献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、鉄分をたくさん含んだ【シミ対策】レシピです♪

鉄分は、血液の成分である『ヘモグロビン』の材料です。

ヘモグロビンは、細胞に酸素を運ぶという重要な役割を担っています。

もしも、細胞に酸素が届けられなくなると、一大事です!
エネルギーが不足するため、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の遅れに繋がってしまいます(・_・;

ターンオーバーの遅れは、シミを作る要因の一つです。
なぜなら、メラニン色素を含んだ肌細胞が多くなるからです。

ひとつの肌細胞では、色が薄いメラニン色素でも、何層にも重なることによって目に見えるシミとなって顔に現れるのです。

メラニン色素を含んだ古い肌細胞を排出するために、ヘモグロビンの材料となる鉄分をたっぷり摂取して、肌細胞のターンオーバーを促してくださいね☆彡

本日使用した食材では、キクラゲ、豚肉、シメジに鉄分が多く含まれていますよ♪(´ε` )

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 467 kcal( 25 %)
タンパク質 21.1 g( 30 %) ビタミンB1 0.8 mg( 75 %)
脂質 9.8 g( 21 %) ビタミンB2 0.3 mg( 29 %)
炭水化物 72.7 g( 24 %) ビタミンB6 0.4 mg( 41 %)
カリウム 1174 mg( 34 %) ビタミンB12 0.3 mg( 41 %)
亜鉛 2.8 mg( 40 %) ビタミンC 18 mg( 23 %)
4.3 mg( 57 %) 食物繊維 7.5 g( 42 %)
ビタミンA 199 μg( 44 %) 食塩相当量 3 g( 33 %)
ビタミンE 1 mg( 13 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、お話をしていた梅ジュースがあと少しで出来上がります!
(梅ジュースのレシピはコチラ)
(梅ジュース)
↓↓
梅ジュース

梅ジュースは梅の実と共に、この夏をさわやかに過ごす最高のアイテムです♪
個人的には、炭酸が好きなので、ソーダ水で割るのがオススメです(^^)

以前にもお話をしましたが、梅ジュースは体内のエネルギー作りに必要な栄養素を多く含んでいるので、夏バテ防止にピッタリのアイテムです!

飲みすぎてしまうほどおいしい梅ジュースを皆様のご家庭でもぜひお試しくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

歯ごたえのある野菜がたっぷりだったので、主菜が食べても食べても減りませんでした。濃いめの味付けでご飯がすすむおかずでした。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

今日のスープには、ヒジキがたっぷりでしたね!これだけ食べれば、食物繊維や鉄分、カルシウムなど十分に取れるのではないかと思いました。スープでヒジキを食べる方法は、いいですね!

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜はポン酢和えなのに、ちょっと甘い。甘さの秘密を知ったとき、そもそも調味料がポン酢ではなかったことに驚きました!この味付けなら、酸味が苦手な人にも楽しんでいただけるのではないかな~と思いました。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

大根おろしのさっぱりした食感がおいしかったです。苦味がおいしい大人の味でした。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の主菜は、豚肉の甘酢炒めでした。少しとろみをつけることで、調味料を絡みやすくしています。下田さんのコメントにもあるように、キクラゲやオクラなどの歯応えが多い食材を使用しているので、量を多く感じると思いますよ。

副菜は、夏野菜を使用したおろし和えでした。ダイコンおろしの瑞々しさが夏野菜の瑞々しさを引き立てます。

平山さん、酸味を控えた合わせ調味料でした。合わせ調味料の代わりにポン酢を使っていただいでもおいしく召し上がれますよ♪
濱谷さん、根の部分をしようしたので、少し苦味がありましたね。もっと辛味をつけるために辛味ダイコンでも作ってみたいです。

古市さん、ヒジキは乾物なので日持ちもするし、不足しがちな食物繊維も摂れるので、とても便利な食材です。今回のように、スープでもお手軽に楽しんでくださいね(^^)

 


ページトップへ