献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • ニキビ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、たんぱく質をたっぷり含んだ【ニキビ対策】のクリスマスレシピです♪

明日はクリスマスですね(^^)
そのため、本日はクリスマスの特別レシピをご用意しました。

そのレシピとは、食堂で初めて提供するステーキですっ!

年に一度のクリスマスなので、少し贅沢なメニューにしました。
牛肉のかたまりを見ると、贅沢な気分になりますよね(*´ー`)
(私だけでしょうか…σ(^^;))

牛肉は、『良質なたんぱく質』を含んでいるので、ニキビができにくい元気な肌を作るためにピッタリの食べ物です。

良質なたんぱく質とは、体内では作ることができないアミノ酸(たんぱく質を作っている物質)がバランスよく含まれたたんぱく質のことです。

肌は、たんぱく質が材料になっていますので、良質なたんぱく質を摂取できる本日のレシピでクリスマスをお楽しみくださいね☆彡

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 457 kcal( 24 %)
タンパク質 22.3 g( 31 %) ビタミンB1 0.21 mg( 21 %)
脂質 7 g( 15 %) ビタミンB2 0.28 mg( 26 %)
炭水化物 74.7 g( 25 %) ビタミンB6 0.72 mg( 72 %)
カリウム 90 mg( 50 %) ビタミンB12 0.6 mg( 29 %)
亜鉛 4.2 mg( 60 %) ビタミンC 79 mg( 99 %)
2.8 mg( 37 %) 食物繊維 4.5 g( 25 %)
ビタミンA 233 μg( 52 %) 食塩相当量 2.4 g( 27 %)
ビタミンE 2.1 mg( 26 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、高橋と干し柿を作ったというお話をしました。
(干し柿を作ったときのお話はコチラ)

その干し柿が乾燥して、だいぶシワシワになったので、グニグニと揉んでいました。

グニグニ、グニグニ。

グニグニグ、、、ん??

(シワシワの柿を揉んだ結果)
↓↓

シワシワの柿を揉んだ結果

…柿の中から汁のようなものが出てきました(´・艸・`;)

高橋に、この一連の出来事を報告すると…
「喜屋武さん、その柿はちゃんと乾燥していないから、まだ揉んだらダメですよ!!」と怒られてしまいましたσ(^^;)

干し柿でお腹を満たしたいほど干し柿が大好きな高橋、勝手にいじって申し訳ないm(_ _)m。

とりあえず、高橋の許可がおりるまで、柿をいじらないでおこうと思った私なのでした☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

主菜のバルサミコソース、甘さと酸味があって、お肉にも野菜にも合って、本当に美味しかったです。パンにもお魚にも合うだろうなぁ。お肉は、タマネギに漬け込んで柔らかくしたと伺いましたが、そのタマネギは何か再利用したりするのでしょうか。ソースに入っていたタマネギとはまた別?レシピの公開が楽しみです!

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

今日のごはんは、トレイに乗ったおかずの量を見て思わず「わぁ、豪華!」と言ってしまったほどでした。こんなに食べてもいいの!?って思いましたが、いいんですよね。今回はランチで食べたけれども、クリスマスディナーにピッタリなメニューだと思います。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

クリスマスメニュー、買出しの時からずっと楽しみにしていました!ステーキがあるだけでも豪華なのに、ツリーのようなケーキまであり、特別感がありました。
そして、喜屋武さんの作るバルサミコソースは最高でした。今日は、タマネギも入っていたのでしょうか?真似したくて何回も作っているのですが、なかなか喜屋武さんの味に近づけません。今日のタマネギ入りのバルサミコソースのレシピを見て、再チャレンジします。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

お肉料理とマッシュポテト、そしてバルサミコソースの組み合わせ、大好きです!関西は牛肉文化といえど、お肉の塊をそのまま焼くステーキはなかなか口にできるものではなかったので、牛ステーキを食べる日=特別な日というイメージがついています。クリスマスディナーにピッタリですね。あと、喜屋武さんのピクルスにキノコが入っていました!キノコを苦手としている私にとってはすごく衝撃の大きいものでした!ただ、今回のことで、ピクルスってどんな食材使ってつくっても美味しいんだーと新しい発見がありました。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜のお肉は、タマネギに漬けこんで、やわらかくしました。ちなみに、使用したタマネギは、バルサミコ酢の合わせダレと一緒に煮込んでいます。すりおろしたタマネギと煮ることで、タレにまとまりが出るので、お肉や野菜ともからめやすいです。
さらに、マッシュポテトをお肉の下にしいているので、バルサミコソースが染み込んだポテトとお肉を合わせて食べると、さらによい味になりますね♪

ステーキは特別感があるので、家でのクリスマスメニューにオススメですね(^^)

高橋さん、バルサミコソースですが、火にかける時間が短いのかもしれません。なので、とろみが出るまで火にかけ(もしくは、レンジで温め)てみてください( ・ω・)ノ

平山さん、ピクルスで苦手なキノコをおいしく感じることができたこと、料理を作っている私にとっては、とても喜ばしいことです!!キノコをおいしく食べれるレシピを研究しておきますね♪

 


ページトップへ