献立

こんな肌トラブルに特におすすめ

  • シミ

他にもこんなお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • シミ
  • しわ
  • たるみ

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、ビタミンEをたくさん含んだ【シミ対策】レシピです♪

ビタミンEには、『活性酸素』を除去する働きがあります。

活性酸素は、シミの原因となる物質です。

本日は、活性酸素がどのようにシミを作るのかについてお話をしていきます(^^)

活性酸素は、構造的にとっても不安定な物質です。

そのため、活性酸素は、肌細胞を酸化させ、
安定した状態になろうとします(・o・!!
(なんと自分勝手な…)

肌細胞は、脂質でできた細胞膜に覆われているため、
酸化されると、茶色くなってしまいます(>n<)

油をしばらくおいておくと、茶色くなりますよね??

細胞膜も同じ原理で茶色くなります。

そして、茶色くなった肌細胞がたくさん集まることで、
肌にシミが目に見える形となって現れるのです(;_;)

ビタミンEは、不安定な状態の活性酸素を安定な物質にすることで、
肌細胞が酸化されることを防いでいます。

本日のレシピでビタミンEをたくさん摂取して、
活性酸素によるシミの対策をおこなっていきましょう☆彡

本日使用した食材では、
ブロッコリー、アボカド、パプリカにビタミンEが多く含まれていますよヾ(´▽` )

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 456 kcal( 24 %)
タンパク質 29.8 g( 42 %) ビタミンB1 0.22 mg( 22 %)
脂質 8.5 g( 18 %) ビタミンB2 0.32 mg( 29 %)
炭水化物 64.3 g( 22 %) ビタミンB6 0.7 mg( 70 %)
カリウム 812 mg( 45 %) ビタミンB12 0.3 mg( 17 %)
亜鉛 2.5 mg( 35 %) ビタミンC 74 mg( 93 %)
1.9 mg( 25 %) 食物繊維 5.7 g( 32 %)
ビタミンA 226 μg( 50 %) 食塩相当量 2.9 g( 33 %)
ビタミンE 3 mg( 38 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

本日は、旬のコーンを使用ました(^^)

旬のコーンは、香りがよくて甘味が強いので、
とってもおいしいのです(*´ー`)

そのため、旬のコーンをお手軽に楽しむ方法をご紹介します♪

以下の手順でおいしいコーンが作れます(*^^*)

今の季節しか楽しむことができないおいしさを体感してくださいね☆彡

 

 

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

アボカド和えすごくおいしかった!しょうゆだけの味付けなんて・・・。しょうゆと、アボカドのマイルドさがちょうどよい感じに絡まって、エビもプリプリしてて、最高でした。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

主菜に添えてあったコーンがとっても甘くって、びっくりしました!レンジで「チン!」するだけということなので、家でも試せそうです。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

副菜が、大好きな一品でした。最近、アボカドが好きで、常に冷蔵庫に入っていますので、早速試してみますね!
主菜に添えてあったトウモロコシは、甘い味はもちろん、食べやすく切ってあったことにも驚きました。小さい頃、トウモロコシをなかなか上手に食べれませんでしたが、今日のように切ってあると、バラバラにもならず、食べやすいですね。

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

副菜のプリプリとした食感が海の食材だろうけど何かまで特定ができませんでした。でも、エビと聞いて納得!私はエビを色や形で認識しているんだろうなーと思いました。主菜に添えてあったコーンが甘くておいしかったです。コーンがおいしい季節ですね。昔、生で食べられるコーンを食べたことがあります。甘くておいしかったですよ♪

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

副菜のエビがプリプリとしていて、すごく食感が良かったです。火が通っているということでしたが、絶妙でしたね。パプリカのシャキシャキとした食感、アボカドのクリーミーな食感とあいまって、一口一口が楽しめました!

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

副菜は、エビのプリプリとした食感とアボカドの口どけのよい食感を組み合わせたレシピです。エビはなべ底から浮いてくると、熱が通ったときの合図です。熱が加わりすぎると、エビがパサパサになってしまうので、注意をしてください。
また、味付けも醤油と隠し味のオリーブオイルを入れるだけなので、簡単に味付けを行えます♪

主菜のコーンは、日記のコーナーにも書いてありますが、レンジで簡単に熱を通すことができます。そして、芯にそって切ると、食べるときも楽ちんです。旬のコーンはとっても甘味が強いので、ぜひ、おうちで調理してみてくださいね♪
平山さん、生で食べられるコーンには、いろいろ品種があるんですね。私は『ピュアホワイト』しか知りませんでした。一度、食べ比べをしてみたいですね(^^)

 


ページトップへ