献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、たんぱく質をたくさん含んだ『ストレス対策』レシピです♪

私たちの身体は、ストレスが加わると、
体内のたんぱく質が消耗されてしまいます(´Д`)

この理由は、体がストレスと戦うために、
抗ストレスホルモンが分泌されるからです。

抗ストレスホルモンは、たんぱく質が材料になっているので、
抗ストレスホルモンを作るために、体内のたんぱく質が使われているのです。

よって、ストレスが加わると、
身体に含まれているたんぱく質の量が低下してしまいます(> <)

たんぱく質は、肌細胞の材料にもなる大切な栄養素です。

そのため、本日のレシピでたんぱく質をしっかり摂取して、
肌荒れの防止をおこなっていきましょう☆彡

本日使用した食材では、
牛肉とパスタにたんぱく質が多く含まれていますよ(^ω^)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 438 kcal( 23 %)
タンパク質 22.2 g( 31 %) ビタミンB1 0.28 mg( 28 %)
脂質 15.9 g( 35 %) ビタミンB2 0.38 mg( 35 %)
炭水化物 50.2 g( 17 %) ビタミンB6 0.45 mg( 45 %)
カリウム 935 mg( 52 %) ビタミンB12 1.3 mg( 63 %)
亜鉛 5.5 mg( 79 %) ビタミンC 33 mg( 41 %)
3.1 mg( 41 %) 食物繊維 7.5 g( 42 %)
ビタミンA 203 μg( 45 %) 食塩相当量 3.1 g( 35 %)
ビタミンE 2.2 mg( 27 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日のレシピは、旬の『ナスビ』を使用しました♪

ナスビの成分は、ほとんどが水分なため、
栄養素が少ないように思われていますが、
実は、食物繊維が多く含まれています(´・ω・)

ナスビに含まれている食物繊維の多くは、
おもに不溶性食物繊維です。

そのため、ナスビは、
腸の運動を促し、便秘の改善をサポートします。

さらに、ナスビには、
ポリフェノールが多く含まれていますヾ(・u・●)

ポリフェノールには、抗酸化作用があるため、
紫外線などによって体内で発生した活性酸素の働きを抑制します。

これらのように、ナスビに含まれている物質には、
体に必要な働きをしていますので、
本日のレシピで旬のナスビをお楽しみくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

パスタの盛り付けが美しくてまず目を引きました。あんなふうに、パスタを台形?に持って具だくさんのソースを載せるの、おいしそうだし、いいですね。今度やってみます♪オクラのアーリオオリオは初めて食べました。アーリオオリオ自体は大好きですが、水分が多めというか、ツルツルした食感のオクラとも合うんですね。おいしかったです!

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

ピリ辛のパスタは、あまり食したことがないのですが、美味しくいただきました。牛肉が入っていて、ピリ辛なので、なんとなく夏バテ対策に使えるレシピだなと思いました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

副菜のアーリオオーリオ炒めは、パスタの付け合せにぴったりですね!淡白な味付けなのかな?と思って食べると、想像以上にしっかりと味がついていました。それだけでなく、ニンジンもオクラも程よい食感でした。これも、レンジで温めてから調理しているのでしょうか?
パスタは、ボリューム満点で大満足でした。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

今日のパスタは、唐辛子の辛さがあまり得意ではない私でも楽しめる味付けでした。具材だけで食べると辛いのですが、パスタと絡めることで辛味がマイルドになりました。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

がっつり系のパスタでしたね。自分で作るパスタはシーフード系のものが多いので、お肉のパスタは新鮮です。副菜もイタリアンで、とても合っていました。イタリアン系の副菜は、あまりイメージがないのですが、オリーブオイルを使うとか、味付け次第で、上手く合うお惣菜になるんでしょうね。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜のパスタの辛みは、中華でよく使われる豆板醤を使用しました。豆板醤はペースト状なので、味がなじみやすいです。また、鷹の爪よりも簡単に辛さの調整が行える点もメリットだと思います。辛さが苦手な方は、豆板醤の使用量を調節してくださいね(^^)
また、パスタの盛り付けは、中央部分をくぼませてパスタをお皿に盛ると、中央に材料がまとまりやすくなります。
見た目もキレイになりますので、ぜひ、お試しください!!

副菜のニンジンは、火が通りにくいので、レンジで少し温めてから炒めています。シンプルな味付けなので、どのような野菜を使用してもおいしいですし、少し濃い味のパスタとの相性はばっちりです。
濱谷さん、オリーブオイルとにんにくを使用すると、イタリアン風の副菜になりますよ(^^)野菜を和えたりするときも、オリーブオイルを少量加えただけで、イタリアン風になります。ぜひいろいろな惣菜でお試しください☆彡

 


ページトップへ