献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、食物繊維を豊富に含んだ【便秘対策】レシピです♪

便秘になる原因には、善玉菌が住みにくい腸内環境になっていることがあげられます。

善玉菌が住みやすい腸内環境を作るためには、食物繊維を摂取することが大切です。

なぜなら、食物繊維には、以下のように腸内環境を整える働きがあるからです。

①腸内を刺激して、運動を活発にする
       ↓
②腸内の老廃物を体外に排泄することを促す
       ↓
③老廃物が減り、善玉菌が住みやすい環境になる

このように、食物繊維は、善玉菌にとってハウスクリーニングの役割を担っているのです。

腸内環境を良くすることは、栄養の吸収率アップにもつながります。

ですので、本日のレシピで食物繊維を摂取し、腸内環境を整えることで、便秘対策を行っていきましょうね☆彡

本日使用した食材では、ゴボウ、シュンギク、ワカメに食物繊維が多く含まれていますよ(=゚ω゚)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 486 kcal( 26 %)
タンパク質 23.2 g( 33 %) ビタミンB1 0.8 mg( 80 %)
脂質 9.4 g( 20 %) ビタミンB2 0.36 mg( 33 %)
炭水化物 76.2 g( 25 %) ビタミンB6 0.52 mg( 52 %)
カリウム 1009 mg( 56 %) ビタミンB12 1.3 mg( 63 %)
亜鉛 3 mg( 43 %) ビタミンC 28 mg( 35 %)
2.4 mg( 32 %) 食物繊維 6.7 g( 37 %)
ビタミンA 296 μg( 66 %) 食塩相当量 3.2 g( 36 %)
ビタミンE 1.7 mg( 21 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、旬のチンゲンサイを主菜で使用しました。

チンゲンサイは、1970年ごろに中国から日本にやってきた食材です。
ちょうど、このころは日中国交正常化が行われた年なので、パンダの影に隠れて、ひっそりと、チンゲンサイも日本にやってきたのです(^ω^)

チンゲンサイは、見た目は綺麗でも軸の根元に泥が入っていることが多いので、根元を切ってから、洗うことがオススメです。

また、チンゲンサイは、以下の栄養素が多い食材です。

■ビタミンA
・ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促す。
・抗酸化作用で体の免疫力を高める

■食物繊維
・腸の運動を促し、腸内環境を整える。

これらの栄養素は、健康な体作りは、もちろん、健やかな肌を作るためにも必要な栄養素です。

そのため、本日のレシピで旬のチンゲンサイをお楽しみくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

副菜はホウレンソウだと思っていたら、春菊でした。春菊はお鍋の具のイメージで、ちょっと苦みのある大人の野菜だと思っていたので、こんなふうに和えもので食べられることにびっくりしました。主菜はお肉に厚みがあって、食べ応えがあり、おいしかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

お肉をたっぷり食べることが出来て大満足でした。主菜も副菜にも、たっぷりの野菜が入っていて食べ応えはあるけどヘルシーでうれしいです。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

サツマイモが入ったお味噌汁、甘味が出ていておいしかったです!主菜は、お肉も野菜もたっぷり入っていて、食べ応えがあり、大満足のメニューでした。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜がおいしかったです!マネしようと海苔を買いました!ただ、喜屋武さんのような細かいゴボウをつくることができません…太いゴボウでもいいかなぁ。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

副菜のごぼうがボリューミーでした。歯ごたえもよく、おなかにしっかりとたまった印象です。またサツマイモのお味噌汁は、甘みが強く、デザートのようにも思え、最後の一口に残しました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜は、シュンギクを使用した海苔和えでした。下田さんのコメントにもあるように、少し苦味がある食材ですが、海苔の風味で苦味を緩和しています。また、やわらかいシュンギクにゴボウの食感がアクセントです。

平山さん、早速、海苔を買ってくださったんですね!本日のゴボウは細切りでしたが、薄切りでも大丈夫です(^^)ぜひ作ってみてください。

濱谷さん、ゴボウは食物繊維が豊富なので、おなかにたまるイメージがありますね。最初に食べることで、食べ過ぎの予防になります♪

主菜は、しょうが炒めでした。少し厚みのあるお肉を使用して、食べ応えを出しました。厚みのあるお肉だと満足感もありますね。

汁物でサツマイモを使用すると、汁全体に甘みが出ますね。じっくり火を通すことで甘みが増します。甘みがある汁物を楽しんでいただけたようで良かったです。

 


ページトップへ