献立

 

管理栄養士キャサリンからのスキンケアアドバイス

本日は、亜鉛とビタミンAをたくさん含んだ【シミ対策】レシピです♪

肌にメラニン色素がとどまると、シミが見える形となって現れます。

メラニン色素がつくられる原因は、紫外線やストレスなど、さまざまですが、シミの対策で大切なのは、メラニン色素をつくる要因を取り除くことと、つくられたメラニン色素を排泄していくことです。

メラニン色素は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)のときに、肌細胞とともに体外へ排泄されます。

そのため、シミの対策には、ターンオーバーのサイクルを適切にすることが大切なのです(`・ω・)

本日のレシピに多く含まれている亜鉛とビタミンAは、ターンオーバーに必要な栄養素ですので、これらの栄養素を体に補って、ターンオーバーのサイクルを整え、シミ対策をしていきましょう☆彡

本日使用した食材では、
亜鉛:牛肉
ビタミンA:ニンジン、ホウレンソウ多く含まれていますよ(^ω^)ノ

 

本日の献立で摂取できる栄養素

摂取エネルギー 507 kcal( 27 %)
タンパク質 20.4 g( 29 %) ビタミンB1 0.24 mg( 24 %)
脂質 13.4 g( 29 %) ビタミンB2 0.31 mg( 28 %)
炭水化物 74.2 g( 25 %) ビタミンB6 0.47 mg( 47 %)
カリウム 964 mg( 54 %) ビタミンB12 1.7 mg( 87 %)
亜鉛 5.6 mg( 80 %) ビタミンC 27 mg( 33 %)
2.7 mg( 36 %) 食物繊維 5.4 g( 30 %)
ビタミンA 241 μg( 54 %) 食塩相当量 3 g( 34 %)
ビタミンE 1.9 mg( 24 %)
(%)は、 30~60歳の一般成人女性の一日の各栄養素推奨量を目安に算出しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャサリンのつれづれ日記

先日、濱谷が社内の食堂にステキな花を持ってきてくれました♪

その花が、下の写真です(*´∀`)ノ
↓↓

『トウゴマ』

こちらの花は、『トウゴマ』と呼ばれる植物で、
種子は、ひまし油の材料になっています。

見た目が毒々しかったので、
『どんな種なんだろう』
と思い、種子を取り出してみたところ…

トウゴマの種

上の写真の種が出てきました Σ(゚ロ゚;)

なかなかショッキングな模様だったので、
思わず私が、『気持ち悪っ!!』と、つぶやいたところ、
濱谷に、『そんなこと言ってあげんとって(´・n・)』と、返されました(笑)

ちなみに、『トウゴマ』という名前の由来は、
種子にゴマのような模様があるからだそうです。

ん??σ(・n・)
私には、どう見ても虫のようにしか見えない…(^^;

人の見方は、いろいろあるなぁと実感した私なのでした☆彡

 

「ごちそうさまでした!」 本日のレシピの感想

下田梨絵スキンケアアドバイザー
下田梨絵

エノキのだしと、サツマイモの甘みかな、お味噌汁がとってもおいしかったです。やさしいのにしっかり味が深くて。もっと頂きたかった・・・。煮物はオクラやホウレンソウが(くったりではなく)シャッキリしていて、それだけで夏らしさというか、新鮮さを感じました。

古市真弓スキンケアアドバイザー
古市真弓

主菜の煮物がとってもさっぱりしていて、暑い夏の日に、食べやすかったです。オクラとコンニャクの組み合わせが新しかったです。このダシで、煮卵も作りたいなと思いました。

高橋弘子スキンケアアドバイザー
高橋弘子

サツマイモのお味噌汁が、甘くておいしかったです。秋を先取りした気分で、うれしかったです。
主菜の牛肉は、いつもより噛みごたえがあり、牛すじ肉かと思いましたが、普通の牛肉だったんですね。牛すじ肉でもおいしいと思いました。
今日は、さっぱりメニューでしたので、暑くて食欲がなくても、お箸がすすみました!

平山加那スキンケアアドバイザー
平山加那

お味噌汁は、サツマイモとエノキしか入っていないはずなのに、バターのような風味を感じました。バターは隠し味でしょうか?副菜がさっぱりしていておいしかったです。先日の冷奴にトマトとザーサイが乗っていたように、単体で食べてもおいしいけど、タレとしても使える万能のレシピだなと思いました。

濱谷彩子スキンケアアドバイザー
濱谷彩子

煮物のこんにゃくがおいしかった!こんにゃく、好きではあるのですが、なかなかスーパーで売っている一丁サイズ?というのでしょうか、あのサイズが消費できません。そして水を張ったタッパーに入れておいても、いつの間にか水の色が変になっています。こんにゃくの良い保存方法か、使いきり方が知りたいです。

喜屋武奈紗管理栄養士
喜屋武奈紗

汁物は、エノキの風味とサツマイモの甘味の相性がマッチした組み合わせになっています。どちらも味がはっきりしているのですが、長所がうまくいかされています。きっと、カボチャとエノキを組み合わせても同じような効果を得られると思うので、他の材料を調整しながら作ってみますね♪(カボチャは他の野菜よりカロリーが高いのでうっかり使うと、550kcalをオーバーしていまうことがあります。)
平山さん、残念ながら、バターは使用しいないんです。バターの風味は、食材の組み合わせによるものだと思います(^^)

主菜は、梅干しをほぐして煮物の味付けとして使用しました。そのため、普段の煮物よりほんのりさっぱりとした味になっています。
高橋さん、牛スジ肉でも美味しそうですね。牛スジ肉を使うときは、ペラペラしているものよりも、かたまりになった物の方が食べ応えがあって、おいしそうです(*´ー`)
濱谷さん、こんにゃくは、できるだけ水を変えてあげることで日持ちします。また、余ってしまった時は、コチュジャン、砂糖、醤油、酒と一緒に大豆を入れて炒めてもおいしいと思いますよ♪

 


ページトップへ