献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB6を豊富に含んだ【ニキビ対策】レシピです♪

ニキビができる原因は、皮脂の排出がうまくいかず、毛穴に詰まっているためです。

よって、ニキビの対策を行うには、皮脂の排出をスムーズにすることがポイントになります。

皮脂の排出がスムーズにいかない理由はいくつかありますが、そのうちのひとつとして、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れていることが考えられます。

ターンオーバーが乱れると、肌の表面が硬くなってしまうため、皮脂が排出されにくくなるのです(´・_・`)

そのため、ターンオーバーに必要なB6を積極的に摂取しましょう。

ビタミンB6には、肌細胞の新陳代謝を活発にさせる働きがあるのです。

ニキビの対策を行うために、柔らかい肌を作って、皮脂の排出をスムーズにしていきましょう☆彡

本日使用した食材では、カボチャ、ミンチ、ブロッコリーにビタミンB6が多く含まれていますよ(●・ω・)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 510 kcal( 27 %)
タンパク質 21.3 g( 30 %) ビタミンB1 0.41 mg( 41 %)
脂質 15.8 g( 34 %) ビタミンB2 0.3 mg( 27 %)
炭水化物 68.3 g( 23 %) ビタミンB6 0.53 mg( 53 %)
カリウム 831 mg( 46 %) ビタミンB12 0.7 mg( 34 %)
亜鉛 3.9 mg( 56 %) ビタミンC 45 mg( 56 %)
2.9 mg( 39 %) 食物繊維 5.8 g( 32 %)
ビタミンA 235 μg( 52 %) 食塩相当量 2.9 g( 33 %)
ビタミンE 2.9 mg( 36 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は副菜に旬のセロリを使用したので、おいしいセロリの選び方をご紹介します(^^)

●茎のポイント
・ハリがあるもの
・太いもの
・スジがでこぼこしているもの

●葉のポイント
・緑色が濃いもの
・シャキッとしているもの

以上がおいしいセロリの選び方になります。

セロリには、腸内環境を整える食物繊維やむくみの改善を促すカリウムが多く含まれています。

本日のレシピで、旬のセロリをお楽しみくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

カレーライスのボリュームがすごくてびっくりしましたが、具沢山だったので、想像したよりごはんがどっしりおなかに来ることはなかったです。ホロホロした食感も良かったです。副菜のブロッコリーのサラダは、なじみのある味付けで、カレーともぴったりでした。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

今回のドライカレーは肉がよりミンチにされていて、柔らかい感じがしました。とても食べやすかったです。そしてお肉以外にも野菜もたっぷり入っていて、とても美味しくいただきました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

今日のカレーは、エノキが入っていたのでしょうか?カレーに入っていることは少ないので驚きましたが、よく合っていたので、今度、家で作るカレーにも入れてみようと思いました。
副菜は、マスタードとマヨネーズのバランスが絶妙でした。それぞれを単品で使うよりも、何倍もおいしくなったように感じました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

今日のドライカレーのお肉はいつもよりも細かく挽かれたものですか?口の中に入れるとホロホロと溶けていくようで、新しい食感でした。米よりも、挽肉のほうが多いような気がしました!贅沢カレーでした^^

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

今日のドライカレーは野菜がいっぱいでしたね。野菜不足を解消できたなーという満足感もありました。副菜の味付けは辛味があるものの、マヨネーズのこってりとした味も感じ、少量でも満足できる味でした。お酒のおつまみになりそうです。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日は、エノキを使用してみました。今までカレーでは使用したことがなかったので試してみました!!
具沢山のように感じた方が多っかたのですが、いつもの主菜と変わらない量でした。野菜がみじん切りにされているので、ボリュームが多いように感じたのかもしれませんね。
平山さん、本日のお肉は、いつもと同じお肉です。食感は炒め方の違いによるものかもしれないですね(^^)

副菜のマスタード和えは、マスタードだけでは物足りなかったので、マヨネーズも使用しています。2つの食材の相乗効果があったようで良かったです♪シーザーサラダのように、レタスと和えてもおいしいですよ。

 


ページトップへ