献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、たんぱく質を豊富に含んだ【脂性肌対策】レシピです♪

皮脂が過剰に分泌される原因の一つに、肌の乾燥によるものがあります。

なぜ、肌が乾燥すると、皮脂が過剰に分泌されるのかといいますと、細菌などの外的刺激から肌を保護するためです。

肌は乾燥すると、バリア機能が低下します。
そこで、皮脂は「自分が肌を守らねば!」と、厚い思いを持って、肌の表面に膜を作ることにより、外的刺激から肌を守る役割をするのです。

このような皮脂の過剰分泌を防ぐためには、根本の原因となる肌の乾燥を改善しなければなりません(`・ω・ )ノ

肌は、新しい肌細胞が多いと、水分を保持する機能が高くなります。
そのため、肌の材料となるたんぱく質をたっぷり摂取することが大切です。

乾燥による皮脂の過剰分泌を予防するために、本日のレシピでたんぱく質をたっぷり摂取していきましょうね☆彡

本日使用した食材では、牛肉と鶏肉ミンチにたんぱく質が多く含まれていますよヾ( ‘Θ’ )

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 536 kcal( 28 %)
タンパク質 23.5 g( 33 %) ビタミンB1 0.2 mg( 20 %)
脂質 14.9 g( 32 %) ビタミンB2 0.29 mg( 27 %)
炭水化物 73.4 g( 25 %) ビタミンB6 0.6 mg( 60 %)
カリウム 968 mg( 54 %) ビタミンB12 1.6 mg( 79 %)
亜鉛 5 mg( 72 %) ビタミンC 42 mg( 52 %)
2.8 mg( 37 %) 食物繊維 4.7 g( 26 %)
ビタミンA 276 μg( 61 %) 食塩相当量 3.1 g( 35 %)
ビタミンE 2.6 mg( 33 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日の土曜日、大阪では桜の見頃を迎えました(^^)

友人と花見をする予定だったのですが、心配なのは空模様でした。
午前中は晴れていたものの、お昼から少しずつどんよりしてきました((゜Д゜ )))

そして、夕方くらいからパラパラと小雨が・・・

「今日は中止かなぁ」と思ったのですが、開始予定時刻にはなんとか雨はやんでくれました\(^o^)/

晴れ女のパワーを発揮です♪

今回は、太陽の塔がある万博公園での花見でした。

万博公園に着くと、ライトアップされた桜と太陽の塔がお出迎えです。
夜の太陽の塔は、なかなか不気味なんです(笑)
(下の写真が夜の太陽の塔です。)
↓↓

夜の太陽の塔

(中に入ったときの桜通りのライトアップ)
↓↓

中に入ったときの桜通りのライトアップ

昼の桜もキレイですが、夜の桜もキレイでした。

この日の夜は暖かく、夜桜を楽しむにはちょうど良い気候でした。

ただ、今週の中頃までは、寒の戻りがあるそうなので、体調の管理にはご留意ください☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

カボチャと大豆の煮物はホロホロした口当たりで、かわいい食事だなぁと思いました。主菜もお味噌汁も野菜たっぷりで、体に優しいメニューでした。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

副菜のかぼちゃとひき肉の煮物が、とっても美味しかったです。とくにかぼちゃは甘くて、とろとろで、もっと食べたい!!と、思いました。主菜は、ニンニク炒めときいていたけど、そんなにニンニクの味や風味が気にならなかったです。これなら、昼食でも気にせずニンニクが食べれるなと思いました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

主菜は、一見、がっつり系のメニューかと思いましたが、食べてみると、セロリの風味が口の中に広がり、さわやかな味わいでした。セロリが入るだけで、ずいぶんイメージが変わりますね。
また、今日は、副菜にもお肉が入っていて、お肉たくさんのメニューに大満足でした。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

今日は、主菜の牛肉と、副菜のそぼろ、お肉づくしのレシピでしたね。肉大好きな私としては嬉しいメニューでした。でも、こんなにお肉を食べてもいいのかな?と不安になりました・・・野菜もいっぱい入っているレシピだからよいのでしょうか。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

メインも副菜も、お肉が使われるメニュー、珍しいですね。ただ、野菜が多いからでしょうか。肉が多くても、しつこくなくさっぱりと食べられました。シャキシャキの野菜のメイン。ホックリとした食感の副菜。とそれぞれの印象も違って、食べやすかったです。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜は、にんにく醤油の炒めものでした。チューブのにんにくを使用すると、香りがきつくなり過ぎることを防げます。ガツンとしたにんにくの香りを楽しみたい場合は、チューブのにんにくの使用量を増やすか、生のにんにくを使用してみてくださいね(^^)

高橋さん、セロリが入ることによって、さわやかな印象を出してみました。セロリは、少し変わった形をしているので、見た目にも変化が出ますね。

副菜は、塩麹で煮た煮物でした。カボチャを塩麹につけておくことで、カボチャのでんぷん質が分解されて、ホロホロとした食感になります。簡単に柔らかなカボチャの煮物を作ることができるので、ぜひお試しくださいね!

平山さん、鶏肉は脂質が少ないのでカロリーも控えめです。また、他の野菜もカロリーが低い食材を選んでいるので、安心してお召し上がりください♪

 


ページトップへ