献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • ニキビ
  • 脂性肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンCをたっぷり含んだ【ニキビ対策】レシピです♪

ビタミンCには、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。

皮脂が過剰に分泌されると、
ニキビの悪化を招く可能性があるので、
ビタミンCは、ニキビの対策に必要な栄養素です。

しかし、なぜ皮脂の過剰分泌がニキビの悪化を招くのでしょうか??σ(・n・)

その理由は、皮脂がアクネ菌のエサとなるからです。

アクネ菌は、肌を酸性に保ち、
他の病原菌の増殖を防いでいるのですが、
皮脂が多くなるとアクネ菌も増殖し、肌は酸化されます。

そして、肌は炎症をおこし、
膿をもったニキビができやすくなってしまうのです。

このように、ニキビを作らないためにも、
本日のレシピでビタミンCをたっぷり摂取していきましょうね☆彡

本日使用した食材でビタミンCを多く含んでいるのは、
パプリカ、キャベツ、ホウレンソウ、カブの葉 ですよヾ(´ω`●)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 401 kcal( 21 %)
タンパク質 23.8 g( 34 %) ビタミンB1 0.28 mg( 28 %)
脂質 5.9 g( 13 %) ビタミンB2 0.3 mg( 27 %)
炭水化物 61.8 g( 21 %) ビタミンB6 0.39 mg( 39 %)
カリウム 908 mg( 50 %) ビタミンB12 1.3 mg( 64 %)
亜鉛 2 mg( 28 %) ビタミンC 78 mg( 97 %)
1.7 mg( 23 %) 食物繊維 4.1 g( 23 %)
ビタミンA 299 μg( 66 %) 食塩相当量 2.9 g( 33 %)
ビタミンE 3.4 mg( 42 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、主菜で使用した『マッシュルーム』についてのお話です♪

マッシュルームは、パリの辺りで、
300年以上も前に栽培が始まりました。

日本では、西洋料理の普及と同時に栽培が加速したようです(^^)

次に、マッシュルームに多く含まれている栄養素についてです。

マッシュルームには、以下の栄養素が多く含まれています。
・ビタミンD:骨の成型に関与する。
・ビタミンB2:脂質の分解をサポートをする。
・食物繊維:腸の運動を促す。

そして、マッシュルームの良い点は、
生と缶詰の栄養価が大きく変化しないことです。

そのため、本日の主菜のように、
缶詰のマッシュルームをうまく活用してくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

副菜を食べたときに「食パンの味がする~」という奇妙な感想をつぶやいていました。あれは、ベーコンと、バターの味のせいですね!おいしいサンドイッチをいただいているような不思議な感覚でした。あと、スープはニンジンがゴロゴロしていて、均等な大きさの野菜がたくさん入っているだけで、見た目もかわいいし、食べ応えがあって楽しかったです。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

今日の主菜のトマトソースは、とてもハーブが効いていたように感じました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

ホウレンソウとベーコンの組み合わせはよく見かけますが、そこにキャベツが入っていて、新鮮でした。キャベツが入ることで歯ごたえが良くなり、よりおいしくなりますね。
主菜は、やわらかいタラとトマトの組み合わせが抜群でした!バジルを足してもおいしそうだと思いました。トマトとバジルの組み合わせが好きなので、今度試してみますね。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

トマトソースとタラの組み合わせが新しかったです。トマトソースはお肉との相性がよいと思っていましたが、お魚との相性も抜群ですね。バターソテーもおいしかったです。ホウレンソウの緑とトマトの赤。見た目にも楽しめる食事でした!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜のソースは、ローリエを使用しているので、少しさっぱりとした香りがしています。タラのうまみもソースにプラスされるので、野菜もおいしく食べれるレシピです。
高橋さんのコメントにもあるように、風味と色合いをプラスするためにバジルを最後にかけてもよいですね♪

副菜は、甘味のある旬の春キャベツを使用しています。歯ごたえをのこすために、炒めすぎて、しなしなにならないように注意してくださいね。
下田さん、食材の組み合わせによって、別のものを想像してしまいますよね(^^)私も食べ物の妄想にひたっているときに、変なことを口走ってしまい、友人に変な顔をされることがあります(笑)

汁物は、煮ている間に材料がやわらかくなってしまうので、形を変えて食感を出すようにしています。
汁物の材料の切り方は、基本的に決まりがないのですが、ワンパターンにならないように、いろいろな切り方をしてくださいね(^^)

 


ページトップへ