献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • シミ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、鉄分をたっぷり含んだ【シミ対策】レシピです♪

シミが肌にできる原因は、
黒くなったメラニン色素が肌細胞にとどまっているためです。

そのため、シミの対策を行うためには、
適正なターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促して、
黒くなったメラニン色素を体外へ排出していくことが大切です。

本日のレシピに多く含まれている鉄分は、
血液の成分となる『ヘモグロビン』の材料となります。

『ヘモグロビン』は、細胞へ栄養素や酸素を届ける働きをしている物質です。

適正なターンオーバー(肌の生まれ変わり)を行うためには、
栄養素や酸素が必要です。

本日のレシピで鉄分をたくさん摂って、
シミ対策を行うために適正なターンオーバー(肌の生まれ変わり)を
促していきましょうね☆彡

本日使用した食材では、
豚肉とナノハナに鉄分が多く含まれていますよ(´ё)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 478 kcal( 25 %)
タンパク質 20.9 g( 29 %) ビタミンB1 0.64 mg( 64 %)
脂質 14.7 g( 32 %) ビタミンB2 0.39 mg( 35 %)
炭水化物 63.9 g( 21 %) ビタミンB6 0.51 mg( 51 %)
カリウム 1004 mg( 56 %) ビタミンB12 0.8 mg( 41 %)
亜鉛 3.7 mg( 53 %) ビタミンC 53 mg( 67 %)
2.3 mg( 31 %) 食物繊維 6.4 g( 36 %)
ビタミンA 247 μg( 55 %) 食塩相当量 2.7 g( 30 %)
ビタミンE 2 mg( 24 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、濱谷が社内の食堂に『ピーピー豆』を飾ってくれました♪

(↓↓『ピーピー豆が飾られている様子』)

『ピーピー豆が飾られている様子』

緑があると、社内の食堂の雰囲気がガラリと変わりました(・o・ !!

ちなみに、この草は、
豆の房の部分をピーピーと笛のように鳴らせるため、
勝手に『ピーピー豆』と呼ばれています。(社内調べ)

しかし、本当は、『カラスノエンドウ』という名前だそうです。

(↓↓豆が入っている房の部分の写真)

豆が入っている房の部分

私が子供のころは、
豆の部分を取り出して遊んでいたことを記憶していますが、
ピーピーと鳴らした記憶はありませんでした。

自然の中にも、いろいろな遊び方があるんですね(*´ー`)

昔のように、雑草で遊ぶことはありませんが、
(いい歳の大人なので(笑))
外はだいぶ暖かくなってきているので、
リフレッシュもかねて、お散歩にでも出かけてみてはいかがでしょうか??

その際は、日焼け止めや日傘などで紫外線対策をおこなってくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

エノキの味がにじみ出ていてお味噌汁がとっても甘かったです。卵溶いてあるのかと思いました。副菜、ナノハナ+大根おろしのサッパリ感と、しっかり味のついたタケノコのバランスが新鮮でした。タケノコに味がしみ込んでいたので、手間暇かかってそうだなぁと感じました。主菜も含め、本日は全体的にやさしい味だなぁとおもいました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

春の食材満載の副菜がとても美味しかったです!!タケノコは煮ておくと、冷凍保存がきくんですね!そして、主菜のモツ風煮は、メニューを見たときモツの脂っぽい味を想像していたのですが、豚モモにくだったので、想像以上にさっぱりとしているけど、塩・コショウ・ニンニクがきいていてご飯がすすむ味でした。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

今日の副菜はピリッとしていて、ワサビが入っていると思いました。ダイコンの辛さとナノハナの苦さで、ピリッとしていたのですね。最近、鼻炎で悩んでいる私には、鼻にツンとくる辛さで鼻がスッとして、ありがたかったです。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜はピリリと辛味が効いていたところがよかったです。タケノコは煮てあったのでしょうか。味が染みていておいしかったです。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

ダイコンおろしの甘さと辛さの使い分け、いつもどっちだったのかな??と迷ってましたが、「葉に近い方が太陽を浴びていて甘い」という説明を聞いて、なるほど!と納得しました。これで間違えることはありません!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜のタケノコは、冷凍保存できるようにたくさん煮ておいたものを使用しました。なので、それほど手間はかかっていないんです(^^;)タケノコの水煮を使う場合も、タケノコを煮ている間に他の作業ができるので、簡単にできますよ。
今回のダイコンおろしは、根元のダイコンを使用したのでピリ辛でした。タケノコに味付けを行っていたので、アクセントを加えるために辛味のある部分を使用したのですが、思ったよりも辛いダイコンでしたね(汗)
濱谷さんのコメントにもありますが、ダイコンは太陽に近いほど甘味が増しています。この理由は、太陽の光によって、光合成が行われ、デンプンが作られるからです。用途に合わせてダイコンの上部と下部を使い分けてくださいね♪

主菜は、豚バラ肉だとモツの脂っぽい感じに近くなるのですが、カロリーが高くなるので、今回はモモ肉を使用しました。さっぱりしているけれども、ご飯と相性が良い味と言っていただけてよかったです(^^)

汁物で使用してしたエノキは、うま味が多く含まれている食材なので、いつもの汁物がぐっとおいしくなりますね(^^)

 


ページトップへ