献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、食物繊維を豊富に含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

肌荒れが起こる原因はさまざまあり、便秘によっても引き起こされます。
便秘が原因となる理由は、大きく分けて2つです。

1つ目の理由は、肌細胞に必要な栄養素が不足することです。

栄養素は、腸から吸収されていますが、もしも、腸内に老廃物がたまってしまうと、それらが栄養素の吸収を邪魔して、体内に必要な栄養素が不足してしまいます( ;´Д`)

栄養素が不足することで、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)のサイクルが乱れ、肌に古い細胞が多くなります。

2つ目の理由は、腸内のガスが体内に吸収されることです。

腸内に老廃物が長期間とどまることで、ガスが発生します。

発生したガスは腸から体内に吸収されると、肌細胞に届けられます。
すると、ターンオーバーのサイクルが乱れ、肌荒れの原因になってしまうのです。

これらのことを防ぐには、食物繊維を摂取して、便秘を改善することが大切です。

食物繊維は、腸の内側を刺激して腸の運動を促したり、腸内の老廃物の量を増やすことで、老廃物が腸内にとどまらないようにします。

本日のレシピにたっぷりと含まれている食物繊維で、便秘による肌荒れを予防していきましょう☆彡

本日使用した食材では、大豆、キクラゲ、ナメコに食物繊維が多く含まれていますよ♪( ´▽`)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 494 kcal( 26 %)
タンパク質 21 g( 30 %) ビタミンB1 0.21 mg( 21 %)
脂質 13.7 g( 30 %) ビタミンB2 0.35 mg( 32 %)
炭水化物 69.1 g( 23 %) ビタミンB6 0.36 mg( 36 %)
カリウム 849 mg( 47 %) ビタミンB12 1.3 mg( 65 %)
亜鉛 5.6 mg( 80 %) ビタミンC 20 mg( 25 %)
3.6 mg( 48 %) 食物繊維 5.6 g( 31 %)
ビタミンA 234 μg( 52 %) 食塩相当量 2.4 g( 27 %)
ビタミンE 1.2 mg( 15 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、少し変わったもみじ饅頭をいただきました。

そのもみじ饅頭が下の写真です(^^)/
↓↓

ホワイトチョコがコーティングされたもみじ饅頭

こちらは、ホワイトチョコがコーティングされたもみじ饅頭です♪
(にしき堂さんの『ホワイト』という商品です)

中にチョコレートが入っているもみじ饅頭は食べたことがありますが、ホワイトチョコレートを身にまとっているものは、初めて見ました(・o・)

『メープルチョコレート』というホワイトチョコのようです。
(『White』と書かれている下に『Maple Chocolate』と記載されています。)

これは、あくまで私の推測なのですが、メープルシロップの原料となるカエデの木の葉が、もみじと同じ『手』のような形をしているので、使用したのかもしれませんね♪(´ε` )

それでは、早速一口。
口に入れて、びっくり!!
ホワイトチョコレートだったので、甘めの味を想像していたのですが、クリームチーズが入っていて、ほどよい酸味があり、さっぱりとしていました(*´ー`)

ちなみに、中身はこんな感じです。
↓↓

中身はこんな感じ

ホワイトチョコとクリームチーズの酸味が絶妙でおいしかったです!

にしき堂さんのホームページを拝見すると、メープルチョコレートでコーティングされているものは、あと2種類ありました。

今度、広島を訪れたときに買ってみたいと思います( ^ω^ )

少し変わったもみじ饅頭に舌鼓を打ち、大満足の私なのでした☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

今日は無意識のうちにおかずをご飯の上にのせて食べていました。中華風味噌煮、こってりして、でも重たくなくて、おいしかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

中華風味噌煮ということだったんですが、すき焼きの味に似ていました。卵をつけて、お肉を食べたくなりました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

主菜は、ご飯によく合っていて、最初から丼になっていても良いくらいでした。とろみがあり、体もぽかぽかあたたかくなりましたので、これからの季節、大活躍しそうなメニューですね。お肉もたっぷりなのに、組み合わせによってカロリーがおさえられることも、うれしいです!

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

足の冷えを感じていたので、温かいスープが染み渡りました。主菜は、見ためすごく重そう(濃そう)なのに、食べてみるとそう重くはなかったです。ご飯によく合う味付けでした!

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

スープの塩気がちょうどよくって、じわーっと旨みを感じました。お豆のスープ、おいしいです。主菜のごぼうの歯ごたえがおいしかったです。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜は、こってりしている印象を受けますが、油を使用していないので、食べたときの重たさはありません。(片栗粉を使用しているので、つやによって重たく見えるのかもしれませんね(^^;) )
また、スタッフのコメントにもあるように、味噌をベースにした味付けになっているので、ご飯との相性もばっちりです。
高橋さん、とろみがある食材は、温かさを保ったまま消化器官を通過していきますので、身体を芯から温めます。これからだんだん寒くなってきますので、食事からの寒さ対策も大切ですね(^^)

平山さん、濱谷さん、冷えは身体にとってもよくないので、スープで身体がじんわり温まってよかったです♪お豆のスープはホクホクするのでおいしいですね(^^)

 


ページトップへ