献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • ニキビ
  • 脂性肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンCをたくさん含んだ【ニキビ対策】レシピです♪

ビタミンCには、ニキビ対策に必要な働きがたくさんあります。
それらの働きについて簡単に説明しますね(^^)

●抗炎症作用:免疫細胞の力を高めて、炎症を抑える
赤く腫れたニキビは、炎症が起きている状態です。
炎症を抑えることによって、ニキビの改善を促します。

●抗ストレス作用:ストレスを緩和する
ストレスによって、自律神経が乱れると、皮脂が過剰に分泌されます。
皮脂は、ニキビを悪化させるアクネ菌のエサとなります。
アクネ菌を増やさないためにも、皮脂の分泌量を適切に保つことが大切です。

●抗酸化作用:活性酸素の働きを邪魔する
活性酸素が体内で増加すると、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)のサイクルが乱れ、古い細胞が多くなります。
肌表面の層が厚くなると、皮脂の分泌がスムーズに行かないため、ニキビとなります。

このように、ビタミンCは、様々な角度からニキビ対策を行います。
逆を言えば、ニキビは様々な原因によって顔に現れるのです。

そのため、本日のレシピでビタミンCをたっぷり摂取して、原因が多岐にわたるニキビの対策を行ってくださいね☆彡

本日使用した食材では、コマツナとレンコンにビタミンCが多く含まれていますよ(=゚ω゚)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 546 kcal( 29 %)
タンパク質 22 g( 31 %) ビタミンB1 0.2 mg( 20 %)
脂質 14.5 g( 32 %) ビタミンB2 0.24 mg( 22 %)
炭水化物 79 g( 26 %) ビタミンB6 0.54 mg( 54 %)
カリウム 848 mg( 47 %) ビタミンB12 1 mg( 49 %)
亜鉛 2.1 mg( 29 %) ビタミンC 35 mg( 44 %)
1.8 mg( 24 %) 食物繊維 5.3 g( 29 %)
ビタミンA 269 μg( 60 %) 食塩相当量 3.1 g( 35 %)
ビタミンE 1.1 mg( 13 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、夜にランニングをしていると、ある変化に気がつきました。

人多っ!Σ(・Д・)

一昨年の年末くらいから、私は、毎週1、2回ほどランニングをしています。
ただ、ここ1ヶ月ほどは、「また、来週走りに行こう。」という日が続いていました。
そして、1ヶ月ぶりに、近くのランニングスポットへ行くと、ランニング人口が明らかに増えていたのです。

ランニングをし始めると、とっても快適に走れました。

なるほど。ランニング人口が増えた理由がよくわかりました!(ーω・´)

最近は、昼間だけではなく、夜の気温も上がり、走りやすい環境になったからだと思います。

体を動かしやすい季節になったので、体内にこもっていた老廃物を出すためにも、外に出て運動をしてみてはいかがでしょうか??

もし、朝や昼に運動をする場合は、日焼け止めなどの紫外線対策をお忘れなく☆彡月日(金)

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

副菜のピリ辛と塩加減、ご飯が進む味でした。喜屋武さんのご飯を食べていると、押し麦が副菜に使われていることが多くて、しかも冷たい料理にも入っているのでいつも驚きです。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

スープのねぎ、甘みがしっかりとでていました。おいしくて、どんどん進んでしまいました。メインは鶏肉がぷりぷりとしていましたね。皮の部分がジューシーでおいしかったです。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜は、中華風の海苔和えにしてみました。押し麦を使用することで、野菜などでは、なかなか無いプチプチと食感が楽しめます。押し麦には、普段不足しがちな食物繊維が多く含まれていますよ(^^)

古市さん、押し麦はサラダやスープにも使用できますので、いろいろな料理で活用してくださいね♪

主菜は、サツマイモの甘みと調味料の塩味の相性が良い炒めものです。サツマイモの代わりにカボチャを使用するのもオススメです。

濱谷さん、鶏肉は炒める時間を調節していますので、ほどよく水分を保ちパサパサにならないようにしています♪おいしい炒め加減になっていて安心しました(^^)

 


ページトップへ