献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンCをたっぷり含んだ【しわ対策】レシピです♪

体は、紫外線やストレスなどから身を守るために、活性酸素を作ります。
活性酸素が必要以上に分泌された場合は、SODという酵素が分解をしてくれます。

しかし、SODの分泌は年齢と共に低下するため、加齢と共に活性酸素の分解が追いつかなくなってしまいます。

分解されずに余っている活性酸素が細胞を酸化させると・・・
・肌の弾力を保つコラーゲン線維などの生成を減らす
・コラーゲン線維を硬くし、肌の弾力を奪う

このように、肌の張りや弾力が失われ、しわが現れてしまうのです(>_<;)

肌の酸化を防ぐためには、細胞を酸化から守る働き(抗酸化作用)がある栄養素を摂取することが大切です。

本日のレシピには、抗酸化作用があるビタミンCが多く含まれています。
ビタミンCをたっぷり身体に補って、余分な活性酸素を除去し、しわ対策を行なっていきましょうね☆彡

本日使用した食材では、キャベツ、ピーマン、ミズナにビタミンCが多く含まれていますよ(´・ω・)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 478 kcal( 26 %)
タンパク質 18.6 g( 27 %) ビタミンB1 0.2 mg( 18 %)
脂質 15.2 g( 34 %) ビタミンB2 0.3 mg( 27 %)
炭水化物 63.7 g( 21 %) ビタミンB6 0.4 mg( 35 %)
カリウム 630 mg( 35 %) ビタミンB12 0.4 mg( 19 %)
亜鉛 2.5 mg( 36 %) ビタミンC 42 mg( 52 %)
1.7 mg( 23 %) 食物繊維 4.3 g( 24 %)
ビタミンA 199 μg( 44 %) 食塩相当量 1.8 g( 26 %)
ビタミンE 0.8 mg( 10 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

ミズナのピリ辛和えがさっぱりしていて、お口直しにピッタリでした。汁物になすが入っていて、夏を感じました。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜がダイコンのキムチのような味でした。主菜は鶏肉によく合う甘辛い味付けて、お箸が進みました。汁物のナスは、汁にプカプカ浮いているものと沈んでいるものがありますが、同じように調理をしても差が出るのはなぜでしょうか。個人的にはお汁をいっぱい吸ったナスが好きです。

平山加那スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

メインの味付け、ご飯が進む味でした。副菜も辛味がきいていておいしかったです。お米がしっかり食べれる味付けですね。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日の副菜は、ピリ辛和えでした。コーンの甘みがアクセントになっています。辛いものが好きな方には少し物足りない味になっているかもしれません。そんなときは、コチュジャンの代わりにトウバンジャンを使用してみてくださいね♪

主菜は、中華風のしょうが焼きでした。濱谷さんのコメントにもあるように、ご飯との相性もバッチリです!
瀧本さん、丼にするくらいご飯と合っていたのですね(^^)肌も身体も元気に過ごせるように、たっぷり食べてくださいね♪

平山さん、ナスについて調べたところ、浮いているナスと沈んでいるナスの違いは、ナスの水分量が関係していました。水分が少ないと、なかなか沈まないので、だし汁も含みにくく、いつまでたっても浮いている状態になるそうです。

 


ページトップへ