献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

ニキビが悪化する原因のひとつは、アクネ菌です。

アクネ菌は、もともと肌にいる細菌です。
そして、アクネ菌には、肌を弱酸性に保ち、他の病原菌の繁殖を抑える役割があります。

このように、アクネ菌は、人にとって必要な菌なのです。

けれど、アクネ菌が必要以上に増えてしまうと、肌は酸化されて炎症を起こし、
ニキビができやすくなってしまいます(´・_・`)

そのため、私たちは、肌の免疫力を上げて、アクネ菌の増殖を抑えなければなりません。

本日のレシピに多く含まれているビタミンAには、免疫力を上げる働きがあります。

ですので、ビタミンAをたっぷり摂って、ニキビの原因となるアクネ菌の増加を抑制しましょう☆彡

本日使用した食材では、ニンジン、鶏肉、ホウレンソウにビタミンAが多く含まれていますよ(●・∀・)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 486 kcal( 26 %)
タンパク質 23.2 g( 33 %) ビタミンB1 0.8 mg( 80 %)
脂質 9.4 g( 20 %) ビタミンB2 0.36 mg( 33 %)
炭水化物 76.2 g( 25 %) ビタミンB6 0.52 mg( 52 %)
カリウム 1009 mg( 56 %) ビタミンB12 1.3 mg( 63 %)
亜鉛 3 mg( 43 %) ビタミンC 28 mg( 35 %)
2.4 mg( 32 %) 食物繊維 6.7 g( 37 %)
ビタミンA 296 μg( 66 %) 食塩相当量 3.2 g( 36 %)
ビタミンE 1.7 mg( 21 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

以前、新大阪駅の中に、新しくできた商業施設『エキマルシェ新大阪』のお話をしました。

(そのときのお話はコチラ)

 

そのときは、人気で食べられなかった『あるもの』を求め、私は、リベンジをしに新大阪へ行ってきました(` ・ω・)ノ

 

新大阪に到着後、そそくさと商品の売り場へ向かいました。

 

すると・・・

 

「あっ!売ってる!」

 

ようやく『あるもの』をゲットできました!!

 

それが、下の写真のものです。
↓↓

プリッタ

ポッキーやプリッツで有名な『江崎グリコ』が出店している『ぐりこやKichen』で販売されている『Pritta(プリッタ)』です(^^)/

 

『Pritta(プリッタ)』は、プレツェル(ドイツの発祥のお菓子。パンのようにソフトなものとカリカリのハードのものがある)をもとに作られたお菓子です。

 

味は6種類あり、以前私が行ったときは、全ての種類が販売されていたのですが、現在は、毎日日替わりで2種類の販売となっていました。

 

今回、私が行ったときに販売されていた味は、『シュガーバター』と『キャラメル』でした。

 

私は、お目当ての味があったのですが、その味が販売されていなくてちょっぴり残念(ー ー;)

 

しかし、『シュガーバター』もどんな味なのか気になったので、早速、購入して食べてみました!

プリッタ2


食べてみると、食感はラスクと揚げパンの間で、甘過ぎずおいしかったです(・ω・)
また、店舗で作っているので、温かかったです。

 

 

次回行ったときは、私のお目当ての味が販売されていることを祈ります☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

副菜の梅の和えものがさっぱりしていておいしかったです。いつも思うことですが、おみそ汁も主菜も野菜たっぷりですね。煮物にサツマイモはいっているのがすごくうれしいです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

セロリと梅の組み合わせが、さわやかでおいしかったです。主菜の鶏肉はいつもながら、やわらかくて味がしみこんでいました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

セロリの梅和えは、色も鮮やかで、味もあさっりしていておいしかったです。主菜の筑前煮と、お味噌汁との和食のメニューに、心がホッとしました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

どちらもクセのある食材なのにセロリと梅は合うんですね!さっぱりしていて、おいしかったです。セロリはトマトとも合いますが酸味に合う食材なのでしょうか。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜はさっぱりとした梅和えでした。みなさんのコメントにもあるように、セロリとの組み合わせがさわやかな風味を出しています。どちらもさわやかな風味なので意外と相性が良いんです(^^)

平山さん、セロリはトマトとも相性がよいですね!酸味の中にセロリの独特の風味が足されることで、両方の良いところが生きるので、相性が良い組み合わせなのかもしれないです。

主菜の筑前には、甘みのあるサツマイモをアクセントに置きました。また、本日の主菜で使用している食材には、食物繊維がたっぷり含まれています。腸内環境を整えるためにはピッタリのレシピですよ♪

下田さん、喜んでいただけてよかったです♪煮汁がしみ込んだサツマイモやカボチャなど甘みのある食材は食べるとほっこりしますね。

 


ページトップへ