献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、亜鉛を豊富に含んだ【ヘアケア】レシピです♪

肌は新しい細胞が作られないと、乾燥したり肌荒れを起こしたりと、さまざまなトラブルが起きますよね??(´・ω・)
それと同じように、髪も新しい細胞が作られないと、枝毛や切れ毛などのトラブルを起こしてしまいます。

このようなことを予防するためには、亜鉛を摂取することが大切です。

なぜなら、亜鉛は、新しい細胞を作る働きに関係しているからです。

本日のレシピには、亜鉛がたっぷり含まれています。
亜鉛を身体に補って、美しい髪を作っていきましょうね☆彡

本日使用した食材では、ブリに亜鉛が多く含まれていますよ(○’ω’)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 546 kcal( 29 %)
タンパク質 25.7 g( 36 %) ビタミンB1 0.35 mg( 35 %)
脂質 15.4 g( 33 %) ビタミンB2 0.5 mg( 46 %)
炭水化物 72.7 g( 24 %) ビタミンB6 0.64 mg( 64 %)
カリウム 1129 mg( 63 %) ビタミンB12 3.5 mg( 176 %)
亜鉛 2.2 mg( 32 %) ビタミンC 38 mg( 48 %)
3.1 mg( 42 %) 食物繊維 6.4 g( 35 %)
ビタミンA 366 μg( 81 %) 食塩相当量 3 g( 34 %)
ビタミンE 3.5 mg( 44 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、主菜で使用した旬のブリについてお話をします(^^)

ブリには、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれています。
これらの栄養素は、悪玉コレステロールを分解し、善玉コレステロールを増やします。

悪玉コレステロールは、肝臓のコレステロールを身体のあちこちに運んでいます。
そのため、悪玉コレステロールが過剰になると、運ばれたコレステロールで血管がつまったり、血管を硬くして動脈硬化を引き起こします。

反対に、善玉コレステロールは、身体のあちこちに運ばれたコレステロールを肝臓に運ぶ働きをし、血液の流れをスムーズにします。

血管の流れが滞ると、十分な栄養素を細胞に届けることができません。
細胞に栄養素が不足すると、肌の生まれ変わりが遅くなり、肌荒れの原因につながります。

健康維持とキレイ肌を作るために、本日のレシピでDHAとEPAを摂取していきしょうね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

肉厚のお魚とってもおいしかったです。つけあわせのシイタケも煮汁がしみ込んでいて旨みを噛みしめながらいただきました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

食堂に入る前から、シイタケのいい香りがしていましたね。今日のレシピはすべてがほっとする味で、とても美味しかったです。魚はとっても肉厚で、味がしみているのに硬くなっていなかったですね。シイタケのだしが効いていたからでしょうか・・・

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

今日は、主菜にも副菜にもショウガが入っていましたので、少し肌寒く感じるこの季節には、うれしいメニューでした。
ふわふわの身の魚もおいしかったのですが、横に添えてあった野菜(特にシイタケ)が、しっかりと味がしみこんでいて、とてもおいしかったです!シイタケは、生シイタケよりも、干しシイタケのほうがうまみがあるのですね。勉強になりました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜は温めて食べてもおいしそうですね!でも、これは冷たい方が味が染みているように感じておいしいレシピなのでしょうか。シイタケが肉厚でした・・・・数も多かった・・・・シイタケ好きにはたまらないんだろうなと思いながら、つゆをいっぱい吸い込んだシイタケを「これは、おいしいんだ!」と思いながらいただきました。ご馳走様でした。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

お魚の身がしっかりとしていました。今日の煮付けは中まで味がしみていて、ご飯が進みました。干しシイタケのしっかりとした食感が魚の弾力に負けず、おいしかったです。干しシイタケも、軸を一緒に煮込むことで、食感が変わっておいしかったです。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の主菜は、今が旬のブリの煮付けでした。脂がのっているので、身がふわふわとしていて柔らかかったですね。魚は火にかけすぎると、硬くなってしまいますので、短時間で煮付けて、煮浸しにすることがポイントです。
また、本日使用している干し椎茸は、旨味がギュッと詰まっているので、煮物にぴったりの食材です♪
高橋さん、生シイタケは、風味が良いので、焼いたり、炒めたりするときに使用するのが良いですよ(^^)

副菜のハクサイは水分が多いので、レンジで温めて水分を絞ってから使用してください。水分が多いまま使用すると、味が薄くなりすぎるので、要注意ですっ!!

 


ページトップへ