうのもよいですね。シチューの味全体に甘みが出ますね。トマトを入れてみるのもありだなと思いました。少し酸味が出てしまうかな。。。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

白菜の入った、シチュー、大好きです。家で作ることも多いのですが、さっぱりとしていて、ついつい食べ過ぎてしまいます。今日食べているときに、食感のある具材をたくさん入れて、おなかいっぱいになるように工夫すればいいんだ!と気づきました。きのこを大ぶりにして入れたり、家でも工夫してみます。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜のシチューは、とってもお手軽な調味料で作られているので、家でも簡単に作ることができます(^^)本日は、バターナッツをお鍋の中でペースト状にして甘味を加えたので、牛乳ではなく、豆乳を使用して軽めの味付けにしました。また、旬のハクサイは食感を残すために、後入れにしています。クタクタのハクサイがお好きな方は、最初の段階から加えて煮てくださいね(^^)
平山さん、トマトのクリームシチューもおいしそうですね(*´ー`)酸味が強いかもしれないので、少量の生クリームを入れたいところです。
濱谷さん、おおぶりのキノコを入れると、食べ応えがでそうですね♪家で作って食べた感想を聞かせてくださいねっ!!

副菜の梅和えは、オリーブオイルで味付けをして洋風にしました。また、材料には、最初から少し味が付いている水煮缶のマッシュルームを使用しました。生のマッシュルームを使用すると、梅の味がきつくなりそうだったので、水煮缶のマッシュルームを使用しています。
下田さん、なかなかない取り合わせですが、梅和えをさっぱりと食べていただけたようで良かったです♪
高橋さん、甘味の正体はオリーブオイルかもしれません。脂質が加わることでマイルドな味になるので(^^)

 


ページトップへ