献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • 脂性肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、鉄分を豊富に含んだ【脂性肌対策】レシピです♪

皮脂は、さまざまな原因で過剰に分泌されます。
実は、【肌の乾燥】も皮脂が過剰に分泌される原因の一つなのです。

皮脂の本来の働きは、肌を保護することです。

そのため、肌が乾燥していると、ウイルスや細菌から肌を保護しようとして、皮脂がたくさん分泌されます。
つまり、肌の乾燥を防ぐことで、脂性肌を改善することができるのです。

本日のレシピに多く含まれている鉄分には、肌細胞に酸素を届けて乾燥肌を改善する働きがあります。
鉄分をたっぷり身体に補って、乾燥肌を改善し、皮脂の過剰分泌を予防していきましょう☆彡

本日使用した食材では、ホウレンソウ、切干大根に鉄分が多く含まれていますよ(・▽・)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 477 kcal( 25 %)
タンパク質 28.8 g( 41 %) ビタミンB1 0.41 mg( 41 %)
脂質 7.8 g( 17 %) ビタミンB2 0.33 mg( 30 %)
炭水化物 69.9 g( 23 %) ビタミンB6 0.63 mg( 63 %)
カリウム 1285 mg( 71 %) ビタミンB12 8.1 mg( 407 %)
亜鉛 2.2 mg( 31 %) ビタミンC 31 mg( 39 %)
2.6 mg( 35 %) 食物繊維 5.4 g( 30 %)
ビタミンA 288 μg( 64 %) 食塩相当量 3.2 g( 36 %)
ビタミンE 2.8 mg( 35 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

昨年の12月にスタッフの高橋と一緒に、干し柿を作りました(^^)

干し柿を作るにあたって、渋柿を干す準備のときに、葉を切り取ろうとして干すための紐をくくる枝をもぎ取ったり(枝もぎ取り事件はコチラ)、早い段階で柿をもみ始めて、柿の実が出てきたり(中身飛び出し事件はコチラ)と、紆余曲折ありました…(;^_^A

そして、干し柿がやっとこさ完成しました!

(完成した干し柿の様子)
↓↓

完成した干し柿の様子

高橋が完成した干し柿の味見をしてみました。

まずは干し柿の匂いをかぐ高橋。
↓↓

まずは干し柿の匂いをかぐ高橋

次にガブリと干し柿に食らいつく高橋。
↓↓

次にガブリと干し柿に食らいつく高橋

食らいついた後に微笑む高橋。
↓↓

食らいついた後に微笑む高橋

どうやら、大満足の一品に仕上がったようです(笑)

しかし、まだまだ食べ足りなかったのか、数時間後には干し柿をもう一つ頬張っていた高橋なのでした☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

タツタ揚げ~サクサクした皮の歯ごたえと、甘め辛いようなこってりタレが絶妙でとてもおいしかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

魚のタツタ揚げとてもおいしかったです。衣をつけて揚げると、タレがよくからんで、淡白な魚もおいしくいただけました。にらたっぷりのスープは、にらの香りが消えていて飲みやすかったです。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

魚の皮は苦手だったのですが、今日の主菜は、魚の皮がカリッとしていて、とてもおいしかったです。タレとも相性抜群で、お気に入りのメニューになりました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

魚のタツタ揚げ。おいしかったです!タレがなんともいえない旨さ。ショウガがピリっと効いているので、寒い時期にぴったりの味付けだなーと思いました。添え野菜のシイタケ・・・・生な感じの柔い食感が少し苦手でした><(でも!味はおいしかったです^^)

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

お魚に衣がついていると、味がしっかりとからまりますね。分厚い切り身だったので、周りに濃い目の味がからまっていることで、中の淡白な味も最後まで楽しめました。また、シイタケがしっかりと食感がでていておいしかったです。今日のシイタケは生のしいたけでしょうか。あと、ニラいっぱいのスープはあたたまりました。ニラには体を温める作用がありますか?単純にスープで身体があたたまったのでしょうか。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日のタツタ揚げは、油で揚げたのではなく、サケに油をぬって、片栗粉をまぶしてオーブンで焼きました(^^)そのため、油で揚げる普通のタツタ揚げよりもカロリーをぐっと抑えられています。
また、タレは魚をつけていたタレを利用しています。とろみをつけることでタツタ揚げにしたものにも絡まりやすくなっています。
平山さん、他の野菜がシャキシャキしていたため、シイタケ独特の柔らかい食感がより誇張されていましたね。シイタケを残さず食べていただきありがとうございます。
濱谷さん、本日使用したシイタケは生のものです。キノコ類は食感が多種多様なので、おもしろいですね(^^)

副菜は、ヤマイモを使用して味をからみやすくしています。とろみのある食材を上手に使用して、調味料の使用量を減らしてくださいね♪

汁物のニラは、血行をよくするので身体を温める働きがあります。今からの季節にぴったりの食材ですよ。

 


ページトップへ