献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • ニキビ
  • 脂性肌
  • 敏感肌

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB2を豊富に含んだ【ニキビ対策】レシピです♪

肌にニキビがひょっこりと現れるのは、毛穴に皮脂が詰まっているためです。

毛穴に皮脂が詰まらないようにするには、以下の2つの対策があります。

【1】過剰な皮脂の分泌を予防
皮脂の分泌量が多いと、毛穴で渋滞が起きてしまいます。
そのため、過剰な皮脂の分泌を予防することが必要です。

【2】皮脂の分泌をスムーズに行える肌環境を整える
毛穴付近の肌細胞が硬くなると、皮脂を排泄する部分が狭まり、皮脂の排泄がスムーズに行えなくなります。
その結果、皮脂が詰まってしまうので、水分を含んだやわらかい肌にすることが大切です。

これらの対策を行うためには、ビタミンB2の働きが欠かせません。

なぜなら、ビタミンB2には、脂質の分解と肌の生まれ変わりをサポートする働きがあるからです。

皮脂は中性脂肪が材料となっています。
そのため、中性脂肪の原因となる脂質の分解を促すことが必要です。

また、肌の生まれ変わりのサイクルを適正にすることで、水分を含んだやわらかい肌になります。

ですので、本日のレシピでビタミンB2をたっぷり摂取して、ニキビ対策を行っていきましょう☆彡

本日使用した食材では、エノキとマイタケにビタミンB2が多く含まれていますよ(○・u・)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 508 kcal( 27 %)
タンパク質 20.5 g( 29 %) ビタミンB1 0.3 mg( 28 %)
脂質 15.6 g( 34 %) ビタミンB2 0.4 mg( 40 %)
炭水化物 70 g( 23 %) ビタミンB6 0.4 mg( 44 %)
カリウム 723 mg( 53 %) ビタミンB12 0.5 mg( 23 %)
亜鉛 2.9 mg( 42 %) ビタミンC 59 mg( 73 %)
1.9 mg( 25 %) 食物繊維 5.4 g( 30 %)
ビタミンA 193 μg( 43 %) 食塩相当量 2 g( 23 %)
ビタミンE 1.3 mg( 17 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

スーパーなどで梅を見かけるシーズンになりましたね。

毎年、私は梅を買って、梅シロップを作っています!

この手作り梅シロップは、水やソーダで割ってジュースにして楽しみます(^^)
スッキリとした味なので、夏の暑い日にはオススメです。

また、梅には、クエン酸やリンゴ酸などの疲労回復物質も含まれていますので、夏バテ防止にも役立ちます。

作り方はとっても簡単ですので、今年の暑い時季にむけて作ってみてはいかがでしょうかヾ(・ω・)

■材料■
南高梅  1kg
氷砂糖 1kg

(準備物)
・竹串  1~2本
・4L程度の保存ビン(熱湯消毒する)


■作り方■
1 梅を2~3時間水に漬けてアクを抜く
2 竹串で梅のヘタを刺して取り、布巾やキッチンペーパーで水分をふき取る
3 密閉袋に入れて、一晩冷凍する
4 保存ビンに凍らせた梅と凍り砂糖を交互に入れる
5 10日ほど寝かせる(1日1回混ぜ合わせるとベスト)
6 梅を取り出して完成!!

水や炭酸水など、お好みのもので梅ジュースをお楽しみください。

また、取り出した梅は種を取って潰し、ジャムとして使用するのがオススメですよ☆彡
(もちろん、そのままお召し上がりいただいてもOKです(^^))

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

ソラマメの季節ですね。旬のものが食べられて嬉しいです。さらに、クリームの味付けも濃くなくて美味しかったです。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

クリーム煮がやさしい味でした。主菜の味付け、好きです。バルサミコ酢ですか?野菜もすっごく好きな味でした。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

ゴボウいっぱいのスープでおなかいっぱいになりました。ゴボウのゴリゴリとした食感がおいしいスープですね。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の主菜は、レモン汁でサッパリとした味付けにしました。醤油も使用しているので、少しポン酢に近い味付けになっています。
平山さん、本日の主菜の味付けは酸味があったのですが、バルサミコ酢ではなく、レモン汁と醤油がメインでした(^^)バルサミコ酢を使用したソースよりもチャレンジしやすい調味料だと思うので、作ってみてくださいね。

副菜は、主菜がサッパリとした味付けだったので、甘味のあるクリーム煮にしました。『肌にいい食事』のクリーム煮は、カロリーを抑えるために低脂肪の牛乳を使用しています。そのため、みんなのコメントにもあるように、クリームの味付けは濃くなく、やさしい味付けとなっています。クリーム煮が好きな方には、少し物足りないかもしれません(^^;)そのようなときは、10kcalほど高くなるのですが、脂肪分が高い牛乳をご使用くださいね。

濱谷さん、食感の良いゴボウのスープを楽しんでいただけて良かったです。しっかり噛むことは、顔のリフトアップにも効果的ですので、たくさん噛んで召し上がってくださいね♪

 


ページトップへ