献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンCを豊富に含んだ【便秘対策】レシピです♪

便秘の原因のひとつとしてあげられるのが、ストレスです。

ストレスと便秘のつながりを簡単にまとめると、以下のような流れです。

・ストレスを感じる

・自律神経が乱れる

・自律神経にコントロールされている腸の運動が低下する

・腸内の老廃物を排出する働きが低下する

・便秘になる

私も睡眠不足や悩みごとがあるときなど、身体にストレスがかかっているときは、便秘によくなるんですε=(´д`;)

ただ、私の場合は、腸が動く『コロコロ』という音が鳴らなくなるので、「あ、便秘になりそうだ」とすぐに分かります。

なんとも便利な身体の仕組み(笑)

私のように便秘を察知できれば良いのですが、自分が知らないうちにストレスを感じていて、気が付けば便秘になっていることもあります。

食物繊維をたっぷり摂取しているのに便秘が改善されない方は、ストレスによる便秘の可能性が考えられます(^^)

そのため、本日のレシピでストレスを緩和させるビタミンCをたっぷり摂取して、便秘対策を行っていきましょう☆彡

本日使用した食材では、カボチャ、トウミョウ、ブロッコリーにビタミンCが多く含まれていますよ( ´ ▽ ` )ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 481 kcal( 25 %)
タンパク質 21.4 g( 30 %) ビタミンB1 0.22 mg( 22 %)
脂質 13.9 g( 30 %) ビタミンB2 0.36 mg( 32 %)
炭水化物 65.9 g( 22 %) ビタミンB6 0.4 mg( 40 %)
カリウム 775 mg( 43 %) ビタミンB12 0.4 mg( 19 %)
亜鉛 2.7 mg( 39 %) ビタミンC 55 mg( 69 %)
2.8 mg( 37 %) 食物繊維 5.8 g( 32 %)
ビタミンA 341 μg( 76 %) 食塩相当量 2.6 g( 29 %)
ビタミンE 2.4 mg( 30 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先ほど、『自律神経が乱れると便秘になる』というお話をしました。
ので、ここで、『自律神経の乱れを整える簡単な方法』も、ご紹介したいと思います(^^)

まずは、自律神経について少し説明をしますね。

自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つに分かれます。

・交感神経:運動時やハイテンションのときに働く
・副交感神経:睡眠時やリラックスをしているときに働く

このように、交感神経が働いているときは、副交感神経は休み、交感神経が休んでいるときは、副交感神経は働いています。

寝ているのにハイテンションの人なんてなかなか見かけませんよね(^^;)

つまり、交感神経と副交感神経は、バランスを保ちながら働いているのです。

そのため、『自律神経が乱れる』とは、交感神経と副交感神経の働くバランスが崩れるということです。

では、本題である【自律神経の乱れを整える簡単な方法】とはどのような方法なのかといいますと…


すばり、 【深呼吸】  です。

たったそれだけ!?と思われた方も多いと思います。

深呼吸は、副交感神経の働きを高めるので、ストレスなどで自律神経が乱れたときに有効な方法なのです。

ストレスなどで自律神経が乱れた状態は、以下のようなイメージです。
【交感神経】>>>【副交感神経】

そこで、深呼吸をすると、以下のようなイメージになります。
【交感神経】>【副交感神経】

このように、深呼吸が自律神経の乱れを整えていくのです。

忙しい日々が続くとストレスを感じやすくなります。
そのようなときは、深呼吸を少し行なって自律神経の乱れを整えてくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

旨煮は具材が大きめで食べ応えがありました。とろりとした見た目から想像していたよりも、さっぱりした味付けでした。スープがしっかりした味つけだったので、そのバランスが良かったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

主菜の椎茸はとっても肉厚でしたね。そして、噛んだ瞬間、出汁がじゅわ~っと出てきてとってもおいしかったです。とろみがあることで、温かさがキープされていて、今日みたいな寒い日にはぴったりのメニューでした

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

今日は寒波が押し寄せ、とても寒かったので、とろみがあり、体がぽかぽかするメニューがうれしかったです。主菜は、鶏肉がやわらかくて、野菜には味がしみこみ、とてもおいしかったです。副菜は、あっさりしていながらも、ショウガの味がアクセントとなっていました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

今日の白和えは、あっさりとした味付けでした。お味噌をつかった濃い味もよいけど、今日のような味付けも好きです。主菜は、お汁にうま味が詰まってそうですね。最後、お汁がいっぱい残ってしまったので、何かよい活用方法がないかなーと考えたのですが、ごはんにかけるくらいしか思いつきませんでした><何かよい方法はありますか?

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

今日の白和え、いつもと味付けが違いますか?お豆腐の味がしっかり感じられました。あと、白和えにヒジキが入っていると、おいしいですね。ヒジキが苦手なお子さんでも、これなら食べられるのかな?と思いました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜は、干し椎茸の戻し汁を使用しました。そのため、材料に旨味がギュッと詰まっています。さらに、片栗粉でとろみをつけているので、煮汁が材料に絡み、味がなじみやすくなります。
また、古市さんと高橋さんのコメントにもあるように、とろみがある料理を食べるとと身体が温まりやすくなります。これは、温かいものが身体の中をゆっくり移動することで、身体を芯から温めるからです。寒い日が続いていますので、身体の芯からしっかり温めてくださいね(^^)
平山さん、煮汁が余った場合は、私もご飯にかけますねσ(^^;)ただ、タマネギを薄く切って煮汁で煮て、卵丼にするとよりおいしいですよ(*´ー`)

本日の副菜は、鶏ガラとゴマ油を使った中華風の白和えでした。しょうがを入れることでさっぱりとした味わいになっています。
濱谷さん、ヒジキの味が豆腐によって少し緩和されているので、ヒジキが苦手なお子さんでも食べられそうですね(^^)ヒジキ嫌いの方に一度チャレンジしていただきたいレシピです♪

 


ページトップへ