献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • 脂性肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、亜鉛をたっぷり含んだ【脂性肌対策】レシピです♪

皮脂が過剰に分泌する原因のひとつに、活性した男性ホルモンが関わっています。

この活性した男性ホルモンは、皮脂腺の働きを活発にすることによって、皮脂の分泌を必要以上に促すのです。

では、なぜ、活性型の男性ホルモンになってしまうのでしょうか??σ(・n・)

その理由は、酵素の一種である『5αリダクターゼ』が男性ホルモンに作用するためです。
この酵素により、男性ホルモンの働きがパワーアップし、活性型になるのです。

パワーアップと言うと、聞こえは良いのですが、働きが強過ぎることが悩みの種ですσ(^^;)

でも、男性ホルモンの活性を予防する栄養素があります。
それが、本日のレシピに多く含まれている『亜鉛』ですっ!

亜鉛には、5αリダクターゼの働きを抑えて、男性ホルモンの活性化を防ぐ働きがあるのです。

そのため、亜鉛をたくさん摂取して、活性型の男性ホルモンを作らないようにしましょう☆彡
 
本日使用した食材では、サバに亜鉛が多く含まれていますよ( ・∀・)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 521 kcal( 27 %)
タンパク質 26.2 g( 37 %) ビタミンB1 0.25 mg( 25 %)
脂質 15.3 g( 33 %) ビタミンB2 0.42 mg( 38 %)
炭水化物 66.8 g( 22 %) ビタミンB6 0.72 mg( 72 %)
カリウム 788 mg( 44 %) ビタミンB12 8.7 mg( 434 %)
亜鉛 2.5 mg( 36 %) ビタミンC 78 mg( 98 %)
1.9 mg( 25 %) 食物繊維 5 g( 28 %)
ビタミンA 298 μg( 66 %) 食塩相当量 2.7 g( 31 %)
ビタミンE 3.4 mg( 43 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、沖縄にいる祖母から、旬の『島らっきょ』が届きました(^u^)

島らっきょとは、沖縄で昔から作られている『らっきょ』です。
普通のらっきょになる前に収穫されるので、小ぶりで、ほとんどが生のまま食べられています。

味は、ピリッと辛味があって、香りはにんにくのようです。
また、火を通すと甘味が出ます。

最近では、島らっきょの認知度が上がったためなのか、沖縄県外でも食べられるお店が増え、スーパーでも見かけるようになりました(・ω・)ノ

ちなみに、下の写真は、塩もみをした『島らっきょ』です。
↓↓

塩もみをした『島らっきょ』

他にも、天ぷらや炒め物の材料として使用します。

もし、今が旬の島らっきょを見かけたら、生のまま食すだけではなく、いろいろな料理でお楽しみくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

サバが肉厚で美味しかったです。最近、自分で魚を調理することがなかったのですが、今日のご飯を食べて、『やっぱり魚を食べなければ!』と思いました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

シーザーサラダは、チーズの分量を減らしても良いのでしょうか?乳製品が苦手で、いつも、シーザーサラダは避けてしまいがちです。おいしく食べられるコツがあれば、知りたいです。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

サラダのドレッシングにゴマ油が使われていたことに驚きました。香ばしいシーザーサラダもいいですね!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜は、ゴマ油を使用して、中華風のシーザーサラダに仕上げました。古市さんのコメントにもあるように、ゴマ油を使用すると香ばしい香りがします(^^)家にある調味料で作れるので、ぜひ一度お試しくださいね。

高橋さん、チーズが苦手なら分量を減らしても大丈夫ですよ!シーザーサラダをおいしく食べるためには、野菜を多めに食べてみてはいかがでしょうか??おそらく味が薄くなるので、塩を使用して味の調整を行ってくみてください。ほのかな味わいであれば楽しむことができるのではないのでしょうか??σ(^^;)

主菜のサバの中華あんかけは、しょうがを少し効かせて、サバの香りを緩和しています。本日は、チューブのしょうがを使用しましたが、生のしょうがを千切りにして、使用するのもオススメですよ。

古市さん、魚は食べる機会が少ないのですが、体に良い脂質が含まれていますので、ぜひ、積極的に食べてくださいね(^^)

 


ページトップへ