献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、亜鉛をたくさん含んだ【脂性肌対策】レシピです♪

皮脂の過剰分泌の原因はさまざまあり、男性ホルモンもその原因のひとつです。

『男性ホルモン』と聞くと、「私は女性だから関係ない(・з・)」と、思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし!
便宜上のこの名前が付けられているだけで、男性ホルモンは、女性の体内でも生成されます(`・ω・)ノ

では、男性ホルモンが皮脂の過剰分泌に与える影響とその対策について説明しますね。

男性ホルモンは、酵素と反応すると『活性型の男性ホルモン』に変化します。

この活性型の男性ホルモンには、皮脂腺を刺激する働きがあるため、活性型の男性ホルモンが増えると、皮脂が過剰に分泌されるのです。

このような皮脂の過剰分泌を抑えるには、亜鉛の働きが必要です。

なぜなら、亜鉛には、活性型の男性ホルモンの生成を抑える働きがあるからです!

そのため、男性も女性も、本日のレシピに多く含まれている亜鉛を摂取して、男性ホルモンによる脂性肌対策を行なっていきましょう☆彡

本日使用した食材では、サバに亜鉛が多く含まれていますよヾ(´▽`●)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 475 kcal( 25 %)
タンパク質 24.6 g( 35 %) ビタミンB1 0.3 mg( 29 %)
脂質 12.2 g( 27 %) ビタミンB2 0.3 mg( 31 %)
炭水化物 64.6 g( 22 %) ビタミンB6 0.7 mg( 65 %)
カリウム 730 mg( 41 %) ビタミンB12 8.5 mg( 425 %)
亜鉛 2.4 mg( 34 %) ビタミンC 28 mg( 35 %)
2.1 mg( 28 %) 食物繊維 4.4 g( 24 %)
ビタミンA 196 μg( 44 %) 食塩相当量 2.5 g( 36 %)
ビタミンE 1 mg( 13 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、静岡に住んでいる友人から気になるお土産をいただきました(^^)

それが、下の写真の食べ物です(`・ω・)ノ
↓↓
カマンベールWASABI箱

『カマンベールWASABI』です!!

静岡県の特産品のひとつであるワサビ漬けが、カマンベールチーズと和えられていました。

ちなみに、中身はこんな感じです。
↓↓
カマンベールWASABI

そして、これをクラッカーの上に乗せて食べてみました。

ん~、ワインが欲しくなる(ーωー●)

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

サバがふっくらとしていて、美味しかったです。皮はパリッと、身はふっくらしていたのは、オーブンで焼いたからなのでしょうか・・・。おうちでもあんなふうに焼けたらいいな・・・

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

ネギと塩コンブの和え物は、初めてだったような・・・・おいしかったです。ネギ独特の臭みや辛味が少なかったような気がします。何か特別な処理をされているのでしょうか。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

ジュンサイのおつゆ、ジュンサイの味がしっかりとでていましたね。おわんの色味が濃いのでわかりにくくはあったのですが、少し赤みがかったおつゆになっていましたか?和風のスープでした。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の汁物には、旬のジュンサイを使用しました。とろみがあって、おもしろい食感をしていますね。ツルツルっとのど越しが良いので、和え物として冷やして食べてもおいしいですよ。
濱谷さん、本日はおすましだったので、醤油のうっすらとした赤みでしょうか??もしくは、ジュンサイの色かもしれません(^^)

副菜は、ネギの塩昆布和えでした。ネギを和え物で使用することは少ないのですが、ネギを温めることで、香りや辛味を軽減させることで使用できます。ぜひ、他の和え物でもネギを使用してみてくださいね♪

古市さん、魚をグリルで焼くときは、グリル内を始めに強火で温めておくと、ふっくらと仕上げやすくなります。一旦温めたあとは、中火で焼いてくださいね!

 


ページトップへ