献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • シミ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、亜鉛をたくさん含んだ【シミ対策】レシピです♪

シミの原因のひとつとして、活性酸素が考えられます。

肌細胞が活性酸素に攻撃されると、肌細胞を守るためにメラニン色素の生成が促されるからです。

メラニン色素は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって体外へ排出されます。
ところが、生成の量が多すぎると、体外へ排出しきれず肌にとどまり、シミが現れてしまいます(>_<)

そのため、シミの対策には、活性酸素を除去して、必要以上のメラニン色素を作らないようにすることが大切です。

実は、体内には、活性酸素を除去する『SOD』という酵素があります(`・u・)


『SOD』を体内で作るためには、亜鉛が必要です。

ですから、本日のレシピで亜鉛を摂取して、活性酸素によってシミが現れるのを予防していきましょうね☆彡


本日使用した食材では、鶏肉に亜鉛が多く含まれていますよヾ(・ω・`)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 449 kcal( 32 %)
タンパク質 19.6 g( 28 %) ビタミンB1 0.21 mg( 21 %)
脂質 11.5 g( 25 %) ビタミンB2 0.34 mg( 31 %)
炭水化物 44.5 g( 37 %) ビタミンB6 0.34 mg( 34 %)
カリウム 758 mg( 42 %) ビタミンB12 0.6 mg( 30 %)
亜鉛 2.5 mg( 36 %) ビタミンC 30 mg( 37 %)
1.5 mg( 20 %) 食物繊維 4.8 g( 27 %)
ビタミンA 177 μg( 39 %) 食塩相当量 3.5 g( 50 %)
ビタミンE 0.7 mg( 9 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

ゴーヤと大豆の組み合わせは初めて食べた気がします。あと梅も。主菜は甘みのあるお出汁がとってもおいしかったです。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜は組み合わせが奇抜な印象でした。大豆と梅の組み合わせ、いいですね。ゴーヤと梅も良かったです!驚きです。主菜はお出汁も鶏もおいしくて、ご飯にかけてしまいたい!という気持ちになりました。(我慢しました・・・・・・)

平山加那スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

副菜の梅風味の大豆の味がおいしかったです。ゴーヤとの組み合わせにおどろきましたが、苦味も美味しくいただきました。

瀧本悠夏スキンケアアドバイザー
瀧本悠夏

主菜のお出汁が美味しく、最後まで飲んでしまいました。ご飯にぴったりですね!丼にしてかきこみたいです(笑)

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

本日は、副菜にゴーヤを使用しました。みなさんのコメントにもあるように、少し珍しい組み合わせでした。梅の酸味がゴーヤの苦味を緩和しています。また、大豆と梅の相性もピッタリです(^^)ゴーヤに少し熱を通すことで味がなじみやすくなるので、ぜひ、ひと手間加えてくださいね。

主菜は、煮物でした。鶏肉を使用すると、旨みがでます。時間があるときには、煮浸しの時間を長くすることがおすすめです。鶏の旨みが野菜にもじっくりと染み込んでいきますよ♪
平山さん、瀧本さん、ご飯にぴったりの主食となって良かったです!最近、丼をしていないので、また作りますねm(_ _)m

 


ページトップへ