献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB2を豊富に含んだ【肌荒れ対策】レシピです♪

ビタミンB2は、抗酸化作用がある酵素の働きをサポートする栄養素です。

抗酸化作用とは、細胞を酸化させる活性酸素の働きを邪魔する作用です。

もしも、肌細胞が活性酸素によって酸化されると、肌のバリア機能は低下します。
すると、肌は水分を保つ働きが弱くなり、肌に含まれている水分が蒸発しやすくなるのです(ー ー;)

肌の水分が不足すると、ガサガサとした乾燥肌になってしまいます。

また、バリア機能が低下することにより、ニキビを悪化させるアクネ菌にも敏感に反応しやすくなるので、ポツンと大きなニキビが現れたりします。

このような肌荒れを防ぐためには、抗酸化作用によって、活性酸素の働きを食い止めなければなりません(´・Д・)」

ですので、本日のレシピで抗酸化作用の働きサポートするビタミンB2をたっぷり摂取して、肌荒れ対策を行ってくださいね☆彡

本日使用した食材では、サバ、シイタケにビタミンB2が多く含まれていますよ(=゚ω゚)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 541 kcal( 28 %)
タンパク質 27 g( 38 %) ビタミンB1 0.33 mg( 33 %)
脂質 13.8 g( 30 %) ビタミンB2 0.48 mg( 44 %)
炭水化物 76.5 g( 26 %) ビタミンB6 0.71 mg( 71 %)
カリウム 1063 mg( 59 %) ビタミンB12 9 mg( 448 %)
亜鉛 2.7 mg( 38 %) ビタミンC 27 mg( 33 %)
3 mg( 40 %) 食物繊維 7.9 g( 44 %)
ビタミンA 210 μg( 47 %) 食塩相当量 3.3 g( 37 %)
ビタミンE 1.6 mg( 20 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、タイへ遊びに行っていた友達から、ドライフルーツのマンゴーをもらいました。
(お土産の写真)
↓↓

ドライフルーツのマンゴー

本当のことを言うと、私、ドライフルーツもマンゴーもあまり得意ではないんです・・・

ただ、このお土産をくれた友達も、「ドライフルーツが苦手だけど、これはおいしかったからお土産に買ってきた」と言っていました。
私は、その話を聞き、せっかく友達からもらったものだからと思いつつ、躊躇しながら一口パクリ。

「あっ!おいしい。」と、すんなり食べられました(^^)


実は、食べ物の味は、感情によって大きく左右されるんです。

人は、脳の『扁桃体(へんとうたい)』で、食べ物の好き嫌いを判断します。
扁桃体とは、自分が経験したことに対して、好き嫌い、快や不快、喜怒哀楽の評価をし、情報を記憶する場所です。

例えば、あなたの周りで、「好きな食べ物をたくさん食べ過ぎて、その食べ物が嫌いになった。」という経験を持っている方はいませんか??(・0・)

これは、『好きだった食べ物』が、扁桃体に【食べ過ぎて気持ち悪い→不快】と記録され、嫌いになってしまったのです。

今回の私のケースだと、扁桃体に以下のように記録されました。
マンゴーのドライフルーツ

友達が美味しかったからと言って、自分のために買ってきてくれた。

嬉しい!=『快』
となり、扁桃体にマンゴーのドライフルーツは『快』と記憶され、【おいしいもの】へと情報が書き換えられたようですヾ(・ω・●)

そして、次回から私は、マンゴーのドライフルーツをおいしいものとして食べられると思います。

もちろん、食べ物の中には、先天的に体が受け付けないものもあります。
けれど、そのことを除けば、好き嫌いは、そのときの感情によっても変わる可能性があります。

「人は感情の生き物なんだなー。」と、改めて感じた私なのでした☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

サバの味噌煮、ずっと食べたかったので、うれしかったです。サバは油が多いので、サバの味噌煮は意外とカロリーが高いこと、今回知りました!

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

主菜のサバは、身がふっくらしていました。青魚は臭みが苦手ですが、今日のサバは独特の香りを全く感じませんでした。魚の独特の香りを消すには、ネギやショウガ、梅干しと一緒に煮込むと良いと聞いたことがありますが、今日のサバの場合は、ネギがその役目を果たしていたのでしょうか?

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

ネギに味噌とショウガの味がしっかりと染み込んでいてとてもおいしかったです!私は、くたくたに柔らかくなったネギが好きです。おいしいネギを食べることができて、魚の臭みも消せるなんて一石二鳥ですね!

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

さばとお味噌の味がしっかりとからんで、おいしかった!ネギも、中のとろりとした食感を味わえて幸せでした。(私あのネギのとろとろ大好きなんです!)ご飯が何倍でも食べれるけど、しつこくない、良い塩梅の味噌だれの味でした。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日はサバの味噌煮でした。味噌ダレの絡みをよくするポイントは、小麦粉をまぶして焼くことです。こうすると、小麦粉にタレがなじみ、絡めることができます。

古市さん、サバの味噌煮を喜んでいただけてよかったです(^^)ただ、サバは脂の多い魚ですが、サバに含まれている脂はコレステロール値などを下げる良い脂なんです。そのため、カロリーでみると高くなるのですが、身体にうれしい食材です♪

高橋さん、ネギやしょうが、梅干などは独特の香りを緩和する働きがあります。本日の味噌煮は、ネギもしょうがも入っていたので、独特の香りが抑えられていたと思います。そのため、食べやすかったのかもしれませんね(^^)

平山さん濱谷さん、香りを緩和させるためにネギを使用したのですが、クタクタネギ好きの方には、思いもよらぬ効果があったのですね!一石二鳥のレシピをぜひお試しください♪

 


ページトップへ