献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンCをたっぷり含んだ【ニキビ対策】レシピです♪

ニキビは、皮脂が毛穴につまっている状態です。

そして、皮脂が毛穴につまると、
皮脂をエサとするアクネ菌が増殖し、
肌は、炎症を起こします(> <)

炎症を起こしている部分は、
大きくて赤くはれたニキビになってしまうのです。

このように、赤くはれたニキビには、
ビタミンCの摂取がおススメです(^^)

その理由は、ビタミンCには、
抗炎症作用があり、炎症を抑えてくれるからです。

本日のレシピでビタミンCを摂取して、
ニキビの炎症対策をおこなっていきましょうね☆彡

本日使用した食材でビタミンCが多く含まれているのは、
スナップエンドウ、ピーマン、キャベツですよ(・ω・◎)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 515 kcal( 27 %)
タンパク質 23.8 g( 34 %) ビタミンB1 0.24 mg( 24 %)
脂質 16.1 g( 35 %) ビタミンB2 0.38 mg( 35 %)
炭水化物 65.9 g( 22 %) ビタミンB6 0.45 mg( 45 %)
カリウム 800 mg( 44 %) ビタミンB12 1.9 mg( 95 %)
亜鉛 6 mg( 85 %) ビタミンC 36 mg( 45 %)
2.5 mg( 34 %) 食物繊維 5.1 g( 28 %)
ビタミンA 161 μg( 36 %) 食塩相当量 2.8 g( 31 %)
ビタミンE 1.4 mg( 17 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日から、旅行先で食べた郷土料理のお話をしています。

今回の旅先は、長崎、熊本です♪
ちなみに、前々回⇒(チャンポン)前回⇒(寒ざらし)のお話でした。

本日は、熊本で有名なアノ食べ物をご紹介です(^^)

アノ食べ物は、噛めば噛むほど味があり、
大阪では、ほとんど、冷凍のものしか食べられません。

そんなアノ食べ物とは、下の写真のです!!
↓↓

馬刺し

馬刺しです(●・∀・)

友達と少しずつ堪能しました♪

今回、食事をしたお店は、
『たてがみ』と呼ばれる部位もついていました(*´ー`)

『たてがみ』とは、写真の手前に移っている白いもので、
『こうね』とも呼ばれています。

『たてがみ』の味は、脂っぽいのに、あっさりとした後味で
とっても食べやすかったです。

『たてがみ』は、稀少部位なので、
もし、お店で見かけたら、一度食べてみてくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

ちょうど白和えを食べたい気分だったので嬉しかったです!昨日、立派なタケノコが台所に置いてあるのを見ましたが、白和えになるとは思っていませんでした。主菜のスナップエンドウとあわせて、春を感じさせてくれるメニューでした。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

たけのこの白和え、初めて食べました。タケノコの食感が楽しめる食べ方ですね!そして、キャベツ入りのおつゆも初体験!キャベツとだしの組み合わせって、ありそうでないことなのですが、とても美味しかったです。色々な食材を楽しむには、いろんな調理方法を試さないと、いつも同じ味になっちゃうので、今日はとても勉強になりました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

副菜は、歯ごたえのあるタケノコが、なめらかな白和えになっていて、この食感のバランスがよく、とても美味しかったです。
先日、喜屋武さんのレシピに憧れて、スナップエンドウをたくさん買いました。ただ、余ってしまっていて、困っていたので、今日の主菜は良いヒントになりました!自分でスナップエンドウを使ったときは、喜屋武さんの作ったメニューように、シャキシャキとした食感に仕上げられなかったので、今度こそがんばります。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

白和えのタケノコは、シャキシャキと歯ごたえがよかったです!生のタケノコは今の時期しか味わえない旬の食材ですね^^次はタケノコご飯が食べたいなー♪

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

白和えとたけのこ、夢のコラボレーションでした。やはり、おいしい・・・。私の妄想のようなリクエストを叶えてくださり、ありがとうございます!今日はおつゆもインパクトがありました。おすましなのに、ものすごいボリュームキャベツが食べても食べても減りません。ボリュームのあるおすましがイメージと違って、これもまた新鮮でした。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜のタケノコは、今が旬なので、生のものを使用しました(^^)生のタケノコは水煮のものと比べると、歯ごたえがとてもよく、白和えにもぴったりですね。
濱谷さん、リクエストしていただき、ありがとうございました♪
生のタケノコの下処理方法をブログに記載しているので、おうちでも生のタケノコを楽しんでくださいね。
下処理したタケノコは味付けをしてから冷凍すると、そのまま使えます。味付けをせずに冷凍すると、水分が抜けて、味が悪くなっていまいます。ですので、必ず味付けしてから保存してくださいね♪

主菜のスナップエンドウは、少しかためにレンジで温める(もしくは、下ゆでする)と、冷凍保存が可能です。
しかし、できるだけ早めに使い切ることをおススメします。
高橋さん、スナップエンドウがシャキシャキしなかった理由は、温めすぎか、水分不足が原因だと思います。
レンジで下処理を行う場合は、湿らせたキッチンペーパーをかぶせてくださいね♪

本日の汁物で使ったキャベツは、春キャベツなので甘味がつよく、だし汁とも相性がよいです。キャベツはボリュームが多く見えるので、視覚的な満足感を与えることにも効果できですね(^^)

 


ページトップへ