献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB1をたくさん含んだ【乾燥肌対策】レシピです♪

肌の乾燥を防ぐためには、肌の水分量を保つことが大切です。

肌の水分を保つ働きがある角質層(肌の一番上の層)には、NMF(天然保湿因子)と呼ばれるものが含まれています。

NMFは、水分を吸収する性質がとても高く、一度吸収した水分をなかなか手放さない性質もあります。
このように、NMFの働きは、肌の水分を保つために欠かせないのです。

NMF(天然保湿因子)の成分は、40%のアミノ酸(タンパク質の構成物質)です。

肌が荒れた状態ですと、NMFに含まれているアミノ酸量が1/3ほど減っています。

そのため、食事から摂ったタンパク質や体内にあるタンパク質の分解をサポートするビタミンB6の働きが必要です。

本日のレシピに多く含まれているビタミンB6を摂取して、肌の水分を保つNMF(天然保湿因子)に必要なアミノ酸を作っていきましょう☆彡

本日使用した食材では、豚肉にビタミンB6が多く含まれていますよヾ(・∀・●)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 474 kcal( 25 %)
タンパク質 21.5 g( 30 %) ビタミンB1 0.75 mg( 75 %)
脂質 10.6 g( 23 %) ビタミンB2 0.25 mg( 23 %)
炭水化物 74.4 g( 25 %) ビタミンB6 0.45 mg( 45 %)
カリウム 777 mg( 43 %) ビタミンB12 0.3 mg( 13 %)
亜鉛 2.8 mg( 40 %) ビタミンC 34 mg( 43 %)
1.9 mg( 26 %) 食物繊維 7.7 g( 43 %)
ビタミンA 176 μg( 39 %) 食塩相当量 2.6 g( 29 %)
ビタミンE 0.9 mg( 11 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

「最近、暖かくなってきたなー」と思ったら、アースケアの食堂に置いている鉢植えの胡蝶蘭(こちょうらん)が、つぼみをつけていました(*^^*)

(つぼみをつけた胡蝶蘭の写真)
↓↓

つぼみをつけた胡蝶蘭

 

 

 

 

 

 

 

 

今年で4年目の蕾をつけました!

実は、以前、私が花屋さんに話を聞いたところ、鉢植えの胡蝶蘭は、2年目も花をつければ良いほうらしいです。

どうやら、胡蝶蘭にとって、アースケアの食堂は住みやすいようです(笑)

ただ、鉢が小さすぎて、根っこが溢れかえっています・・・σ(^^;)

(溢れ出た根っこの写真)
↓↓

胡蝶蘭の根っこ

 

 

 

 

 

 

 

 

花屋さんから、「鉢替えは暖かくなってからじゃないと、胡蝶蘭が弱ってしまうよ」という話を聞いていたので、冬の間はそのままにしていました。

しかし、近ごろ、暖かくなってきたので、そろそろ新しい鉢に変えようと思います☆彡

 

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

押し麦のスープが、やさしい味でとてもおいしかったです。汁物で、さらに穀物も入っているので、おなかにたまりますね。ダイエットにピッタリなメニューだと思いました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

今日は、「顎疲れる~」というくらいよく噛んで食べました。キクラゲやお肉に噛み応えがあったからでしょうか。スープの押し麦は、想像していたよりもやわらかく、モチモチしていておいしかったです。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

麦のスープ、おいしかったです!むぎゅむぎゅする麦の食感が残り、弾力を楽しみながらいただきました。大根の味もスープに溶け出し、スープを飲むだけで、少し健康になったような気持ちになりました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の汁物は、押し麦を使用しました。汁物で使用しても少し食感が残っていますね。本日は、下ゆでした押し麦を使用しましたが、お好みの食感に合わせて、煮る時間を変更してみてくださいね♪

古市さん、押し麦は、食物繊維も多いのでおなかにたまりやすいですね!腸内環境も整いやすいので、ダイエットに一石二鳥の食材です♪

濱谷さん、押し麦の食感を楽しんでいただけてうれしいです!ダイコンの風味もあり、やさしい味わいのスープです。

主菜は、少し厚めの豚肉を使用したホイコーローでした。平山さんのコメントにもあるように、キクラゲと豚肉で噛み応えを出しました。しっかり噛むことによって、食べすぎを予防できますので、たくさん噛んでお召し上がりくださいね(^^)

 


ページトップへ