献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • シミ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンB1がたっぷり含まれた【シミ対策】レシピです♪

シミの原因として、メラニン色素が有名ですが、
実は、『糖化』とよばれる現象も原因となるのです。

そもそも、『糖化』とはどういう現象なのでしょうか??

まずは、糖化について簡単に説明をしますね(^^)

糖化とは、たんぱく質と糖質が結びつく現象です。

そして、糖質と結びついたたんぱく質は、
褐色の物質となってしまいます(´Д`)

肌細胞は、たんぱく質から作られていますので、
体内で糖化が進むと、肌にシミができてしまうのです。

本日のレシピに多く含まれているビタミンB1は、
糖質の分解をサポートしている栄養素です。

糖化を起こさないようにするために、
ビタミンB1をしっかり摂取して、糖質の分解を促進していきましょうね☆彡

本日使用した食材では、
豚肉とエダマメにビタミンB1が多く含まれていますよ(´∀`◎)

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 462 kcal( 24 %)
タンパク質 22.9 g( 32 %) ビタミンB1 0.78 mg( 78 %)
脂質 10 g( 22 %) ビタミンB2 0.3 mg( 27 %)
炭水化物 68.2 g( 23 %) ビタミンB6 0.47 mg( 47 %)
カリウム 901 mg( 50 %) ビタミンB12 0.7 mg( 35 %)
亜鉛 2.9 mg( 42 %) ビタミンC 40 mg( 50 %)
2.3 mg( 31 %) 食物繊維 6 g( 33 %)
ビタミンA 200 μg( 45 %) 食塩相当量 2.7 g( 31 %)
ビタミンE 1.5 mg( 19 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

前回、静岡に旅行へ行ったときに食べた『とろろ汁』についてお話をしました。

本日も引き続き、
静岡の食べ物についてお話をします(^^)

本日、ご紹介するのは、下の写真の海鮮丼です♪
↓↓

海鮮丼

写真の海鮮丼は、普通の海鮮丼ではなく、
今が旬の生シラスと生桜エビがのっていますヾ(´∀`)ノ”
(左のネズミ色のものが生シラスで、
その下のピンクのものが生桜エビです。)

これらの食材は、傷みやすいので、
水揚げがされているところでないと、なかなか食べられません(> <)

シラスと桜エビは、春と秋に旬を迎え、
秋に旬を迎えるものの方が脂がのっているそうです。

私は、春が旬の生シラスと生桜エビしか食べたことがないので、
今年の秋には、別の水揚げ場所に行って、
これらを食べてみたいと思います。

みなさまも、旅行先で生シラスと生桜エビを見かけましたら、
ぜひ食べてみてくださいね☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

副菜は、酢のすっぱさがひきたっていましたね。すっぱいものは大好物なので、とても美味しかったです。主菜の豚肉が、今回もふわふわでやわらかくて、連休中に食べ疲れた胃腸に優しかったです。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

今日のお味噌汁、エダマメとワカメの組み合わせが好きでした。どちらも、最近の我が家には常にある食材ですが、この2つの食材を組み合わせることはありませんでした。またヒントをいただけ、うれしいです♪
同様に、副菜も、モズクやメカブをよく買うので、試しやすいと思いました。和え物は簡単で好きなのですが、食材によって味が濃くなったり薄くなったりするので、難しいです。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜はふわふわとした泡がたっていて不思議な感覚でした。あれは泡立つくらい一生懸命混ぜられたのですか?それとも、軽く混ぜても泡立つものなのでしょうか。主菜はお肉がいっぱい入っていて食べ応えがりました!カブの炒め物もおいしいですね。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

主菜の豚肉は、消化がよい食品なので、お休みが長期になった場合は、主菜に使用するようにしています(^^)

副菜は、オクラに味がよくしみ込んでいたので、酸味がきいていましたね。気温が高くなるにつれ、嗜好に変化がありますので、徐々に酸味のあるものを増やしていきますね。また、副菜は、オクラのネバネバが作用して、軽く混ぜると泡立ちます。そのため、副菜は柔らかな食感になりますね。
高橋さん、モズクやメカブを和える野菜は、水分に注意してください。キュウリやハクサイなどの水分が多い野菜は、塩もみをして水分を少なくしてくださいね。酸味は、塩が加わることで味がしまるので、塩もみをすることは一石二鳥です。

汁物は、保存期間が長い食品を使用しました。汁物の材料には特に決まりはないので、いろいろな食材を組み合わせてみてくださいね♪

 


ページトップへ